タグ:ポケモン



    ・現在配布しているもの
    ※3/15更新
    色ベベノム
    色カイオーガ・色グラードン
    カビゴン
    ピカチュウ
    ウルトラゼンリョクキャンペーンの幻

    色オーガと色グラードンは期限が迫ってるので注意。
    ウルトラゼンリョクキャンペーンもうそろそろ終わるため注意。


    ・解説
    特別な技を覚えた系は基本的に再配布はほとんどない。例外として使用率が高いと、通常技落ちした例もあるが、特例中の特例。(※零度スイクンなど)

    劇場版の風のルギアは逃すと再入手出来る機会はほぼないので、伝説バトルを視野にいれるなら必ず逃さないようにすること。

    ポケモンカフェのピカチュウはアローラマークでは再現出来ない第三世代や初代VCの技であるカウンターを覚えており、WCSやレート環境に少なからず影響はあるかもしれない。対戦をやっているならぜひゲットしましょう。


    ・風のルギア
    Lv.100
    プレシャスボール
    リボン:ウィッシュリボン
    特性:マルチスケイル(隠れ特性)
    性格:ランダム
    個体値:3V以上は確定
    親:フウラシティ(ID:???)
    受け取れるソフト:SM、USUM
    エアロブラスト
    ぼうふう
    きりばらい
    おいかぜ

    入手方法
    2018年劇場版ポケモン映画の前売り券付属(子供券、大人券どちらも)
    発売期間:4月13日~7月12日
    受け取り期間:4月13~9月30日

    きりばらい、おいかぜはUSUMでの教え技。
    ぼうふうは通常では覚えることが出来ない特別な技です。

    ・にほんばれカビゴン
    配布場所:ポケモンセンタートウキョーDX
    Lv.30
    プレシャスボール
    もちもの:まんぷくのおこう
    受け取れるソフト:SM、USUM
    特性:あついしぼう?ランダム?
    性格:ランダム
    個体値:ランダム
    にほんばれ
    とおんせんぼう
    のしかかり
    おいわい

    サンムーン配布のときのゴンベでほぼ似たようなことが出来るが、一応Zおいわいが出来る。


    ・ポケモンカフェのピカチュウ
    Lv.5
    プレシャスボール
    配布場所:全国のポケモンセンター各店
    受け取れるソフト:SM、USUM
    もちもの:ミックスオレ
    特性:せいでんき
    性格:ランダム?
    個体値:ランダム?
    親:???(ID:???)
    おいわい
    あまいかおり
    カウンター
    リフレッシュ

    全ての技が特別の技で構成されている。アローラマークでこれらの技全てを備えたピカチュウは再現することは不可能。カウンターは3世代や初代VC版限定で再現出来るが、マークの関係でレートでは使用出来ない。また、他3つの技は通常では再現出来ない技となっています。
    しかもこれサンムーンも対応しているから、前作もっていればその分受け取れます。


    ・隠れ特性のアローラ御三家3匹
    ポケモンバンクに接続して貰う。(課金している場合に限る)
    受け取れるソフト:USUM、SM
    配布期間:3/9~4/22まで

    ・シェイミ
    配布場所:ポケモンセンター各店
    4/25~6/30まで
    受け取れるソフト:SM、USUM

    ・色違いのカイオーガ・色違いのグラードン
    シリアルコード入力期間:3/19まで
    受け取れるソフト:USUM
    配布場所:ポケモンセンター各店、キャンペーン対応の家電製品屋
    シリアルコードでの受け取り。

    ・色違いのベベノム
    モンスターボール
    シリアルコード入力期間:5/6まで
    受け取れるソフト:USUM
    配布場所:ポケモンセンター各店、キャンペーン対応の家電製品屋、セブンスポットなど
    シリアルコードでの受け取り。

    ・ウルトラゼンリョク幻のポケモンを貰おうキャンペーン
    キャンペーンページはこちら
    キャンペーンコード入力期間:2018年4月30日まで
    受け取れるソフト:USUM
    フーパ、マナフィ、メロエッタなど





    スペシャルレートのトップ使用率が公開されましたね。
    予想した通り、ワンキル型のいのちがけやだいばくはつなどを持ったポケモンや、天候やフィールド展開系が主流のようです。ここではあえて考察を外していましたが、霊獣ランドもいますね。また大爆発やいのちがけを防げるということで、ミミッキュも通常のレートではないにしてもそこそこ使用されているようです。(予想とは違ってトリル始動型での採用みたいですが)

    今回使用率上位のカビゴンにピックアップをあててみます。
    これの採用技の情報を閲覧すると、じばくやすてみタックルの採用が多いですね。
    すてみタックルはともかく、じばくに関しては遺伝するのが実は普通の方法では遺伝出来ません。
    そこで、じばくを覚えたカビゴンの入手や遺伝のさせ方について解説したいと思います。


    じばくを覚えたポケモンは以下のルートがあります。

    ・ポケモンXDを使って第三世代の教え技でカビゴンにじばくを覚えさせ、第三世代から第四世代、第五世代を経由してポケバンクから輸送し、ウルトラサンムーンに持ってくる。


    ・HGSSのポケウォーカー(※配信限定コースで現在は新規配信はなし)でじばくゴンベを入手し、進化させカビゴンにして第四、第五経由でポケバンクから輸送し、ウルトラサンムーンに持ってくる。

    ・初代VC版でわざマシン36を使ってカビゴンにじばくを覚えさせて、ウルトラサンムーンに持ってくる。※ヤマブキシティシルフカンパニー本社2Fにあります。


    いずれかの方法で入手出来ます。
    3点入手方法がありますが、VC版からの入手が一番楽でオススメです。

    しかしVC版のカビゴンをそのまま使うと特性があついしぼうではなく、くいしんぼうになってしまうため、あついしぼうにしたいなら、これを元に孵化する必要があります。(スペレでしか使わないならくいしんぼうでもいいかもしれない)

    孵化する場合は、じばくを覚えたカビゴンを遺伝親にして、どちらのカビゴンでもいいですが、カビゴンにまんぷくのおこうを持たせてゴンベに遺伝させます。カビゴン孵化の場合はじばくは遺伝しないのでご注意を。

    ・具体例
    カビゴン♂(じばくを覚えてる)@まんぷくのおこう×メタモン@かわらずのいし
    カビゴン♂(じばくを覚えてる)@まんぷくのおこう×カビゴン♀@かわらずのいし

    オシャボにしたいなら後者がオススメの組み合わせ。
    そこから最高になつかせて進化させてそれを親にして、メタモンと組み合わせましょう。


    さらに公式のPGLの情報を見るとすてみタックルも採用されているため、これも初代VC版でわざマシンで使って覚えさせて孵化した方が楽です。ゴンベの進化条件は最高になつかせてレベルアップすればカビゴンに進化します。


    これ作るのすんごいだるく、少なくてもVC版のポケモンとポケバンクの利用が必須であるため、需要が高いなら孵化して配ってもいいけど、原作のポケモンやっている人が果たしてそんなにいるのだろうか…。コメントの反響があればなんか考えます。

    理想個体ってなってくると、どうしてもあかいいとか、かわらずのいしのどちらかしか選べません。
    そのため、おうかんを使って理想個体に近づけるのが理想でしょうか。スペレで限るなら理想個体じゃなくて必要箇所だけでもいい気はするけど…。即効でレート参入するならVCからもってきたやつそのままでいいかと。

    第五世代でも一応遺伝があったので、乱数調整を使って理想個体を生むという方法もありますね。もっている人で、それが出来るならそれでやってもいいかも。




    こんにちは。
    もう気づいたら3月になって、シーズンも変わります。
    伝説ありのシングルバトルもあと少しで見納めで、シーズン9からスペシャルレートのルールも変わります。

    そこで、ざっくりですが、スペレについて解説しますね。
    本当にざっくりなので、読み流す感覚でみていただければ幸いです。



    【スペシャルバトル】

    禁止伝説、幻は使用不可。
    全世代のポケモン使用可能(マークによる縛り無し)
    2~6体のバトルチーム構成のダブルバトル
    選出は2匹まで(6on2)
    メガストーン、Zクリスタル、しんかのきせき、きあいのタスキの使用不可

    ルールはだいたいこんな感じですね。
    ポリゴン2とかはルールの関係上完全に撲滅、タスキアタッカーとかは使いづらいため使用されづらい。また、ほろびのうたなどのパーティはルールの性質上、構築することが難しいので注意を。

    ただし、ほろびのうたは素早さの早い順に倒れていくため、最後に倒れるポケモンは素早さが遅いポケモンとなります。もし相手の対面で素早さが遅いポケモンが1体いて、ほろびのうたを打たれて、3ターン以内に決着をつけない場合、敗北となるので注意。逆もしかりで、トリックルームを使った変則的なものも考えられます。



    ・流行りそうなもの
    天候パ(フィールド展開型含む)、ワンキルパ、ミミッキュ選出だいたいこのあたりはありそう。
    2選出という性質上、普段シングルよりも使用率の少ないミミッキュはこのルールなら見せ合いで負けてもミラーを除いて、取り戻しが効く部分があるので使用率は高そうです。

    単純にワンキル系の構成に耐性があり、だいばくはつ、いのちがけの無効は追い風ですね。
    しかしZワザが使用不可かつ、交代不可なので、ミミッキュの型はある程度固定化されそうです。


    ・ミミッキュの構成

    Zワザが禁止なので、1ターン上での爆発力はやや欠ける。
    のろいを使うと、交代出来ないので自分が倒されてしまうため、のろい入りは少ないかも。

    それを踏まえて考えるなら、
    つるぎのまいで舞って殴ってくるか、状態異常など撒いて殴ってくるか、普通のアタッカーになっているなどに絞られていきますね。多そうなのは舞って殴るパターンかな。
    いずれにしても型は対面でだいたい予想しやすいです。


    ・天候パ
    雨、砂あたりは警戒。
    とくに雨と砂は流行るかもしれない。

    雨はカプ・コケコと組んでも強そうだし、砂はドリュウズなどと組むと即効かけられるので強いです。
    晴れはメガリザードンYが使えないので流行りづらいですが、晴れ撒くポケモンの中にはコータスがいるのでワンチャンあるかも。

    天候やフィールド展開特性は素早さの早い順に発動していくので、素早さが遅いポケモンが先制のターンで天候やフィールドを支配出来ます。

    キュウコン[晴れ]:S100
    ニョロトノ[雨]:S70
    バンギラス[砂]:S61
    ペリッパー[雨]:S65
    ユキノオー[霰]:S60
    カバルドン[砂]:S47
    コータス[晴れ]:S20

    代表的なものをいくつか例を挙げてSの比較をしてみました。
    うーーんこれみると、カバドリ流行りそうですな。晴れを先制で支配されてもわりとどうとにでもなりそうなのがなんとも。

    晴れパだとコータスとフシギバナあたりの組み合わせが良さそうだけど、ねむりごな外したら負け確だし、安定はしなさそう。

    ・天候組むなら天候上書き技はいれときたい
    天候を先手で支配されたときのために返しで欲しいところですね。1ターンぐらいは耐えられそうなので、そのターンに天候を上書き出来れば形勢の逆転も可能です。
    とはいえ、相手もそれは織り込み済みで、読みとプレイングで考えたいです。構成次第ではいらないパターンもあるかも。

    ・トリックルームやおいかぜなどの素早さ操作系
    天候に依存せず、撒けるので、やられると結構痛い。
    トリルを張らせないようにするか、速攻かけてどちらかか片方を潰しておくかなどですね。
    対面で負けることもあるので、トリル入りっぽいポケモンがいた場合の選出は警戒しましょう。


    ・嫌がらせパーティ
    ボルトロスなどのいたずらごころでいばみがの構成。
    交代出来ないから撃たれると厄介。USUMでこの辺弱体化したけど、いきなりやられると返しが難しいから警戒しておきたいところ。挑発やみがわりをアンコールするなど決まれば一気に追い込むことも可能なので、対策はしておきたい。ラムのみ持たせておけば、とりあえず1ターンは対策出来ますね。


    ・ワンキル型
    いのちがけ、だいばくはつなどの型ですね。
    スカーフ持たせていのちがけはありそうなので警戒しておきましょう。
    まぁミミッキュとかゴースト投げれば完封出来ますが、出さないパターンもありうるので単純にそれらしいポケモン入れておくのもありかもしれん。

    ・過去作が使用可能
    VC版も含めて5世代以前のポケモンが全て(禁伝など除く)使用可能です。
    過去作の特別な技や教え技持ちも使えるので、頭の片隅にはいれておきたいです。
    ただし、そこまで警戒するものはあまりいないかも。
    6on4だったらいろいろあるけど、6on2だから構成がわりと限られるし、単純に過去作ひっぱってきてまでやるなら、WCSルールやダブルバトルに力いれた方がいいだろうし…。あんまり気にするほどでもないかなと思う。


    ・読みあいについて
    単純にじゃんけんですね。シングルの感覚に近い感じですが、交代も出来ないので、やり直しが出来ないじゃんけんです。似てるようでちょっと違います。出し負けただけで勝負が決まるのもあれば、出したけど立ち回り次第では分からないのもあるでしょう。

    素早さの関係と、場の天候やフィールドにいつも以上に依存するので、天候やフィールドをうまく支配しての立ち回りが重要になってくるでしょう。



    ・パーティの編成について
    1、1のペアで組むのが理想的かな?
    普通のダブルみたいにパーティ全体がシナジー受ける構成にする必要はないと思います。
    また、ブラフをかけて、選出しないようなポケモンを混ぜるのもありだと思います。
    いるだけで、相手の読みしづらくするのはありですね。例えば上であげたようにあからさまないのちがけワンキルポケモンがいたり、ミミッキュをとりあえずいれとけば的なやつです。

    ペアで組むものは天候始動&アタッカーのものや、サポート&アタッカー、二匹とも脳筋のアタッカーなどでしょうか。天候無視してカプ系のフィールド展開型もありうるので、天候パだけに固執しないことに注意です。


    ・このレートの一番の欠陥

    このレートに限った話ではないのですが、流行るのはレート開始の2~3日だけで、数週間も経つと即効過疎ります。スペシャルレートはだいたいこんなもんみたいですね。

    しかもこれシングルバトルじゃなくて、みんながあんまりやらないダブルバトルなので、いつも以上に過疎化するでしょう。

    ルール自体は面白いんだけど、2体選出だと運要素が強すぎて、飽きられそう。
    Zワザ禁止、メガシンカ無し、メジャーなインフレ道具が禁止のダブルのルールは結構良いだけに残念。なので、やるとしても早めに準備して、レート開始初日から参戦することを推奨します。





     





    ・ニンテンドーSwitchは今から買う必要はあるのか?
    何も言われてないけど、ポケモン仕様のニンテンドーSwitchが出る可能性がある。
    大半の人のトレーナーはだいたいこれ待ちで、買ってない人が多いと思われる。
    あるいはドッグ無しの安価版も出る可能性があるため今すぐ買えばいいって訳でもない。

    ただし、発売直後あるいは発売前の予約で品薄に可能性はありうる。
    例としてStwitch専用のスプラトゥーン2が発売されたときはセットで発売されたものの、速攻で品薄になった。特別仕様となれば、転売屋とかユーチューバーとかがこぞって買い占めるので、手に入らなかったときの保険として、買ってしまっても良いだろう。まぁでもお金が高価なので、待つのもありだと思う

    また一人通信する場合はおそらく1台で出来るような親切設計にするとも思えないため、ガチでやる人はどうせ2台持ちになります。だから買っておいてもいいかも。


    ・ニンテンドーSwitchはどこで買う?

    転売屋からは絶対買わないこと。都会なら予約が定期的に行われていて、家電屋またはゲームショップで予約する。田舎だったら直で買えるとこもあります。中古品は生産が終了したもの以外は買わないようにする。新品を推奨します。

    ・スイッチの周辺機器
    ポケモンだけするなら今のところプロコンはいらないと思います。
    他のゲームやっていてどうしても足りないなと思ったら買えばいいかと。
    ネットを有線で繋ぐ場合は公式専用のアダプターが必要になるでしょう。

    ・生放送や動画投稿デビューしたい。
    3DSや2DSは本体をキャプチャー仕様に改造しない限り、パソコンに映像を取り込むことは出来ませんでしたが、Switchの場合はHDMI対応であるため、パソコンにキャプチャーすることが出来ます。

    ただしお金がものすごくかかります。満足いくものを出すには以下が最低必要になります。

    ゲーミングPC
    オンボードではNG。グラフィックボード搭載、メモリ8GB~16GB以上、OS:windows10
    CPUは好みによりけり。モニタとかも買うなら最低でも10万~20万以上は必要ですね。

    キャプチャーボード
    結構高価で、1万5千~2万ぐらいします。HDMI対応のものにすること。
    高画質にするならソフトウェアエンコーダーがオススメです。その代わりメモリが8Gではなくて16Gぐらいいるかもしれません。32Gは過剰というかあんま変わらないので16あれば十分でしょう。

    さらに動画投稿するならエンコーダーがいります。大半は無料ソフトでどうにかなるので、この辺はクリア出来るかと思います。

    ・ポケバンクは対応すると思う?

    対応すると思う。互換切り煽る悪質なまとめサイトがあるけど、惑わされないこと。
    あんだけCMで過去作のつながりを大事にするアピールしておいて、互換切ったら炎上しますからね。

    ただしポケバンクがどういう風に対応させるかは未知なところがあります。というのも紐づけがニンテンドーアカウントではなく、ニンテンドーネットワークIDなので、この辺をどういう風にするかは未定でしょう。将来的にはアカウントも3DSで対応させるかもしれませんね。

    ・マークの互換はどうなりそう?

    正直なところ分からないです。カロスマークとアローラマークをわけてはいるものの。WCS以外のルールでは使用可能であるため、互換を緩和しているような雰囲気はあります。

    対戦人口がXYではかなりピークだったのですが、世代を追うごとに減少してしまっています。やめてしまった古参を呼び戻すために、初代推しやら色々テコ入れしてはいるものの、ポケモンは次の世代へ送ることは出来ても、レートでは使用不可で、対戦では実質互換切りであるため、せっかく呼び戻しても定着出来ていないのが現状です。

    しかし最近ではスペシャルレート(2月のシーズンでは)に限り、過去の幻を使えるようにしなければならない都合上の理由もありますが、過去作の全てのポケモンが使用可能になっています。

    マークの縛りはかなり評判が悪いので、ちょうどいい区切りで第八世代ないし第七世代の終わり頃に全世代解禁もありえるでしょう。

    逆に、利己的なこと言えば、過去作よりも新作やひとつ前の世代の新品を買ってもらわないとお金が入ってこないので(中古ソフトだと入ってこない)、新品にお金を落として貰うようにするにはマークの縛りをきつくして最新のソフトを買ってもらう必要があります。裏向きの面ではこういう理由もあるでしょう。

    あるいは過去世代の技を縛って環境を調整したいっていう表向きの理由もあるので、こっちの方にウェイトが寄った場合、第五世代だけでなく、カロスマークすらも禁止にする可能性もあるでしょう。

    従って、どっちもありうるので分からないです。

    でも、繰り返し重複する話になりますが、マーク縛りして実質互換切りしまくった結果、人が離れていることは開発側は理解していると思うし、そのせいもあってか、とある番組で客寄せに人気ユーチューバーを呼んだりして、新規をどうしても必死に獲得したいというのも見え隠れしています。これだけ必死にやっているところみると、不評なマーク縛りは一切撤廃して、過去作を全て解禁してユーザーを定着させる方にだんだんウェイトが寄るんじゃないかなぁと筆者は予想しています。



    ・過去作(第七世代)は必要?

    間違いなく必要になるだろうね。とくにウルトラサンムーンは必須になると思います。
    カロスマークは縛る可能性がありますが、アローラマークまでは縛りづらいはずです。
    ポケバンクが解禁されれば教え技のあるUSUMは重宝されることでしょう。またそれに限らず、

    現レート環境はシングル、ダブル共にカプ・コケコなどのフィールド展開系がトップ使用率を誇ります。準伝説なので通信交換で手に入れるにはハードルが高く、自分で捕まえる他ないでしょう。

    オメガルビーアルファサファイアも良さそうですが、カプが手に入らないので、どうせ買うならウルトラサンムーンでいいかと思います。(厳選というか会うまでがめちゃくちゃめんどくさいですが…)

    安価で揃えるなら2DS本体とウルトラサンムーン1本でいいと思います。どちらにするかは出現する準伝説で判断してください。サンムーンは未完成品なので買わなくていいです。持ってたら売り払ってもいいぐらい(オシャボぐらいしか利点がないです)


    ・さらに過去世代のものっている?

    単独で何かを揃えるでもしない限りはあまりいらない。XY、ORASあると幻とサンムーン世代以外は全て揃うけど、GTSなどで親元は手に入りますし。

    ただし乱数産の理想個体のメタモンが欲しい場合は比較的つくりだしやすい第五や第四世代などがいる。マークの縛りが緩和されたらもしかしたら必要になることもあるだろうけど、必須にはならないと思う。因みに改造かどうかの判断は悪魔の証明で、判断がつきづらいので安全にいくなら自分でやったほうがいい。また、第七世代では第五世代前のメタモンは交換できないらしいので注意

    これは乱数産に限った話じゃなくて、そもそも第五世代のメタモンが弾かれるそうです。送ることは出来ても交換はだせません。第六世代では交換出来るみたいなので、どうしても自力では無理なら信頼できる人に頼るのも手かも。


    ・まとめ
    具体的にはニンテンドーSwitch、2DSor3DSの一台、ウルトラサンムーンが1本。最低これだけあれば、十分ではないけど、他はなくてもいい。Switch本体はポケモンが出るときに買ってもいいが、予約戦争に必ず勝つこと。当然予約無しで買うってことはしないほうがいい。






     


    攻略チャートまとめの方は簡易版で、攻略法はかかず、攻略の手順だけ書きました。
    詳しい攻略をチャートに導入すると説明が長くなって読みづらくなるので、ポイント絞ってかいたやつはこちらで記載することとしました。山場のポイントなどを書いてあったり、序盤の進め方なども記載したので参考ください。

    当記事は多少はネタバレを含みますが、確信に迫るようなネタバレは控えているつもりです。

    全体の攻略まとめ記事はこちら


    ・サンムーンからの変更点(ストーリーに影響するもの)
    まず仲間呼ぶ系はびびりだま使わないと呼ばなくなったので捕獲は楽になった。(ピンチになったとき呼ぶことを確認。改善されてないとか…)
    一部ストーリーに変更点があり、難易度が下がったものもあれば上がってるものもある。
    全体的に使用するポケモンのレベルは前作より少し高くなっています。
    終盤は大幅にストーリーが追加され、クリアするまでやや時間がかかります。
    また前作クリア前に手に入ったジガルデは今作は殿堂入り後の入手になるので注意。それ以外の伝説はクリア前はネクロズマとルナソルと一部UBだけで、クリア後からの入手になります。また、メガシンカもクリア後でないと使うことは出来ません。

    ・特典的なものを旅パとして利用する場合

    *ピカチュウ~オリジナルキャップ~
    ステータスが貧弱過ぎるため、Zワザ以外はやや苦しい。とくに素早さで負けると上から殴られてあっさりやられるため終盤は使いづらいかもしれない。序盤は電気タイプなのでそれなりに活躍する。

    *初回特典イワンコ
    バージョンごとにキバの種類が異なり、ほのおのキバはウルトラサン、かみなりのキバはウルトラムーンで覚えてる。素早さが高いので中盤までそこそこ使えるが、終盤の四天王戦ではほとんど活躍させづらいのが難点。ハッピータイムを覚えてるので、Zワザで全ステータス一段階上げられる技を使える。孵化でたそがれのルガルガンは増やせるっぽいので、対戦用に厳選しなくてもOK。ハッピータイムを通信対戦で使うなら性格はあわせておこう。

    *サトシゲッコウガ

    前作の体験版&本体を利用してもってくる。アシマリを選んだ場合やや被り気味ではあるものの、姿が変わればかなり強いので終盤までしっかり使えます。ただし親が違うので一定のレベルまでいくと言うことを聞かない場合もあるので注意。

    ・攻略に役立ちそうな野生ポケモン(ソロプレイだけ)


    ドロバンコ⇒バンバドロ
    四天王戦では地面に弱いタイプもそこそこいる。また、中盤あたりも地面タイプに弱いポケモンも結構いるので序盤から終盤にかけてしっかり働きます。特性の効果で物理技ならある程度耐える点も優秀。対して特殊技はやや厳しい面もあるので注意。

    ルチャブル

    格闘タイプが刺さる相手が結構いるので役に立つ。
    四天王戦でも半分以上は刺さるのでオススメ。
    比較的捕獲しやすい点も優秀。
    3番道路あたりで捕獲出来るので早期にパーティに参入出来る。


    ゾロア⇒ゾロアーク
    対最終形態のネクロズマ戦用のエース。
    ネクロズマ以外の四天王ではやや厳しいが、一番の難所を過去作からの輸送無しで突破なら候補。

    ミミッキュ
    レート戦でも環境トップメタのポケモン。
    ネクロズマ戦でも一発ならどんな技でも受けてくれるので、攻略にはもってこい。
    とくせいのおかげで他のバトルでも有用なので、ネクロズマ戦以降でも活躍させたいなら候補となる。

    ネクロズマ戦用の対策ページはこちら


    他良さそうなものはいくつかあると思うが、入手条件がめんどくさいものもあったり、通信交換経由する必要があったり、強いけどゲット出来ても終盤だったりするので省略します。

    ・前作を利用するなら…
    ぬしポケモンはステ上昇を備えてるので大技で強引に突破出来るとは限らないです。
    ぶっちゃけ耐久が高いものが多いので『どくどく』でどく状態にしてハメてしまうのが手っ取り早いものもいますね。ただし難点は、時間が掛かるということと、火力に特化したポケモン相手だと悠長にどく打つ暇はないという点。回復技こそ打つのもいますが、状態異常まで治す敵は少ないので、状態異常を活用するといいかもしれません。この方法を使う場合は輸送出来るポケモンを前作に移してどくどくを覚えさせてから今作に持ってきます。一部のポケモン(特典イワンコや映画仕様のサトピカ)は前作に輸送出来ないので注意。

    あとは単純にタマゴプレイで強いポケモンのタマゴを今作に送って、今作で孵化してストーリーを攻略するなどですね。


    ・メレメレ島
    御三家のうち終盤までかなり有利なのはアシマリ。
    序盤から中盤にかけてやや苦しいのはモクローです。
    いずれにしても御三家だけで攻略するのは初見プレイだとやや厳しいので、他の野生の手持ちポケモンを捕獲しておきましょう。チュートリアル的な感じなので、ここまではまず苦戦しないと思います。

    ・アーカラ島

    前作に比べて難易度が緩和されたものもあれば上がっているものもあります。
    とくにスイレンの試練は前作に比べて難易度がかなり上がっています。

    前作はモクローを選んだ場合は試練では有利でしたが、今作ではぬしポケモンがオニシズクモになったことにより、モクローでは対抗しづらくなりました。虫技を使ってくるので草タイプでは対抗しづらく、かといって他の御三家でも火力面が序盤であることを考えるとやや厳しいです。野生のピチューを進化させたピカチュウや、オハナ牧場の野生で手に入るメリープ、または特典のサトシのピカチュウを使ってクリアするのがやや無難かも。飛行ポケモンでも弱点になるのでオススメだが、強い飛行技がないとやや厳しいか。Zワザは序盤から打つと耐えられてしまうこともあるので終盤のトドメ用に使いましょう。

    一方、マオの試練は難易度が緩和されて前作よりはマシになっています。前作のにほんばれのコンボは使わず、キュワワーやカクレオンなどがサポートとして登場するぐらいです。

    とにかくここの攻略はスイレン戦が山場ですね。レベルを上げてしっかり対策をしてから攻略に挑むか、戦闘用アイテム(プラスパワーとかそういうやつ)などを用意して挑んだり、ロトポン使って攻略したり、サトピカ使って強引に対策するなどで攻略しましょう。

    ⇒サトピカを使う場合
    初手でZワザを使うのではなく、10万ボルトで一回ソクノのみを使わせる(急所なら貫通しそうだけど一応)その後Zワザの1000万ボルトをオニシズクモを打って倒す。ただし先手をとられると元も子もないのでレベルをしっかりあげておくこと。


    ・ウラウラ島
    マーネネの試練は正攻法の地面よりも炎でいった方が楽かも。地面を無効にするエアームドが相方として登場するのでやや地面では不利なのが理由です。

    アセロラの試練は前作よりは難易度は緩和されましたが、それでもミミッキュ本体がやはり強いので注意。相方も前作のゴーストの催眠でのハメ技こそなくなったけれど、攻撃力がそこそこあるジュペッタに変更されただけなので油断は禁物です。先手をとられないようにしっかりレベリングしておくのがもっとも無難な対策かと思います。

    緩和されたとはいえ、やはりそれなりに難易度があるアセロラの試練が山場ですね。レベルがしっかりあれば強引に突破も出来ないこともないのでしっかりレベル上げしていきましょう。

    ・エーテルパラダイス
    グズマが少し強化されたけど、難易度は高くないです。
    せいぜいルザミーネ戦が少し難しい程度ですね。

    ・ポニ島
    難易度が上がったというよりはむしろ長くなりました。
    とくにマツリカの試練は縦横無尽にまわるのでめんどくさいですね。

    ただ、マツリカの試練は長いだけで、実際の山場はネクロズマとの最後のバトルですね。素早さと攻撃、特攻がべらぼうに高いので、上から殴られてあっさりやられます。半減タイプでうまく受けて大技で殴るか、素早いポケモンを使って先手をとって大技を打つかのいずれかになることでしょう。耐久はそこまで高くはないので大技を1~2発あてればなんとか倒せるとは思います。

    ・ポケモンリーグ

    前作のハラがマーレインに変わった点が大きな変更点。
    チャンピオン防衛戦はこの際伏せときますが、そこまで強くはありません。
    レベルがしっかり上がっていれば攻略は難しくないとは思いますが、どうしてもレベルがこの時点で低いなら裏技があります

    ひとつは手持ちのお金を回復道具などにつぎ込んで使い切ります。その後は四天王を何度も周回して少しずつレベリングする方法です。このとき回復アイテムは一切使わずレベル上げします。負けてもOKです。この方法なら、お金がほぼ0なのでリスクなく周回出来るのがメリットですね。デメリットを強いてあげるなら、時間かかることでしょうか。どうしてもお気に入りのパーティでクリアしたいならこの方法をとってみるといいかもしれません。

    もう二つ目は前作を使って強いポケモンを手持ちに入れるだけですね。多少自重するなら、前作のソルガレオまたはルナアーラをUSUMのバージョンに併せてもってきて、自分で捕獲したルナソルは使って、合体用は前作の方を使う方法もあります。こうすれば自分の手持ちで伝説級を2匹も自分のポケモンで扱うことが可能です。




    このページのトップヘ