タグ:ポケとる


    1.前置き


    メガバクーダのランキングステージが開催!
    なんと最上位の報酬がさらに豪華に!(MLUこれ以上増えてもいらんけど)
    指定消去型のメガバクーダのバクーダナイトを必ずゲットしよう。

    2.相手ポケモン

    メガバクーダ
    バクーダランク
    弱点
    :水、草
    環境:とくになし
    手数:16
    妨害1:中央付近を十字×2にドンメルなどに変える[3]
    妨害2:中央2x3岩と円形上にドンメルにする[3]
    妨害3中央4箇所をニョロボン変える[コンボ依存]
    妨害4:N字状に手持ちのどれか1種に変える[コンボ依存]
    妨害5:大十字状にニョロボンとドンメルに変える[コンボ依存]
    妨害傾向
    使用可能アイテム:メガスタート、オジャマガード、パワーアップ

    オジャマガード中が切れたあとは妨害2以外全ての妨害を使用する。オジャマガードが切れたあとはオジャマカウント依存ではなくコンボ依存に変化する(1~2コンボ)

    配置

    初期配置


    ◆よくある質問
    Qメガスタートが使えない
    メガシンカ枠をセットしていないとメガスタートの使用出来ません。例えばメガタブンネ、ピカチュウ、ライチュウ、ピチューの手持ちならメガスタートの使用の有無が表示されますが、フシギダネ、ピカチュウ、ライチュウ、ピチューという編成ではメガスタートの使用の有無が表示されません。メガストーンを持っていて、メガシンカ枠に特定のポケモンをセットしたにも関わらずメガスタートが出ない場合はそのランキングにおいてメガスタートを使用出来ない設定になっています。

    Qランキングのイベントに挑戦出来ない。
    イベントの参加条件が指定されている場合があります。まずはメインステージの攻略を進めてからご参加ください。


    Qメガスキルアップ最大のポケモンは必須ですか?
    メガスタートを使える状況なら必須ではありません。しかし、メガスタートを使えない場合において最上位を狙う場合は必須になります。メガストーンだけでの報酬狙いの場合は適切なポケモンを使い早めにメガシンカすることが出来ればとくに問題ないでしょう。


    Qパズルポケモン-1を使うと何が消えるの?
    原則第五パズルポケモンに指定されているポケモンが消えます。5枠目はポケモンとは限らず、岩や壊せないブロック等になっていることもあります。4枠しか設定がない場合は4枠目が消えることになります。


    3.編成


    編成例1
    1.メガボスゴドラ
    2.SCサトシゲッコウガ
    3.自由枠
    4.ニョロボン


    編成例2
    1.メガレックウザ
    2.SCサトシゲッコウガ
    3.ニョロボン
    4.シルヴァディorSCミズゴロウ


    編成例3
    1.メガゲンガー
    2.フリーザー
    3.ボルケニオン
    4.ニョロボン

    新人向け

    有効なポケモン

    メガシンカ枠
    メガバンギラス
    メガデンリュウなど


    サポート枠


    4.解説


    編成について解説
    ・メガシンカ枠は?
    メガボスゴドラまたはメガバンギラス。ただし編成に組み方次第ではメガレックウザも使用出来る。

    ・必須枠

    ニョロボン
    ※スキルチェンジをしないままが理想

    ・スコア追加上昇ポケモン
    SCミズゴロウ:ビッグウェーブ
    シルヴァディ:タイプレスコンボ
    SCサトシゲッコウガ:きずなのちから
    カバルドン:さいごのちから
    ガマゲロゲ:さいごのちから
    SCバイバニラ:はじきだす
    ボルケニオン:アップダウン


    ・編成について

    ニョロボンが必須枠ですが、オジャマ中のコンボも出来れば利用したいので、スキルチェンジを使用しせず、ふりはらう+の方が望ましいです。有用なビッグウェーブを強化したい場合は先にランキングだけ受けることを推奨します。今回上方修正によりビッグウェーブが強化され1.5倍から2倍になりました。コンボスキルとしてはタイプレスコンボとビッグウェーブがありますが、ミズゴロウを強化済みを所持しているならビッグウェーブの方がいいでしょう。タイプレスはロマンはありますが、ブレ幅が大きいので、一回しかランキング受けない場合は使わない方がいいでしょう。

    その他ふりはらう++のSCマナフィや、ボルケニオンのアップダウン、SCサトシゲッコウガのきずなのちからがオススメです。



    ・新人向けガイドライン
    ニョロボンを捕獲してメガゲンガー軸(メガデンリュウ軸)に残りおまかせで1回のみ挑む。
    ランキングでは必要はないが、石だけでは全く使えないのでバクーダも必ずゲットすること。

    攻略について解説
    メガボスゴドラでコンボを誘発させてコンボさせるか、メガレックウザで運任せでコンボさせるかのいずれかで攻略する。オジャマカウントがないときは2コンボ以上しかないときに



    ・攻略のヒントを紹介(更新)
    ニョロボンにスキルチェンジを使った場合はメガボスゴドラ軸を使うか、ドンメルを手持ちにいれると良い。


    ・攻略動画(スマホ版)

    一応イベント終了ギリギリだけどあげてみた。



    5.報酬一覧


    ・3DS版

    1位~300位
    バクーダナイト
    MSU0×5、MLU0×15
    301位~1000位
    バクーダナイト
    MSU0×4、MLU0×10
    1001位~2500位
    バクーダナイト
    MSU0×4、MLU0×6
    2501位~4000位

    バクーダナイト
    MSU0×3、MLU0×4
    4001位~8000位

    バクーダナイト
    MSU0×3、MLU0×2
    8001位~14000位
    バクーダナイト
    MSU0×2、MLU0×1
    14001位~20000位

    バクーダナイト
    MSU0×1、MLU0×1
    20001位~30000位
    バクーダナイト
    MSU0×1、メガスタート×1
    30001位~40000位
    バクーダナイト
    手数+5、メガスタート×1
    40001位~50000位
    バクーダナイト
    手数+5、パワーアップ×1、3000コイン
    50001位~65000位
    パワーアップ×1、3000コイン
    65001位~
    3000コイン

    ・スマホ版
    1位~600位
    バクーダナイト
    MSU0×5、MLU0×15
    601位~2000位
    バクーダナイト
    MSU0×4、MLU0×10
    2001位~5000位
    バクーダナイト
    MSU0×4、MLU0×6
    5001位~8000位

    バクーダナイト
    MSU0×3、MLU0×4
    8001位~16000位

    バクーダナイト
    MSU0×3、MLU0×2
    16001位~28000位
    バクーダナイト
    MSU0×2、MLU0×1
    28001位~40000位

    バクーダナイト
    MSU0×1、MLU0×1
    40001位~60000位
    バクーダナイト
    MSU0×1、メガスタート×1
    60001位~80000位

    バクーダナイト
    手数+5、メガスタート×1
    80001位~100000位
    バクーダナイト
    手数+5、パワーアップ×1、3000コイン
    100001位~130000位
    パワーアップ×1、3000コイン
    130001位~
    3000コイン

    すでに報酬のメガストーンを所持している場合はレベルアップ×1が代わりにもらえます。


    注意
    ランキングステージで改造やチートなどを利用する行為はBAN対象になります。公式は禁止している上に、イベントを楽しみにしている他プレイヤーに迷惑がかかる行為なので絶対しないでください。


       


    1.前置き

    ポケモンサファリ

    以前まではこのイベントに限り、4匹ステージ構成だったのですが、3匹ステージ化して追加の新規ポケモンを加えて開催されます。

    4匹ステージから3匹ステージ構成になったことにより、再登場のポケモンのHPは増加、手数は以前よりも少なくなっています。捕獲率に関しては前と同じぐらいか少し下げられたりしているポケモンもいます。中には従来の初期配置とは異なる配置をとっているものもあるので注意。

    開催期間:1週間まで

    2.相手ポケモン

    カバルドン(♀)
    別記事を参照
    出現率:10%

    ヒポポタス(♀)
    ヒポ雌
    HP:7120
    弱点:草、水、氷
    手数:8
    妨害1:2箇所を岩、2箇所をヒポポタス雌に変える(横型)[2]
    妨害2:4箇所を岩ブロックに変える[2]

    捕獲率
    出現率:20%
    攻略解説

    配置



    ヤヤコマ
    ヤヤコマタイトル
    HP:6380

    弱点:電気、岩、氷
    手数:8
    開幕:4箇所をヤヤコマに変える
    妨害1:4箇所を自身の手持ちに入れてるポケモンに変える[2]
    妨害2:4箇所をヤヤコマに変える[2]

    捕獲率:15+3n
    出現率:20%
    攻略解説

    連鎖させるだけ


    ヒノヤコマ
    ヒノヤコマタイトル
    HP:4240

    弱点:水、地面、岩
    手数:12
    環境:固定落下式[岩、ヒノヤコマ、壊せないブロック、コイン]
    妨害1:3箇所をヒノヤコマに変える[3]
    妨害2:4箇所を自身の手持ちに入れてるポケモンに変える[3]

    捕獲率:20+3n
    出現率:6.67%
    攻略解説

    第五パズルポケモンになっていたフシギダネはなくなったが、画面外配置のブロックやコインなどは従来通りあるので注意。とくに対策がとれていない場合は相手が繰り出してくるヒノヤコマをマッチングさせていれかえ++等のスキルでオジャマは対処しよう。

    ブロックくずし+等のスキル持ちを手持ちに入れている場合はそのスキルを持つポケモンをマッチングしてオジャマを対策しよう。



    ドンメル
    ドンメルタイトル
    HP:12560

    弱点:水、草、氷
    手数:8
    開幕:10箇所を岩ブロック(Fig.1)に変えたあとさらに3箇所を岩ブロックに変える
    妨害:10箇所を岩ブロック(Fig.1)に変えたあとさらに3箇所を岩ブロックに変える[5]

    捕獲率:6+2n
    出現率:16.67%
    攻略解説

    結構多めの岩ブロックを繰り出してくるが、3匹ステージなのでどうとにでもなる。
    手数が少ないので短期決戦でなるべく倒したい。


    ドンメルオジャマ
    Fig.1ドンメルのオジャマ例(岩ブロック10箇所)





    ダンゴロ
    ダンゴロタイトル
    HP:5880

    弱点:水、草、地面、格闘
    手数:10
    妨害:1箇所を壊せないブロックに変え、Fig.3のようなオジャマ[3]
    捕獲率:9+2n
    出現率:16.67%

    ダンゴロ配置
    ダンゴロの初期配置

    攻略解説


    ダンゴロオジャマ
    Fig.3:ダンゴロのオジャマ
    ※ただし位置は固定ではない。


    ガントル
    ガントルタイトル
    HP:7660

    弱点:水、草、地面、格闘
    手数:15
    環境:とくになし
    開幕:中央4箇所を壊せないブロックに変え、3箇所を岩ブロックに変える
    妨害:中央4箇所を壊せないブロックに変え、3箇所を岩ブロックに変える[5]
    捕獲率:20+2n
    出現率:6.67%

    岩ブロックが主体なので適当に消して連鎖させるだけでOK
    壊せないブロックだけ気を付ければいい。


    ギガイアス
    ギガイアスタイトル
    HP:6720

    弱点:水、草、地面、格闘
    手数:9
    環境:とくになし
    妨害1:一列目か六列目以外の場所に縦2×横4の壊せないブロックに変える[3]
    妨害2:一列目か六列目以外の場所に縦4×横2の岩ブロックに変える[3]

    ※妨害1の後に妨害2を交互に使う
    捕獲率:23+3n
    出現率:3.33%

    再開催によって難易度が調整され少し攻略しやすくはなりました。
    第五パズルであったニャースがなくなった代わりに手数などの変更や初期配置が変化しています。
    オジャマに対してはとくに変化していないのでしっかりブロックくずし+等で対策しましょう。

    配置

    3.編成

    編成例1
    1.メガスピアー
    2.SCスイクン
    3.シルヴァディ

    編成例2
    1.メガギャラドス
    2.SCスイクン

    3.シルヴァディ



    編成例3
    1.メガゲンガー
    2.SCスイクン
    3.カメックス

    新人向け


    オススメのポケモン
    メガシンカ枠
    メガゲンガー
    メガスピアー
    メガギャラドス


    サポート枠
    SCスイクン:ブロックくずし+


    壊せないブロックを使ってくるポケモンが多く、かつ全体的に水タイプに弱いポケモンが多いため、SCスイクンの使用がオススメです。

    すでに他のポケモンを捕獲していた場合はそれに対応するポケモンのタイプを入れても構いません。

     


    1.前置き


    ポケモンサファリのレア枠の攻略です。
    一応でにくいポケモンですが、輝きのエフェクトは発生しないので注意。
    それでも絶望的に低い訳ではないので捕獲率低そうだったらスーパーボール投げないでもう一度やってもいいかもしれない。

    カバルドン雌の能力
    初期攻撃力60
    タイプ:地面
    スキル:ラストワン


    2.相手ポケモン

    カバルドン雌
    カバ雌
    HP:9600
    手数
    :10
    弱点:水、草、氷
    環境:以下参照
    妨害1:2箇所を岩、2箇所をカバ雌にする(横列型)[3]
    妨害2:4箇所を壊せないブロックに変える[2]
    捕獲率:17+2n

    配置

    初期配置




    3.パーティ編成

    事前に組んだ方がいい編成例

    編成例1
    1.メガスピアー
    2.SCスイクン
    3.シルヴァディ

    編成例2
    1.メガゲンガー
    2.カメックス
    3.SCスイクン


    編成例3
    1.メガギャラドス
    2.SCスイクン
    3.シルヴァディ



    有効なポケモン

    メガシンカ枠
    メガスピアー
    メガギャラドス
    メガゲンガー

    サポート枠候補
    シルヴァディ
    スイクン
    フリーザー


    4.解説

    1.編成についての解説

    メガシンカ枠はメガスピアー、メガギャラドス、メガゲンガーのいずれか。
    サポート枠はサファリを全て未捕獲状態なら水タイプのポケモンがオススメです。
    メガゲンガー軸の場合はSCスイクンなどいれて壊せないブロックを対策しておきましょう。

    メガスピアーやメガギャラドスなどを用いる場合はオジャマ対策はそこまで必要はないので、高火力のポケモンであればなんでも良いです。3枠目にシルヴァディのタイプレスコンボ使ってもいいですし、普通に2枠弱点2匹でもOKです。


    2.攻略の仕方について解説

    ブロックくずし+等使って適当にコンボさせるだけです。
    タイプレスコンボなどのコンボスキルを用いてるなら最初か2手目など序盤から利用しましょう。





    1.前置き


    ハイパーチャレンジのカプ・レヒレの攻略です。
    今回もアイテム必須レベルのイベントなので十分にコインを用意してから挑戦してください。

    2.相手ポケモン

    カプ・レヒレ
    レヒレ
    HP:49840
    手数
    :19
    弱点:電気、草
    環境:以下参照
    妨害1:バリア化
    妨害2:ブロック化
    捕獲率:15+2n
    空き設定パズルブロック、ミミロル、ピンプク、チラーミィ
    備考オジャマガード使用不可

    配置


    3.パーティ編成


    編成例1
    1.メガバンギラス
    2.シェイミLF
    3.シルヴァディ
    パズル-1使用編成。シェイミの枠をレントラーやサンダーにしても良い。

    編成例2
    1.メガバンギラス
    2.シェイミLF
    3.ぷんぷんピカチュウ
    4.SCレントラー
    パズル-1を使用しない編成軸

    編成例3

    1.メガバンギラス
    2.シェイミLF
    3.ぷんピカorSCレントラー
    4.シルヴァディ

    使いこなせるなら…

    編成例4
    1.メガデンリュウ
    2.SCライコウ
    3.サンダー

    新人用。フルアイテム

    有効なポケモン

    メガシンカ枠
    メガバンギラス
    メガデンリュウ
    メガディアンシー(節約編成のみ)

    サポート枠
    シェイミLF:ねむらせる
    おやすみピカチュウ:ねむらせる
    SCライコウ:バリアけし+
    SCレントラー:+アタック+
    ぷんぷんピカチュウ:スーパーボルト
    ボルトロス霊獣:アップダウン
    エモンガ:アップダウン
    サンダー:4つのちから
    ビリジオン:4つのちから+
    イッシュキャップピカ:バリアはじき
    シンオウキャップピカ:ブロックはじき
    SCメガニウム:ブロックはじき


    4.解説

    1.編成やアイテムの使用についての解説


    ・概要
    まずサポート枠空けのはじき編成は4枠目がブロックに設定されているので使わないこと。

    節約編成のメガスタート&パワーアップ編成。もしくは安定とってメガスタート&パズルポケモン-1を使用する編成。前者は単発スキルが非常に重要で、うまくやらないと手数は残らない。後者はコンボスキルのシルヴァディのタイプレスコンボが非常に利用しやすいので確実に捕獲するなら後者がオススメ。

    フルアイテムさえ使えば今までのカプシリーズと比べて捕獲するチャンスはあるので、サポート枠が充実していない場合はその方法をとると良い。

    ・メガシンカ枠候補

    メガバンギラス、メガデンリュウ
    オジャマガードが使えないので指定消去を使わないのであればメガデンリュウ以外の選択肢があまりない。


    ・サポート枠について

    シェイミLF、サンダー、SCレントラー、ぷんぷんピカチュウなどがオススメ。

    ・メガバンギラスを所持していない人

    編成が充実していない場合はメガデンリュウ軸にSCライコウ、サンダー等のフルアイテムで高い捕獲率で捕獲に挑戦することが出来ます。

    ・節約編成(MS&PW)
    節約編成の場合はメガバンギラス、シェイミLF、ぷんぷんピカチュウ、SCレントラーなどの編成にパワーアップとメガスタートを使用する。(レントラーかぷんピカ抜いてアップダウンのポケモンを入れても良い)シェイミLFのねむらせるはほぼ必須で、超火力タイプの単発スキルを複数回当てて倒します。なおこの編成軸は安定性はパズル-1使用する編成とは異なり大きく落ちます。多くの方がこの方法でチャレンジするような気がしますが、決して簡単にうまくいくとは限らないので、失敗しても自己責任でお願いします。(倒せることは倒せるが、残り手数が多く残るかはプレイヤー次第)コメント欄の報告によればだいたいの人が残り手数10手以下または11か10ぐらいでクリアしてる報告が多いっぽいです。

    ・安定編成(PP-1&MS)
    安定性の高いのはメガバンギラス軸にメガスタートとパズルポケモン-1の使用編成。3匹ステージのメガバンギラス軸が使いこなせるならオススメです。シルヴァディ軸のタイプレスコンボで一気にダメージを与えられます。ねむらせるのシェイミLFについては必須ではないです。あれば遅延もできるから便利だけど中々発動してくれないこともあるのでレントラーとかサンダーでもいいかも。(勿論シェイミ使ってもOK)

    ※注意点
    パズルポケモン-1を使用するときに4枠目を空けないようにすること。4枠目を空けると4匹ステージ化?するかもしれないので注意。なんでもいいので4匹目を埋めてください。

    ※パズルポケモン-1を使用する際のポイント

    シルヴァディ@SL5を所持していて使用する場合はパワーアップはいりません。またやりようによってはシルヴァディ無しの編成軸でもメガバンギラス軸ならパワーアップは過剰なので注意。

    あとメガスピアーを使ってメガスタートを節約するなんて方法もありますが、使い勝手がメガバンギラスと大きく異なる点や、画面を大幅に埋めるオジャマに対してメガスピアーでは対抗しづらく安定性が結構落ちるので、素直にメガスタバンギを使いましょう。(体験談です。詳しくは他のカプの動画見れば分かります)

    メガデンリュウ軸の場合でコンボスキル無しの場合はやや過剰気味ですがパワーアップをさらに加えることで貧弱な編成でも簡単に倒すことが出来ます。


    2.攻略の仕方について解説

    バリアをメガ効果で消して、サポートのスキルのコンボスキルや火力スキルで殴るだけです。
    3匹ステージ化のところは動画化してあるので参考ください。
    メガスタパワワの編成の場合は火力スキル何度も発動させつつ、コンボを出来るかぎり多く稼ぐことを意識してください。



    ・参考(サブロム)
    メガバンギラス、シェイミLF@SL4、シルヴァディLv.8@SL5
    にメガスタート&パズルポケモン-1を使用。
    眠らせるがうまくはいってその後タイプレスコンボ連発。
    残り16手で倒すことが出来ました。
    モンスターボールでは捕獲出来ませんでしたが、スーパーボールでも94%で挑戦することが出来たため、うまくいけば高い捕獲率で挑戦出来ることが分かりました。


    ・攻略動画

    ※音声ノイズは録画環境によるものです。

    メガスタパワーアップ編成でもいけるとは思ったが、過去の失敗の経験則から、どうせスキル不発連発して捕獲出来ずに失敗すると思ったので安定とりました。結果からいうとねむらせるが序盤にガンガン不発していたのでパズル-1使用は正解だったかもしれない。








    いまいちど、仕様を理解出来ない人のために「はじきだす」の効果についての説明のおさらいと、下方修正されるのかどうかの考察や、今後の育成方針をざっくり解説します。


    1.そもそもはじきだすとは?

    ・効果の説明

    まず効果の内容を端的にいうと、相手のポケモンを2匹消してダメージをアップするスキルです。発動率は60%、100%、100%で4マッチ以上かつ盤面に手持ち以外のポケモンが1匹以上いれば確定で発動するスキルです。手持ち以外のポケモンが盤面にいない場合はもちろん4マッチ以上で揃えてもスキルは発動しません。

    ・スキルレベルの強化で高火力スキルとなる

    このスキルは通常なら、ふりはらう系とたいして変わらないスキルですが、スキルレベルを強化すると超強力な高火力スキルになります。必要SPは5,25,40,50で、合計120のスキルパワーでスキルレベル5になります。スキルレベルごとの上昇は攻撃力がアップしていき、それぞれ2,3,4,6,8倍という風に変化していきます。なんと8倍もあるんですね。これはアップダウンの最大倍率である約7倍を超える威力になります。はじきだすに問わず、他の~はじきも同様に必要SP、火力の倍率も同じです。

    ・スキルの真骨頂

    このスキルの強さはこの倍率や説明の上での効果ではなく、とある仕様によって常時発動出来る汎用スキルにあります。

    編成をするうえで、手持ちをわざと4枠目を空けると、自分の編成に入れてないポケモンが混じることがあります。実はこの混じってくる手持ちもはじきだすの対象にすることが出来ます。つまり相手がオジャマでポケモンを出してこなくても、この方法を利用することで、常時発動出来る汎用性スキルになります。これがこの「はじきだす」が注目され、たくさんのユーザーに期待される理由です。

    強すぎるスキルなので、下方修正されるんじゃないか?って声もちらほらあります。その件について私なりの解釈で考察していきます。


    2.はじきだすの運命は?


    ・下方修正はされるのか?

    結論からいうと、攻撃力の倍率については下方修正はないと推測します。実装から注目され始めた時期から大分時間が経ってるという点もありますが、開催されるイベントの動向でどういう環境にしたいかの方針が少しずつですが、見えてきました。

    ・イベントの内容に変化!?
    最近開催(17年9月)されたマッシブーンのイベントでは手持ちを1つ空けると4枠目が他のポケモンに設定されるのではなく、壊せないブロックになります。実装されたマッシブーンは格闘タイプという扱いで実装されたため、SC化したオンバーンのはじきだすを封じる形式のイベントを開催した格好となっているようです。さらに来週以降に開催されるとあるハイパーチャレンジのイベントでは、同じく手持ちを空けると同じように壊せないブロックに変化するようです。

    4マッチでなら確定で発動出来、手持ちを空ければ難しい発動条件も難なくクリアするので、それならば4枠目をブロックにして封じれば「はじきだす」を使いにくく出来ると考えたのでしょう。強スキルであるはじきだすを前提にするとヘビー層しかクリアが難しくなるので、はじきだすの汎用性という部分を仕様による圧力をかけ、帳尻を合わせたと思われます。

    したがって、今後も新規の高難易度ステージでは4枠目をブロックや岩などにしてはじきだすを使いづらくしてくると思います。つまり、はじきだすを弱体化せず、本来の活用を活かせる形をとるという方針をとってると見えるので、スキルの威力部分と仕様変更についての下方修正される可能性は現在のところ少ないと思います。

    ・今後の育成方針について

    はじきだすを使いづらいステージ構成を設計してきた以上、他のはじきも育成する必要性が前よりも一層増しました。いわはじき、ブロックはじき、バリアはじきの3点も高難易度ステージを攻略しやすくしたいなら、弱点が相互に被らない範囲でスキルレベルの育成が必要のようです。

    アップダウンについてですが、例に示した通り、はじきだすの汎用性を潰してくる構成もあるので、その場合には高火力スキルとして出番はまだまだあると思います。

    ライト層は即戦力で使えるアップダウンの強化。アップダウン強化済みがあれば、ハイパーやウルトラのイベントを除いてほぼ攻略は出来ると思います。ヘビー層ははじきだすを強化して今後のイベントに備えるといいでしょう。

    もちろん「はじきだす」の汎用性潰しは全てのイベントで設定してくるとは考えづらいので、使える場面では使えるように今まで通り強化した方がいいと思います。


     

    このページのトップヘ