タグ:ポケモンSM



    1.各世代ごとの互換

    前提条件としてまずニンテンドーネットワークIDと年会費500円が別途で必要になります。詳しいことは公式ホームページをチェックして欲しいのですが、各世代ごとの互換状況を下の画像でまとめてみました。

    互換
    世代横に書いてあるものはそのソフトで遊べる機種になります。とくに断りがなければnew3DSや2DS等は違いがなく3DSとして扱えます。

    初代と六世代を除いて輸送の橋渡しにはブラック・ホワイトまたはブラック2・ホワイト2のソフトが必ず必要になります。第五世代だけの場合は3DS一台で輸送出来ますが、第四世代は2台のDSが必要になり、第三世代ではDSliteまたは初代DSが一台必須となります。初代VC版のポケモンは3DS一台で出来ますが、VC版のポケモンとポケバンクが同じ3DS内でしか輸送出来ないので注意。基本的には3世代のXDとGBAの関係を除いて世代ごとの移動は一方通行になり、相互換はありません。またXYORASの第六世代はバンクの出し入れこそ出来ますが、預けたポケモンを一度でもサンムーンに移動させるとそのポケモンにロックが掛かり、第六世代に再び戻すことが出来ません。


    2.各世代ごとの仕様

    遺伝についての図

    上記の図が主な仕様の一覧です。細かい点を少しずつ補足します。

    ・先頭特性
    先頭特性とは先頭に置いてるポケモンのフィールド特性のことをこの場合指します。第三世代のFRLGとRSは先頭特性の効果はないのでほのおのからだやシンクロを使った厳選は使えません。それ以降の世代では効果があり、炎の体では半分の速度で孵化が可能になります。

    ・空を飛ぶ
    炎の体と空を飛ぶを併用出来るポケモンの有無です。第五世代からはウルガモス。第六世代はウルガモスに加えファイアローで出来るように第七世代ではポケモンライドのリザードンで飛べます。

    ・個体値の遺伝
    共通仕様として特別何もない場合は両親合わせて3箇所遺伝します。DPとPtは防御とHPの個体値が遺伝しづらかったのですが、HGSSからはその仕様がなくなり、パワーシリーズを使うことで一か所100%遺伝が可能になりました。さらにXY以降ではあかいいとを持たせることで通常3箇所引き継ぐところを5箇所引き継げるようになりました。

    ・技の遺伝
    細かいので図には記載しませんでしたが、第五世代までの共通仕様は以下の通り。
    (i)遺伝技はオスのみ遺伝。
    (ii)技マシンの技も遺伝する。
    (iii)レベル技は両親が覚えてる場合のみ引き継ぐ(覚えない場合は除く)

    第六世代以降は親遺伝と技マシン遺伝が無くなった代わりにハートのウロコで孵化直後の思い出しが可能に。第七世代では覚えるであろう技を全てウロコを使って習得可能になりました。またメスからの遺伝技も引き継ぐことが可能になり技の両立もほぼ可能になりました。

    遺伝技はオスから順番に引き継ぐので優先度はメスの一番下の技から順番になります。

    ・性格の遺伝
    エメラルド以降に実装されたシステムで、Em・DP・Ptは50%(正確には少し違う)変わらずの石を持たせたメスの親の性格を引き継げます。(メタモンの場合はメタモンをメスとして扱う)HGSS以降はオスでも性格が遺伝されるようになり、BW2では遺伝確率が100%になりました。さらに第四世代までは国際孵化と性格遺伝の両立は出来ませんでしたが、第五世代以降は可能になりました。

    ・おまもり
    まるいおまもり、ひかるおまもりがブラック2ホワイト2以降で登場し、まるいおまもりは孵化歩数を少し減少させひかるおまもりは色違いのポケモンが少しだけ生まれやすくなります。まるいおまもりはBW2、ORAS、XYの場合、地方図鑑を埋めることで入手出来、SMはモリモトとバトルで勝利するだけで入手出来ます。ひかるおまもりはBW2、ORAS、XYは全国図鑑を埋める必要がありましたが、サンムーンではアローラ図鑑をコンプするだけで入手出来ます。(全国図鑑が存在しないので当然といえば当然ですが・・・)

    ・ボール遺伝

    XYから登場のシステム。メスのポケモンのボールを一部を除き引き継ぐことが可能になりました。サンムーンではメスだけでなくオスの遺伝も可能に。同じ種類のポケモンでかつ親のボールがそれぞれ違う場合はランダムでどちらかのボールを引き継ぎ、メタモンとオス親の掛け合わせではオスのボールも引き継ぐことが可能になりました。

    ・ジャッジ

    <<仕様の違い>>
    Em:総合能力と一か所高い個体値を教えてくれる。複数ある場合はランダム。
    DP・Dt:総合能力と一か所高い個体値を教えてくれる。複数ある場合はランダム。
    HGSS:高い個体値の一か箇所をランダムではなく順番に話しかけるごとに教えてくれる
    BW以降:一度に全て教えてくれる
    XY以降:一番低い個体値0がある場合つけ加えて教えてくれる。

    <<判定場所>>
    Em:バトルタワー
    DP・Pt:バトルタワー
    HGSS:バトルタワー
    BW・BW2:ギアステーション
    XY:キナンシティのポケモンセンター内
    ORAS:バトルリゾートのポケモンセンター内
    SM:ボックス内で判定可能になった
    いずれも殿堂入り後に解禁する。

    ・その他
    今まで育て屋にポケモンを預けると経験値とレベルが上がっていましたが、サンムーンではレベルと経験値は上がらなくなりました。

    3.各世代の購入メリット


    今から購入する場合はXYORASとサンムーンのタイトルを全て購入すれば限定配布モノを除き現環境で戦えるポケモンは全て揃います。

    マークによる縛りのせいで5世代前のソフトを入手する意味があまりなく、せいぜい初心者でも乱数調整が簡単なブラックホワイトで6Vメタモンを作る。HGSSでガンテツボールを入手するぐらいしか用途がないでしょう。

    他の3世代とかXDとかは結構魅力的な教え技が揃っていますが、身内の対戦とかでしかほとんどの場合使えないので無理して揃える必要はないでしょう。バーチャルコンソール版のポケモンも同様で基本的には趣味以外では必要ないと思いますが、低価格で初代の夢特性のポケモンとリージョン前のポケモンが手に入るため初心者は1本ぐらい入門で買っても良いかもしれない。まぁ細かい点は以下の通りです。

    ・ORAS

    カロスマークまでの縛り程度なら準伝祭りでかつ教え技も使えるので必須。買うならボルトロスが出現するアルファサファイア。しかしWCSだけのルールだとアローラマークによる縛りがあるので不要。中古の値段はやや高めなのでカロスマークが縛られたらただのごみソフトに成り果てるためそのときに買った方が得するかも(笑)

    ・XY
    ORASで手に入らないポケモンもあるのでなるべく購入した方が良いが、交換等で手に入れても良い。ただし準伝説のサンダーが出現するソフトなのでサンダーがほしい場合はXYどちらか購入すると良い。

    ・バーチャルコンソール版の初代
    通信対戦におけるレートの目的ではほぼ不要だが、過去作で入手出来ない夢ポケモンが少しいるので1本ぐらいは買っても良い。なおWCSだけを目的にする場合は不要。

    ・BW
    マークによる縛りのせいで乱数調整の6Vメタモンを入手するぐらいしか用途がない。一応4世代前の橋渡しになっているのでHGSSからポケモンを7世代に輸送する場合はBW2かこれのどちらかを購入すると良い。ソフトの違いは一応ボルトロスが入手出来るけどマークによる縛りのせいでどのみち使えないのでどちらを購入しても良い。まぁオメガルビーを購入しない場合は周回に便利なレシラムが出現しないのでブラックのほうを購入するといいかもしれない。

    ・BW2
    マークによる縛りで(ry。教え技もORASとほとんど重複しているため橋渡し以外でしか用途がない。一応ある方法を使うとレベル上げは各世代の中でトップクラスで速い特徴はある。

    ・HGSS
    ガンテツボールが欲しい人ぐらいしか需要がない。そのため対戦だけで見るなら現状ほぼ必要ない。ふいうちの教え技を唯一使える世代でもある。乱数調整もやり方さえ覚えれば可能。難易度は慣れれば出来る程度。バトルフロンティアにいる金ネジキを倒すことは相当難易度が高いので通信対戦とは違った楽しみ方をしたい人にはオススメ。

    ・DPとPt
    現状ほぼ必要がない。DPはもっさりしすぎてストレスマックスなのでストーリー目的で購入するにしてもプラチナの方が良い。今だと重要がほぼ0になったので中古ではかなり安く手に入る。

    ・Em

    第五世代までは教え技のせいで中古価格でも結構値段は高かったのだが、XY後期でカロスマークによる縛りをいれたせいか、需要が0になってしまったためレート対戦目的ならほぼ不要。中古なら今は安くで手に入りやすい傾向があるので欲しいなら今が買い時かも。金ネジキが有名なせいであまり知られていないが、バトルフロンティアの金ダツラに辿り着くまでは歴代の中でも最高クラスに難しい。

    ・FRLG、RS
    ストーリーを楽しむ以外の用途ではほぼ不要。Emに出現しないポケモンはこちらのソフトで補う必要がある。

    ・まとめ

    購入するにしてもサンムーン、ORAS、XYこのシリーズ全て揃えるだけで十分です。少しオシャボで見栄を張りたい場合はBWとHGSSも必要なぐらい。高個体のメタモンも乱数を使わない人はBWは不要ですし、乱数使うにしてもサンムーンでは乱数調整が可能になったのでいずれ6Vメタモンを七世代で入手できる機会も少なくはないでしょう。

    4.各世代を雑感

    メリットで説明したところとほぼ重複してるけど一応。こっちは視点を少し変えて解説しています。3の方はほぼ対戦環境しか見てません。

    ・第一世代

    【赤、緑、青、ピカチュウ】
    第七世代やそれ以前の世代では決して習得することのできない技が豊富。さらに3世代では実現不可能な夢特性を持ちながら特別な技を覚えたポケモンを手に入れることが出来る。しかし残念ながらマーク縛りのせいでレートで使うことが出来ないケースが多々ある。高個体のポケモンを確実に入手出来るので初心者にも入門向けのソフト。リージョンフォーム前のポケモンが欲しければこの世代のソフトをいくつか揃えれば手軽に全て揃えることも出来る。コンビニで買える上に価格もそれほど高くなく敷居もそんなに高くない。なおこの世代はマークGBマークという特殊なマークがつく。5世代では一時期入手出来たが、6世代では入手出来ない夢プテラやオムスター、カブトや6世代でも配布以外入手不可だったフリーザー、サンダー、ファイヤー、ミュウツーの夢特性が入手出来る点でポイントは高い。

    ・第二世代
    唯一他の世代と通信することが出来ない。ゲームボーイ版のみでしか存在しない。公式はやたらと初代推しの傾向が強いので金銀のVCが出ることはかなり厳しいと思われる。

    ・第三世代
    【FRLG、RS、Em、XD】
    第四世代以降では習得できない教え技がいくつか存在し、RSのリメイクが発売されてもなお愛されているソフト。やはりこちらもマーク縛りのせいでレートでは残念ながら使えない。輸送にはこの世代のソフトの他に4世代と5世代のソフトが必須となる。さらにXDとなればGC(Wii)を繋ぐ通信ケーブル等や本体も必要。難易度は難しいが乱数調整も可能。マーク縛りのせいでエメラルドの需要はかなり落ちてしまったため昔よりは安く入手することが出来るようになった。ただし初代VCの影響でFRLGはやや高い傾向があるが今は落ち着いてきてる模様。

    ・第四世代

    【HGSS、DP、Pt】
    他世代では習得できない教え技が存在するが、数は少数で実用的なものだとふいうちぐらいしかない。基本的に主な用途はHGSSのガンテツボールが主。7世代ではオスでも遺伝可能になり夢特性との両立も可能になったのでオシャボ勢には需要の高いソフトとなった。今から買うならHGSS一択だろう。乱数調整も勿論可能ではあるが、マーク縛りのせいで準伝をこのソフトでゲットしてもあまり意味がない。

    ・第五世代

    【BW、BW2】
    XY初期こそ需要は高かったが、ORAS発売後はほぼ需要がないソフトになった。この世代のソフトも例に漏れずマーク縛りの影響を受けたのが主な理由。教え技もあるが、大部分の技がORASで覚えるので現在は6Vメタモンを入手することや4世代前のソフトを輸送するための橋渡しぐらいしか役割がない。乱数調整は理解さえすればかなり簡単に出来るので乱数産メタモンをゲットしたい場合はこの世代のソフトを手に入れると良い。入手するならナンバリングがないBWが難易度が非常に簡単なのでそっちを入手すると良いかもしれない。一応一部のドリボはARサーチャーと合わせることで入手出来る。それがもしほしい場合はBW2を購入すると良い。

    ・第六世代

    【XY、ORAS】
    カロスマークという存在を生み出した諸悪の根源。準伝説のバーゲンセールでなんとこの世代のソフトを全て揃えば幻を除く6世代までのポケモン全てを揃えることが出来る。この影響を受け、この世代のソフトが登場してしまったせいでほぼ5世代前のポケモンの需要価値を大幅に下げた。今購入するなら教え技があるORAS一択だろうが全て揃えても良いぐらい。ただしそこまで古いソフトではないので値段は少し高い。今のところレートで使用出来るが、おそらくいつかは7世代のポケモンしか使えなくなる可能性が非常に高いので注意。

    ・第七世代
    【SM】
    もはや説明するまでもないが、このソフトがないとまずお話にならない。ニンテンドースイッチが近々発売するが、果たして3DS最後の世代となるかそれともまだ続くのか不明。両方購入が望ましいが、片方だけの場合はウルトラビーストの出現の違いで決めると良いかもしれない。マークはアローラマークと呼ばれているマークがつく。



     



    ポケモンVC性格カリキュレーター



    pokeee
    ダウンロードはこちら 


    現在有力とされている習得経験値から算出する方法のツールになります。
    この計算ツールから25で割り算した余りを出したりほしい性格までの必要な経験値(育て屋で必要な歩数)を算出することが出来ます。

    まだポケバンクが解禁されたばかなりなのでこの計算方式が確定という訳ではありませんが、この計算を用いる場合はこちらのツールを使うと瞬時に求められるので冒険の手助けになれば幸いです。

    ※注意点
    このソフトはwindows専用ソフトです。スマホアプリやiOSでは動作しません。


    ・使い方

    サンダー計算
    使い方は経験値の値を上の図に示す場所に入力して計算ボタンを押すだけです。
    さらに欲しい性格まであとどれぐらい経験値が必要か知りたい場合は欲しい性格のボックスから好きな性格を選んで計算ボタンを押せば算出されます。

    pokeee
    算出した結果がこちらになります。この計算通りを参考にして調整して実際にVCからサンムーンへ送ってみました。

    サンダー結果
    結果はご欄の通り図太いの性格をゲットできました。








    どうやらポケバンクが解禁されたようです。
    今まで育成環境がだるすぎてサンムーン放置していたのですが復帰したいと思います。
    クソゲ(ポケとる)も塩更新のおかげでポケモンに集中できそうです。

     さしあたって仲間大会を当ブログから開催する予定です。設定がどの程度出来るかはわからないので詳しいことは未定ですが、ご期待ください。



    テーマ:ポケモンを たくさん つかまえよう!
    目標:世界中のプレイヤーの総計で1億匹捕獲する。

    成功報酬:1000FC
    失敗報酬:500FC
    ※PGLに登録していると2倍貰えます。

    2016年12月6日(火)8:59までに目標が達成されかつ、それまでにPGLに登録していればこのイベントの参加の有無に関わらず【ぎんのおうかん×1】がプレゼントされます。 

    参加方法(以下公式コピペ)


    ■グローバルアトラクションへの参加と実績報告の方法
    (1)フェスサークルに入る
    メニュー画面の「フェスサークル」を選ぶと、フェスサークルに入ることができます。
    ※最初のポケモンセンターを訪れるまで、冒険を進める必要があります。

    (2)フェスサークル内でゲームシンクIDコードを発行する
    フェスサークルの中央にあるお城へ入り、右側にあるパソコンからゲームシンクIDコードを発行できます。
    ※ゲームシンクIDコードの発行にはインターネット接続が必要です。

    (3)パソコンの隣に立っているおねえさんに話かけて、グローバルアトラクションに参加する
    おねえさんに話しかけて参加登録が完了すると、そこからグローバルアトラクションへのチャレンジが始まります。
    今回は、参加登録後に捕まえたポケモンの数がカウントされます。

    (4)実績を報告する
    参加登録後、おねえさんに話しかけると実績がサーバに送られます。
    また、PGLに登録している場合はフェスサークル内でインターネットに接続すると、
    自動的にゲームシンクが行われ、実績がサーバーに送られます。


    ・目標を達成させるためには?
    29日の今日から数えて期間は8日あります。だいたい190万本売れていてサンムーン片方だけで判断しても95万本だけれど、これから判断しても微妙なので違う数字で判断すると・・・。GTSの総交換数は8,250,516ぐらい。つまりGTSに825万回総合でアクセスして交換を成立させている。
    そのうちネットを繋げて積極的にやりそうなのは半分も満たないと思うので400万人ぐらいが参加しそう。そのうちやる気がある人は10%以下だと考えれば40万人はガチでやりそう。

    そこから計算して達成させるには。。。1億/40万=250,250/8=31.25。つまり一日32匹のポケモンを捕まえれば達成される可能性が高くなります。まぁ大雑把にやったので実際は大きく異なりますがこんなもんかなと。

    まぁこの記事みてやる気のある人は一日30匹捕獲するといいかも。


    捕獲用のポケモンでオススメは?

    てかげん覚えたカビゴンとかみねうち覚えさせたポケモンとかでおk




    厳選環境をどうやって整えるか考えてみました。まぁ面倒な人は1月まで他ゲーして1月から本格参入が楽かもしれません。まぁ前世代と今世代を比較して解説したいと思います。


    ・前世代を一切使わずサンムーン環境下で整える
    まずはあかいいとの入手からはじめて次にメタモン厳選そしてツリー狩り用のポケモンを厳選し育成。アイテムを揃え、厳選環境が出来たらいよいよレート参入という感じです。


    ・前世代をフル活用してサンムーンの厳選環境を作る

    ポケバンク(来年1月予定)が解禁されるまで待つことになります。初期のレート環境で遊べないデメリットを除けば、今、必死に厳選環境を作るよりも圧倒的にこちらの方が利口だと思います。前世代のORASやXY環境だと育成がかなり楽なので後発組は今から準備しておくのもいいかもしれません。


    1.サンムーンのみで環境を作る

    ・あかいいとの入手
    まずサトシゲッコウガを臆病で厳選し、レベルを50以上まで上げる。サトシゲッコウガは努力値がすでに振られてるのでレベルさえ上げれば手間もとくにいりません。

    BP稼ぐならサトシゲッコウガ+旅パ2匹のバトルツリーで地道に稼ぐか、少しギャンブルですがバトルロイヤルで稼ぐ場合の2通りですね。バトルツリーは構成次第では勝てますが、旅ポケが弱いポケモンだと少々厳しいかも。一方バトルロイヤルは初手のじゃんけんが運ゲですが、うまくやれば旅パでも勝ち越すことも可能なのでどっちかというとバトルロイヤルで稼ぐ方法が楽かも。

    あるいはウルトラビーストを厳選し、育成してからバトルツリーに投入する方法。こちらが主流だと思いますが、パワーシリーズのアイテムを所持しないため努力値振るのが少々めんどくさい。辛抱強く努力値を振る作業が出来るなら(フェスを利用するという方法もあるが、こっちもめんどくさい)いいけど、ここの時点でモチベが下がりそうな人は最初に示した方法がオススメですね。

    で、あかいいとはどこにあるかですが、バトルツリーのところではなくてバトルロイヤルにあります。48BPなので少々時間が掛かりますが、辛抱強く稼ぎましょう。まぁバトルロイヤルやって試行錯誤していくうちに1日で貯められると思いますけどね。

    あとあかいいとはものひろいでも入手はできますが、確率が低いため過去作封印下では絶対やらない方がいいと思います。


    ・サトシゲッコウガでのバトルロイヤル必勝法
    まぁ出し負けはどうしようもないので割り切るしかない。Zワザは出し惜しみせず使うところがポイントです。一撃で倒せそうなら使う。Zワザでも無理なら使わない。ただしまもるには注意。相手の傾向やパターンも決まってるのでやっていくうちに感覚が分かるようになってきます。旅パもなるべく素早いポケモンをチョイスするといいですが、どうしようもない場合はメンバーの中で強い2匹でもいいです。持ち物はZクリスタルとかラムのみとかその辺でいいかと思います。

    バトルロイヤルは3匹誰かがやられた時点で試合が終わるのでいくら手持ちが残っていても倒してるポケモンの数が少ないと勝てません。なるべく生き残るようにして敵のポケモンを多く倒しましょう。敵のポケモンがあと1匹で自分の勝ち星が少ない場合は残り1匹の敵ではなく他の相手を狙うところもポイントになります。

    あと一番注意しなければいけないことは自分のポケモンが最後にやられないようにすること。生き残らずに最後に3匹倒されてしまうとどんなに勝ち星をあげてもBPが1になるのでなるべく生き残るようにしましょう。また、バトルロイヤルとは名ばかりで敵は3人がかりでこちらを潰しにかかってくることもあるので3VS1だと思って立ち回るといくらか敵の反撃に対応しやすくなると思います。

    ・あかいいとの入手後
    パワーリスト、パワーレンズ、パワーアンクルこの3点を優先的に集める。これ集めれば高速アタッカーの努力値はかなり振りやすくなります。この3点ないし2点集めたらいよいよツリー用のポケモンを孵化して厳選になります。

    ・4V以上のメタモンを厳選する
    5世代前のあるやり方を除けば、XYやORAS環境よりもこちらの方がメタモンの厳選は楽です。運がよければ5Vや6Vも不可能ではないので前世代を待たずにこちらで厳選した方がはやいかも。ただし自分産親で厳選しちゃうと孵化のときに時間とるので出来れば2本ロム持ってたり、仲間内で4V同士を交換するという方法が効率的かもしれない。


    ・バトルツリー狩り用のポケモン
    ガブリアス、ゲンガー、ボーマンダ、ガルーラ、ルカリオ、フーディン、メタグロス

    だいたいこのあたり。とりあえずガブリアスまず用意してあとは選択。サトシゲッコウガの努力値もCに全振り出来るように振りなおしたり、最終的にはウルトラビーストを揃えたりするとより勝率しやすくなると思いますが、まずは地盤を少しずつ固めていく方が確実です。

    今作ゲンガーはみちづれ連打が失敗するようになったりふゆうが消えてる点には注意。まぁそれでも強いことには変わりないのでうまく使いましょう。

    フーディンが候補にあがってるのはフーディナイトを無条件に最初に貰えるからですね。高速アタッカーとしてそこそこ使えそうなのでその場限りならいいかも。伝説厳選用にケーシィも乱獲してるはずだと思うので用意も通信交換を除けば簡単です。

    厳選についてですが、基本的に必要箇所の2Vがあれば「とりあえず」はいいと思います。バンク解禁後に理想個体がかなり楽に用意出来ると思うのでその場の稼ぎとしておくのがいいかと思います。あと夢特性も前世代に比べて今作用意する方法がめんどくさすぎるので通常特性で結構です。


    (1)初段階
    初段階だとサトシゲッコウガ+ガブリアス+旅パorUBなど
    ガブリアスが無理ならメガフーディンでもいいけど勝率は落ちるかも。それかサトシゲッコウガ、ガブリアス、フーディンでも良い。

    (2)第二段階
    メガガルーラ、メガルカリオ、メガボーマンダどちらか1匹用意して手持ちに加えて無双する。
    サトシゲッコウガを抜くかそのまま使うかはお好みで。

    (3)第三段階

    今度は勝率をよく考えてウルトラビーストを入れることも検討してみる。将来性を考えればめざパ厳選なども必要になるため時間がかかります。初段階で導入するよりもこちらで導入した方がモチベが下がらないのでオススメ。

    確実に狩れるようなパーティを構築すれば基本的にもう厳選環境が整ったといっても過言ではありませんね。ひたすらバトルツリーにこもってレートに必要なアイテムをBPを使って交換しましょう。いよいよアイテムを揃え、厳選体勢が整えばいよいよレートに参入です。


    ・バトルツリーの技構成例

    編成例1
    ・サトシゲッコウガ@ミズZ
    性格:臆病、C252S252またはそのまま使う
    みずしゅりけん、なみのり、れいとうビーム、あくのはどう
    ・ガブリアス@ラムのみ
    げきりん、じしん、どくづき、つるぎのまい
    ・御三家@Zクリスタル
    技構成は適当


    ・フカマルの入手が面倒なんだけどどうする?
    まずげきりん覚えたフカマルの用意が面倒といえば面倒ですね。てっとり早いのはメタモンをGTSに出して交換すれば楽に入手できると思います。

    メタモン2匹を厳選しないで捕獲し、GTSでフカマルとヌメイルまたはミニリュウあたりで要求。親ポケが♀の場合はメタモン使って♂を生まれさせ、フカマルが♀でないなら♀をつくる。

    ハートのウロコを使ってげきりんを覚えた親ポケを用意し、フカマル♀と交配し孵化し、その後メタモンにあかいいとを持たせて厳選します。

    まぁ一応ミニリュウ、ヌメイル、フカマルいずれもどこかに出現するので自力で捕まえられるならその方法でも良いかも。

    ・レベリングどうする?

    色々方法あるけどリスクなくやるなら所持金0に近い金にして四天王をアイテム使わずに学習装置で育てる。他のことしながらまわせるから楽。もっと効率良い方法は多分あるだろうけど手間考えるならその場限りならこれが楽かもしれん。


    2.前世代を利用する


    ・メタモン厳選
    5世代前のある方法を除けばサンムーン環境で厳選した方が楽です。違うロムでメタモンの4V以上を厳選するか、メタモン4V同士の交換をするようにするといいと思います。


    ・バトルツリー狩り用のポケモンを用意

    前世代で強かったポケモンを用意する。1月のバンク解禁に備えてバトルツリー狩り用のポケモンを用意しましょう。ただし最初の段階だとメガストーンがあまりない状態になるのでガブリアスとかその辺あたりを用意しましょう。今世代では進化の石はあまり使いたくないのでスターミーとか用意するといいかもしれません。メガ枠やUBがくるまでの繋ぎとしてはいいかも。

    ・ものひろい要員とかもついでに用意しておく

    努力値振るときの片手間になるためどうせ時間あるならこの辺あたりも用意すると楽ですね。


    ・図鑑コンプ用にポケモンバンクで待機
    移動するだけで完成させる状態をつくればおそらくもらえるであろうひかるおまもりもゲット出来るので後々のこと考えれば楽かも。まぁ用意が面倒なのでやらなくてもいいけど


    ・準伝厳選

    1月に厳選環境を作ることを視野にいれるなら急いで色々する必要はなくまったり厳選出来るようになります。まぁ適当に厳選するなり他ゲーするなりで待機すればよろしいかと思います。

    ・バトルツリーでBPを稼ぐ
    あかいいと、パワーシリーズの順でゲットする。あとはレートで必要なものを揃えるだけです。



    3.終わりに

    だいたいこんなもんでしょうか。前世代に比べて孵化のスピードは楽になったけれど片手間での作業が出来なくなったり、群れバトル廃止で育成が面倒になった今世代。果たしてどうなるんでしょうか。

    繰り返しになるけどあかいいとはものひろいよりもBPでやった方が確実です。地道に溜めましょう。





     

    このページのトップヘ