タグ:ポケとる


    ポケモンの種類が多数増えすぎたので私自身も把握しづらくなってきたので、まとめてみました。
    微課金勢のやりこみ層が、強化してそうなポケモンのリストアップ。それに伴う解説もつけましたので参考ください。

    最終更新日:2017年12月


    1.各スキルの所持しているポケモンのまとめ


    過去にイベントが開催されたことがあり、SP掘りが出来そうなものは赤字。メインステージでSP掘りが出来るものを青字にしました。

    攻撃力については、上限フル開放済みで最大攻撃力を記載しています。


    ・はじきだす
    SCレジギガス[N]:150
    SCオンバーン[飛]:125
    SCフライゴン[地]:116
    SCデオキシスNF[超]:115
    SCコフーライ[虫]:115
    SCレックウザ[龍]:110
    SCギャロップ[炎]:110
    ピカチュウアローラC[電]:105
    SCサワムラー[闘]:105
    SCバイバニラ[氷]:105
    SCオーロット[霊]:105
    SCキルリア[妖]:105
    マシェード[草]:105
    ニャースAF[悪]:105
    オニシズクモ[水]:80
    ハヤシガメ[草]:80

    攻撃力100越えのタイプ
    N,草,炎,電,超,地,虫,飛,龍,妖,悪,霊,氷,闘

    ・いわはじき
    SCカイオーガ[水]:140
    SCフラージェス[妖]:125
    イワパレス[岩]:114
    SCバクフーン[炎]:110
    SCバルジーナ[悪]:110
    ピカチュウホウエンC[電]:105
    SCキノガッサ[草]:105
    バタフリー[虫]:105
    SCムウマージ[霊]:105
    SCユキワラシ[氷]:105
    SCスバメ[飛]:105
    SCゴビット[霊]:100
    モクロー[草]:100

    攻撃力100越えのタイプ
    草,水,炎,電,虫,飛,龍,妖,悪,霊,氷,岩


    ・ブロックはじき
    SCブラックキュレム[龍]:150
    色違いのディアンシー[妖]:130
    SCガチゴラス[岩]:125
    ダグトリオ[地]:120
    SCアリアドス[虫]:115
    SCヨマワル[霊]:115
    アシマリ[水]:115
    バクガメス[炎]:111
    SCシェイミSF[飛]:110
    SCメガニウム[草]:110

    SCカラマネロ[悪]:110
    ピカチュウシンオウC[電]:105
    SCグライガー[地]:105
    SCルージュラ[氷]:105
    SCゴチム[超]:105
    SCカポエラー[闘]:80

    攻撃力100越えのタイプ
    草,水,炎,電,虫,飛,龍,妖,霊,悪,超,氷,岩,地


    ・バリアはじき
    SCホワイトキュレム[龍]:150
    SCグラードン[地]:140
    SCデオキシスDF[超]:135
    SCオオスバメ[飛]:120
    ドヒドイデ[毒]:120
    ニャビー[炎]:115
    SCルナトーン[岩]:111
    SCソルロック[岩]:111
    SCウルガモス[虫]:110
    SCオーダイル[水]:110
    ピカチュウイッシュC[電]:105
    SCフワライド[霊]:105
    色違いのバンギラス[悪]:100
    フリージオ[氷]:90
    メブキジカ夏[草]:80

    攻撃力100越えのタイプ
    水,炎,電,虫,飛,龍,霊,悪,超,岩,地


    2.解説およびピックアップ


    原則イベント掘り系は基本強化すべし。元のスキルが活用が出来るタイプのものだと選択性になる。

    レジギガス、ブラックキュレム、ホワイトキュレムは相性が1つまたはどれもつけないタイプなので、等倍が基本運用になる。ホワイトキュレムは元のふりはらう++が使いやすいスキルなので、選択制。攻撃力10落ちるが等倍枠をグラードンにするのもひとつの手段である。ブラックキュレムのいれかえ++は使い勝手の悪いスキルなのでスキルチェンジを大量に持ってるなら変えて強化してOK


    バリアはじきは相手のオジャマでしか有効化しないので他の枠より強化が優先されづらい。はじきだすは全盛期は手持ち空欄による戦法で常時発動が狙えたが、その戦法を封じるイベントやメインステージが多数増えてきたので注意。しかしはじきだすが解禁される前のステージでは使えることが多い。掘りで役に立つこともあるため覚えておくといい。また、レベルアップステージの序盤では査定が甘く、高速周回のときは便利。反対に終盤では空欄はじきだす戦法を封じているケースが多い。


    弱点が唯一しか突けない地面タイプは強化が欲しくなるタイプ。ゴースト、氷タイプもイベントステージの活用の多さから強化したくなるタイプです。


    反対に岩と虫タイプはタイプ範囲が違うものと被りがちでやや冷遇される面も。しかし虫タイプは多種類あるエスパーのレベルアップステージに抜群とれるので、ゴーストタイプが解禁されるまでの繋ぎとして使うのも有効。もちろん霊が解禁されていても2枚挿しという手も残っているので強化して損はない場合もある。

    一般的に微課金層が強化しそうなものは以下の通り、ゴースト、地面、氷は率先して強化する人が多い傾向にあります。

    カポエラーとオニシズクモは上限開放強化待ち。エキストラステージのポケモンはSP形式のイベント化する可能性があるので様子見で待った方がいい。

    EXではじき系持ちポケモン
    ダグトリオ、ギャロップ、カラマネロ、オンバーン

    EXステージで、SP掘りが未解禁のもの

    ギャロップ、カラマネロ



    ・はじきだす
    SP掘りがあるものから選ぶなら
    レジギガス、レックウザ、オンバーン、ピカチュウアローラC、サワムラー

    イベント掘りがなくても強化したいものは
    フライゴン、バイバニラ、オーロット

    ・いわはじき

    SP掘りがあるものから選ぶなら
    カイオーガ、バクフーン、ピカチュウホウエンC、キノガッサ、バタフリー

    イベント掘りがなくても強化したいものは
    ムウマージ、ユキワラシ


    ・ブロックはじき
    イベントSP掘りがあるものから選ぶなら
    ブラックキュレム、色ディアンシー、ダグトリオ、シェイミSF、メガニウム、バクガメス、ピカチュウシンオウC、アシマリ

    イベントがなくても強化したいものは
    ガチゴラス


    ・バリアはじき
    イベントSP掘りがあるものから選ぶなら
    グラードン、ドヒドイデ、ニャビー、オーダイル、ピカチュウイッシュC、フワライド

    イベントがなくても強化したいものは
    なし




    1.相手ポケモン


    デオキシス(スピードフォルム)
    デオタイトルSF
    HP:17690
    環境
    :第五パズルポケモン[岩ブロック]
    弱点:悪、ゴースト、虫
    制限時間:30
    妨害1:10箇所をバリア化[2]
    妨害2:特定配置に変える[2]
    捕獲率:1+[5n/3]
     
    基本は妨害1オンリー。状況次第で妨害2を使うことが稀にある。

    配置

    初期配置



    配置
    画面外配置


    配置
    デオキシスSFの妨害2の例



    2.編成

    編成例1

    1.メガスピアー
    2.SCフーパ解
    3.ダークライ
    4.ヨノワールorズルズキン

    編成例2
    1.メガディアンシー@SC
    2.SCフーパ解
    3.ダークライ
    4.ヨノワールorズルズキン



    編成例3
    1.メガバンギラス
    2.SCフーパ解
    3.ダークライ
    4.ヨノワールorズルズキン



    3.解説

    ・このステージってどれぐらいヤバいの?
    まず両端に2種類のデオキシスが配置されており、画面外にもずらっと配置されています。視認性も悪いので視野を広げるにはこれらをマッチングさせないといけません。その仕様故に、序盤は中央の2列しか使えないため、サポートポケモンのスキルを使うこと自体困難です。

    これだけでもやばいのに、さらに第五パズルポケモンに岩ブロックを搭載。スキルの発動がノーアイテムでは困難になります。加えて制限時間30秒の短さもあり、HPもそこそこ高めです。

    加えて2手ごとに10箇所もバリアを撃ってきます。無対策でいるとあっという間にバリアに囲まれ、速攻リフレッシュ。両端で消していたデオキシス達も最初からやりなおしという鬼畜仕様です。

    捕獲率も決して高いとはいえず、倒せたからといって捕獲出来るとも限らないというのが恐ろしいですね。これを捕獲出来たこと自体がもはやステータスといえるでしょう。因みに割にはあわないけど、性能も言われるほど悪くはないっていうのがもどかしいです。


    ・編成について
    メガシンカ枠はほぼ一手でメガシンカ出来ないポケモンは厳しいです。
    メガスタートを使わないならメガスピアーまたはメガディアンシー(SC済み)がオススメ。

    メガスタートを使うなら色違いのメガバンギラス、メガバンギラスなど。
    ただしメガ枠が降ってこないで中央の上側をバリアで塞がれると即効で詰んでしまうので、アイテム使う場合は注意してください。

    サポート枠はSCフーパ解のタイプレスコンボはほぼ必須で固定。押しきれなかったときの保険としてさいごのちからも欲しいのでヨノワール(ズルズキン)もなるべく入れたい。残り1枠は視認性が良ければなんでもいいです。ダークライとかが良いかもしれません。

    アイテムについては、制限時間制がかなり得意でもない限り、ほぼ必須級です。
    ノーアイテムでやる場合はメガディアンシーまたはメガスピアーで上側をバリア貼られないように祈りつつプレイするかぐらい。


    ・攻略について解説

    フルアイテムの場合
    フーパ解がマッチング出来るまでとにかく中央をまわす。タイプレスコンボが発動出来たら左右両端をひたすら交互にマッチングさせて盤面を整理します。(端側だけのピースでマッチングさせます。左だったら左にあるピースだけでマッチングさせる)
    整理できたら、あとは素早くコンボを続けて倒します。もしも、もたもたして倒せそうにない場合はさいごのちからを使って倒します。あと一歩のところでゲームオーバーになった場合、さいごのちからが4マッチ以上で発動し、残り時間が9~7秒以内に倒せる自信があるなら、ホウセキコンティニューを使ってコンティニューして倒します。

    ノーアイテムの場合
    メガシンカをとにかくはやめにすること。両端は余裕がない限りは、基本無視する。メガシンカポケモンのピースを常に盤面に残しつつ両端を素早く消します。中央を塞がれるとあっという間に詰むので両端のどちらかを集中してマッチングさせ、自分の手持ちが降ってくるような体制をつくります。中央が塞がれたら打つ手無しなので、諦めるか、意味もなく素早く動かして何度もオジャマを使わせてリフレッシュさせてください。

    オジャマガードと制限時間+10を使う場合
    タイプレスコンボを初手で発動出来るようにし、両端をそれぞれ端側だけのピースを使ってマッチングさせます。盤面が整理できたら素早くコンボさせます。もし残り10秒ほどで全然削りきれていない場合はコンボを切って最後の力を複数回発動。あと一歩のところでかつ、さいごのちからが発動し、残り時間が9~7秒以内に倒せる自信があるなら、ホウセキコンティニューを使ってコンティニューして倒します。コンティニューを使った場合はリセットせずひたすらスーパーボールを投げ続けてください。



    ・捕獲時の能力について

    デオキシス(スピードフォルム)
    初期攻撃力:80
    能力:スリーフォース
    上限開放:あり

    スキルチェンジ使用時:ライトニング


    使えるか使えないかでいったら、そこそこ使えます。
    ただ難易度の割に持っている能力が強いかで言われると、割にあわないです

    どうしてもアイテム使ってもクリア出来そうにない場合は見なかったことにしてスルーするのも一考でしょう。

    スリーフォースも悪くはないのだけれど、ライトニングが個人的には使える印象。
    スキルパワー無しで中程度の確率で相手をまひさせるもので、ゆさぶる互換のスキルとなります。

    メガミュウツーYのサポートで使えそうなスキルで、まひが効く、VS格闘ではかなり役に立つと思います。欠点は、他のデオキシスのフォルムと混成しづらいことです。とくにサイココンボ(タイプレスコンボ)と組みづらいのがやや痛い。見づらいけどじっくりステージを攻略するっていうならありですね。

    ライトニングはスキルレベルによる影響は追加の単発ダメージ倍率のもので、発動率だけでみた場合はSL1でも良いところです。故によくあるエキストラがSP掘りになるイベント化するのを待つ必要がなく、スキルチェンジさえ使えば即戦力で使えます。

    まひさせるなどの他のスキルの比較では以下の通り

    まひさせるSL5:25%/45%/95%
    実質3ターン遅延

    アグノムが持つスキルのひとつ(SP掘りがイベントであり/高ドロップ率のときもあった)

    ライトニング:40%/70%/90%
    実質2ターン遅延


    4マッチの発動率が高いのが最大の利点で、遅延が長いとは言えませんが、1ターンでも自由にスキルが発動出来るタイミングがある状況なら十分といえるでしょう。アグノムと一緒に使ってもいいですし、単独で使ってもいいと思います。



    1.前置き


    スーパーチャレンジにハリマロン~ウィンク~が登場。
    この機会にぜひゲットしよう。


    2.相手ポケモン

    ハリマロン~ウィンク~

    HP:4000前後
    環境
    :固定配置落下式[ハリマロン、ハリマロンウィンク]
    手数:15
    弱点:氷、毒、炎、飛行、虫
    妨害1:中央と左右どちらかの上端をハリマロンとハリマロン瞬に変える[3]
    妨害2:3箇所をハリマロンに変える[2]
    捕獲率:7+2n
    空欄設定パズル


    配置

    初期配置



    3.パーティ編成


    編成例1
    1.メガスピアー
    2.ウォーグル
    3.ルギア
    4.SCオンバーン

    編成例2

    1.メガバシャーモ
    2.SCホウオウ
    3.ウィンクヒノアラシ

    4.SCエンブオー



    編成例3
    1.メガタブンネ
    2.ハッサム
    3.ストライク
    4.ヘラクロス
    新人用



    有効なポケモン

    メガシンカ枠
    メガスピアー
    メガタブンネ
    メガバシャーモ


    サポート枠のオススメ
    SCオンバーン

    4.解説

    1.編成やアイテムの使用についての解説


    ・やりこみ層向け(ノーアイテム)
    メガスピアー軸に等倍以上のはじきだすや、単発火力スキル系を入れる。
    空欄空けも相手がはじきだせるオジャマを繰り出してくるので必要ありません。
    オンバーンを強化済みでない場合はメガバシャーモ軸にふりはらう+系持ちをいれるとか、他の編成軸にふりはらう+もちいれていれば勝てます。


    ・新人用
    メガタブンネ軸におまかせ。ノーアイテムで可。



    2.攻略の仕方について解説

    左右の縦に並んでるハリマロンを2回揃え、オジャマは一番中央をマッチングさせて消します。
    以降は適当にコンボさせて倒すだけです。







    【670】色違いのゼルネアス
    HP:26950
    手数
    :25
    環境:第五パズルポケモン[色違いのゼルネアス]
    妨害1:縦1列のうちブロック5、色ゼルネアス1に変える[3]
    妨害2:斜めに色ゼルネアスとブロック。右下に色ゼルネとブロックにする[3]
    妨害3
    斜めに色ゼルネアスとブロック。左下に色ゼルネとブロックにする[3]
    妨害4:上段を色イベルと色ゼルネ、多数のブロックで埋める[3]
    捕獲率:9+3n
    デフォルト空欄設定:ブロック、岩、トゲピー、ピチュー

    配置

    画面外配置に多数の壊せないブロックと色ゼルネアスがあるので注意。


    ・解説

    色違いのイベルタルとは違ってHPは比較的マシな設定になっており、強力なポケモンが揃っている前提ではあるが、運次第で、ノーアイテムでも攻略出来る。捕獲はあらかじめしておき、Sランクは後でとるという方法をとっていい。もちろん何度もやるのが面倒という方は、捕獲もSランク取るのと同時でもOK



    ・捕獲だけでいい場合(case.No Item)

    編成例1
    1.メガボスゴドラ
    2.ジラーチ
    3.SCクチート
    4.SCウツロイド

    編成例2
    1.メガスピアー
    2.SCクチート
    3.SCウツロイド
    4.SCレジギガス

    単発火力スキルとしてはSCクチート、SCウツロイドあたりが候補。
    さいごのちからのスカタンクなども有効だと思われるがSPの浪費も大きいので一般的には上記2匹が妥当なところだろう。

    SCレジギガスやSCオンバーンなどの等倍はじきだすでダメージソースを稼ぐ戦法も勿論有効ではあるが、コンボに乗ったときのダメージが弱くなる点に注意。

    その他メガボスゴドラでコンボを稼げるならシルヴァディのタイプレス使用も有効だ。
    他クロバットのどくのきり、ハロゲンのパワードレインも有効ではあるが、終盤は割合ダメージがあまり通らないので注意。


    ・Sランク狙いの編成

    原則フルアイテム

    編成例3

    1.メガボスゴドラ
    2.SCクチート
    3.ソルガレオ
    4.シルヴァディ
    無難な編成その1

    編成例4
    1.メガボスゴドラ
    2.SCクチート
    3.ウツロイド
    4.シルヴァディ
    無難な編成その2

    編成例5

    1.メガハガネール
    2.SCクチート
    3.ソルガレオ
    4.シルヴァディ

    オジャマガード切り。
    オジャマポケモンピース混じってくるので推奨はしません。
    冒険したい方はどうぞ。


    ・参考
    メガボスゴドラ、SCウツロイド、SCクチート、シルヴァディ
    フルアイテム。残り手数19でクリア
    単発スキル発動はなし。
    捕獲しないといけないこともあって、そこまで難しくなくてよかったです。


    ・色違いのゼルネアス

    フェアリータイプ
    初期攻撃力:80
    ハイパードレイン

    珍しく強能力なので、捕獲推奨。






    2017年12月開催のクリスマス日替わりのまとめです。
    過去のイベントの内容をそのままコピペしてきただけなので、差異があった場合はその都度修正予定です。

    因みにクリスマスユキカブリは工夫の仕方次第でかなり稼げるステージとなります。コインが不足している場合はぜひやっておくといいでしょう。

    開催予定日
    2017/12/12-2017/12/26

    火曜:デリバード(クリスマス)
    水曜:バニプッチ(クリスマス)
    木曜:ユキカブリ(クリスマス)
    金曜:クマシュン(クリスマス)
    月曜:ピカチュウ(クリスマス)

    各プレゼントボックスのドロップ率
    100コイン(50%)/300コイン(12.5%)/2000コイン(3.125%)



    ユキカブリ(クリスマス)
    ユキカブリタイトル
    HP:1000

    弱点:格闘、炎、岩、鋼
    手数:4
    開幕:左上の1箇所をコインに変える
    妨害:?[2]
    捕獲率:14+3n
    攻略解説

    配置


    編成例:メガゲンガー、アマルルガ、ドータクン
    コイン稼ぎ用1:クレベース、ブイゼル、オシャマリ
    コイン稼ぎ用2:オシャマリ、ヨノワール、フクスロー

    手数が少ないので必ず倒す用のポケモンを用意すること。
    メガ枠は高速周回の場合は不要。

    ・構成例
    バリアけし、さいごのちから、さいごのちから
    バリアけし、バリアけし、さいごのちから
    さいごのちから×3

    バリアけし+を用いても良い。高速で周回出来るのでメインニャースより明らかにお得。
    捕獲する場合はさいごのちからを持つヒードランなどがオススメです。

    ・具体的な手順の一例
    ユキカブリコイン
    上記手順後、右側を4マッチして、その後さいごのちから4マッチで倒す。
    毎回900コイン安定して回収出来る。

    ホウセキ割って無限ライフで周回してもイベニャで割るよりも明らかにお得です。
    こんなクリスマスプレゼントは滅多にないので、コインが枯渇している人はぜひやっておきましょう。


    デリバード(クリスマス)
    デリバードタイトル
    HP:5460
    手数
    :10
    弱点:炎、鋼、岩、格闘
    環境:以下参照
    妨害:両端2箇所斜めをそれぞれ岩にする(左上右下)[1]
    妨害:左斜め下に向かって岩[1]
    妨害:8箇所を岩ブロックにする[1] 
    捕獲率:18+3n


    編成例:メガゲンガー、ヒードラン、リザードン
    ※メガタブンネ等でも可

    配置

    デリバードの初期配置(初日)


    ピカチュウ(クリスマス)
    Xピカチュウタイトル
    HP:400

    弱点:地面
    手数:7
    環境:以下参照
    開幕:下の列をピカチュウなどに変える×2
    妨害:初期配置を崩すようにピカチュウなどに変える[1]
    捕獲率:13+13n(実質26%)

    編成例:メガゲンガー、カラカラ、マッギョ、
    編成例:メガスピアー、ランドロス霊獣、バンバドロ




    ピカチュウクリスマス
    初期配置例
    実際は下2列はピカチュウではなく壊せないブロックになっており開幕によって変化し、最終的に上記のような初期配置になります。


    ピカチュウクリスマス2
    下のピカチュウを入れ替えてマッチングすればオジャマによって初期配置が綺麗に崩れて勝手に連鎖し倒してくれます。スキルとかはとくに関係ないのでどちらから入れ替えても構いません。





    バニプッチ(クリスマス)
    バニプッチタイトル
    HP:3045

    弱点:格闘、他多数
    手数:7
    環境:以下参照
    妨害:3箇所をバリア化[3]
    捕獲率:12+2n
    攻略解説

    編成例:メガゲンガー、アマルルガ、ドータクン、キュウコンorヒードラン

    配置



    クマシュン(クリスマス)
    クマシュンタイトル
    HP:3045

    弱点:格闘、他多数
    手数:7
    環境:以下参照
    妨害:[3]
    捕獲率:12+4n
    攻略解説

    編成例:メガゲンガー、アマルルガ、ドータクン、キュウコンorヒードラン


    配置





    このページのトップヘ