カテゴリ: ポケとる


    1.前置き


    ポケモンサファリのレア枠の攻略です。
    今回も最上級のレア枠は別記事にしてみました。

    2.相手ポケモン

    マナフィ~ウィンク~
    2222

    HP:4334
    手数
    :6
    弱点:電気、草
    環境:以下参照
    妨害1:9箇所を岩にする(固定)[2]
    妨害2:3箇所をランダムで岩にする[2]
    捕獲率:26+3n


    ウィンク配置

    初期配置


    3.パーティ編成


    事前に組んだ方がいい編成例

    編成例1
    1.メガスピアー
    2.キノガッサ
    3.ビリジオンorウィンクライチュウ等


    編成例2
    1.メガゲンガー
    2.キノガッサ
    3.ウィンクライチュウ


    編成例3
    1.メガゲンガー
    2.ジュカイン
    3.ドレディア
    新人向け。やや厳しめ。ホウセキコンティニューの可能性はある


    有効なポケモン

    メガシンカ枠
    メガゲンガー
    メガスピアー


    サポート枠候補
    キノガッサ:いわをけす++
    ビリジオン:4つのちから+
    ドレディア:ねむらせる
    シェイミLF:ねむらせる

    ・このポケモン一点絞り
    SCエモンガ:アップダウン
    ぷんぷんピカチュウ:スーパーボルト
    ウィンクライチュウ:いわをけす+
    マルマイン:いわをけす++



    4.解説

    1.編成についての解説

    メガスピアーまたはいわをけす+等のスキル持ちがあれば初期配置含めてどうにかなるが、ない場合はかなり厳しめ。

    メガシンカ枠はメガスピアーまたはメガゲンガーがオススメです。
    他のポケモンのドロップグッズを狙う場合は草タイプを一体手持ちに加えるといいでしょう。

    岩が大量に初期配置として含まれるため「いわをけす++」を持つキノガッサがとくにオススメです。
    1枠はさらにいわをけす+を入れるか、ダメージアップ要員を増やすか、なめプだけど経験値稼ぎに草タイプのポケモンを混ぜてレベリングしながら掘るかのいずれかをとるといいでしょう。

    初心者の場合は少々厳しめですが、ねむらせるを持つドレディアを手持ちにいれてワンチャンかけるといいかもしれません。


    2.攻略の仕方について解説

    初手はウィンクマナフィ付近の岩を消して4マッチ出来るようにする。その後2手目以降にウィンクマナフィ揃えていわをけす++を発動させて岩を5つほど消してもらいます。その後はサポート枠のメガスピアーの効果で消したり、いわをけす+等のスキルで対処しましょう。

    もしメガスピアーがなくメガゲンガー軸でやる場合はいわをけす+等のスキルでいわを消したり、それすらない場合はドレディアで寝かせて早めにメガシンカして倒しましょう。

    【参考】

    ウィンクマナ


    31ライフ消費で出ました。編成は情報なしだったのでメガゲンガー、SCライコウ、ゼクロムでした。おそらくレア枠だと思うので根気強くやりましょう。









    1.前置き


    スーパーチャレンジにモロバレルが登場。
    草タイプなので弱点は多くてやや倒しやすいぞ。
    倒せない場合はアイテムのパワーアップなどを使おう。

    2.相手ポケモン

    モロバレル
    モロバレルタイトル
    HP:10704
    手数
    :12
    弱点:毒、飛行、炎、虫、氷
    妨害1:(2箇所岩、1箇所モロバレル)×2にする(縦列型)[2]
    妨害2:上側を岩などにする[2]
    捕獲率:13+4n

    配置
    初期配置


    配置配置

    オジャマ一覧


    3.パーティ編成


    編成例1
    1.メガスピアー
    2.フリーザー
    3.SCエンブオー
    4.ルギア

    編成例2

    1.メガレックウザorメガゲンガー
    2.フリーザー
    3.ユキワラシ
    4.ルギア
    ユキワラシの凍らせるを当てる運ゲ編成軸

    編成例3
    1.メガリザードンY
    2.SCヒトカゲorブースター等
    3.SCエンブオー
    4.SCホウオウ


    編成例4
    1.メガリザードンY
    2.オニゴーリ
    3.ストライク
    4.ハッサム
    新人向け編成
    パワーアップ+メガスタートを使用


    有効なポケモン

    メガシンカ枠
    メガゲンガー
    メガスピアー
    メガリザードンY
    メガオニゴーリ


    4.解説

    1.編成やアイテムの使用についての解説

    オススメのメガシンカ枠はメガスピアー、メガリザードンYなどがオススメ。
    早めにメガシンカ出来るメガスピアーが最適ですが、持っていない場合はメガゲンガーやメガリザードンY等で攻略しましょう。

    サポート枠は単発で威力を高める「アップダウン」を持つSCエンブオーがオススメです。
    他はふりはらう+のルギアとか動きを止める意味でこおらせるを持つユキワラシやバイバニラ、ショックこうげきを持つSCゴウカザル、さむけをもつオニゴーリなどもいいでしょう。

    戦力があまり整っていない場合はメガリザードンYをメガシンカ枠にして残り3匹を弱点とし、メガスタートとパワーアップを使えば簡単に倒せると思います。

    メガリザードンY軸の編成は上記に示してあるのでご参考ください。SCヒトカゲがあるとなお良いと思いますが、他のメガパワーポケモンでもギリいけると思います。
    ふりはらう+とかいわをけす+入りの編成は試してみましたが、単発の威力を高められず全然HPを削ってくれなかったのでSCエンブオーやフリーザーなどのポケモンがほぼ必須でしょう。メガスピアー持ってない人はご検討ください。


    2.攻略の仕方について解説

    メガスピアー軸の場合は速攻でメガシンカして初期配置を消しつつアップダウン等でダメージを稼ぐ。メガスピアーで処理が足りない場合はたまにルギアのふりはらう+を使えばおk

    メガリザードンY軸の場合はメガパワー持ちやリザードンを多く消すなどしてなるべく早めにメガシンカ。メガシンカ後はメガシンカ効果でオジャマを除去しつつおくりびやアップダウン等でダメージを稼ごう。

    アイテム使ったメガリザードンY軸の場合は思考停止でメガリザードンYを消し続ければおkです。

    【参考】
    私はメガスピアー軸はみんな使ってそうなので、ノーアイテムのメガリザY軸(メガリザY、SCホウオウ、SCエンブオー、SCヒトカゲ)使ってやってみました。
    結果は残り手数4でクリア出来ました。





    1.前置き


    レベルアップステージで登場していたクレセリアが、スーパーチャレンジで登場
    エスパータイプの強力なポケモンなのでぜひゲットしよう。
    捕獲後に挑戦して倒すとクレセリアのスキルパワーを落とすことがあるよ。

    2.相手ポケモン

    クレセリア
    クレセリアタイトル
    HP:11823
    手数
    :13
    弱点:悪、虫、ゴースト
    妨害1:逆L字に壊せないブロックにする(6箇所分)[2]
    妨害2L字に壊せないブロックにする(6箇所分)[3]
    妨害3:斜めにブロックにする[4] 
    捕獲率:10+4n


    配置
    初期配置

    3.パーティ編成


    編成例1
    1.メガスピアーなど
    2.イベルタル
    3.フーパ解
    4.ダークライorサマヨール

    編成例2
    1.メガアブソル
    2.ゾロアーク
    3.レパルダス
    4.ムウマ
    新人向け編成



    有効なポケモン

    メガシンカ枠
    メガゲンガー
    メガスピアー
    色メガギャラドス


    4.解説

    1.編成やアイテムの使用についての解説

    オススメのメガシンカ枠はメガスピアー、メガゲンガー、色メガギャラドス、色違いのメガレックウザ、メガボスゴドラ、メガアブソルなど。

    サポート枠はときはなフーパとSCイベルタルがオススメです。



    2.攻略の仕方について解説


    クレセリアは下に降ろして落ちコン等でマッチングさせて消すか、メガシンカしたときに対処する。
    あとはダークライなどのスキルで寝かせてコンボさせるか、ときはなフーパのアップダウン等でダメージを与えます。


    捕獲する場合はパワーアップやオジャマガードもしくはメガスタートを使うと効果的です。



    1.前置き


    ポケモンサファリで登場していたエムリットが、スーパー一日ワンチャン!で登場
    エスパータイプの強力なポケモンなのでぜひゲットしよう。

    2.相手ポケモン

    エムリット
    エムリットタイトル
    HP:11826
    手数
    :13
    弱点:悪、虫、ゴースト
    妨害1:指定位置をブロックや岩[3]
    妨害2:指定位置をバリア化[3]
    妨害3:指定位置をゾロアークにする[一定コンボ]
    捕獲率:9+[X(day)×2]+2n
    ドロップ率:SP100%、SP25%、MLU12.5%


    配置

    配置
    オジャマの例




    3.パーティ編成


    編成例1
    1.メガスピアーなど
    2.フーパ戒orSCイベルタル
    3.フーパ解
    4.ゾロアーク

    編成例2
    1.メガゲンガー
    2.ゾロアーク
    3.レパルダス
    4.ムウマ
    新人向け編成



    有効なポケモン

    メガシンカ枠
    メガゲンガー
    メガスピアー
    色メガギャラドス


    4.解説

    1.編成やアイテムの使用についての解説

    オススメのメガシンカ枠はメガスピアー、メガゲンガー、色メガギャラドス、色違いのメガレックウザ、メガボスゴドラ、メガアブソルなど。

    サポート枠はときはなフーパ、いましめフーパなどがオススメ。
    オジャマでゾロアークを出してくるので編成にいれると良い。

    捕獲する場合はいましめフーパがない場合はオジャマガードやパワーアップを使用して捕獲する。

    周回する場合はノーアイテムでも一応周回出来ますが、保険として手数+5の使用した方が安全です。

    2.攻略の仕方について解説

    いましめフーパなどのバリアけし+を使って初期配置のバリアを除去。
    その後適当にコンボさせて倒す。ブロックはメガシンカ効果等で対処しよう。







    三犬

    1.各ポケモン考察

    ・ビリジオン
    ビリジオンタイトル
    タイプ[草]
    最大攻撃力[110]
    有効タイプ[水、地面、岩]

    草タイプの数少ない攻撃力加算要員。三闘犬の中で初めてSP掘りのイベントとして登場した。

    有効なタイプのうち岩タイプは、SCカイリキーとランドロス霊獣のアップダウンが揃っているため、とくに制約がなければ、使う機会があまりない。また地面タイプにもボルケニオンのアップダウンや、4つのちから持ちのフリーザーがいるのでこちらもやや厳しめ。水タイプにはマスキッパとエモンガのアップダウン持ちがいるが、こちらはMLUの強化とSLの強化のふたつが必要である点があり、ビリジオンと比較して最大攻撃力にその2匹との差があるので、使うとしたら水タイプで活躍する機会がありそう。水タイプといえばボルケニオンのレベルアップステージが開催されたことがあるので今後も出番は約束されたようなものでしょう。

    しかし地面タイプと岩タイプで全く出番がないというと、そうではなく、ビリジオンは草タイプという点が優秀です。

    草タイプということは、同タイプ増殖効果持ちのメガジュカインのタイプ適応範囲内ということで、メガジュカインと組んで使用することが可能です。草タイプにはせいぜいライバルはマスキッパのアップダウン(だんけつ)ぐらいしか現在いないのでメガジュカイン軸での運用ではかなり出番がありそうです。


    ・コバルオン
    コバルオンSPタイトル
    タイプ[鋼]
    最大攻撃力[110]
    有効タイプ[岩、氷、フェアリー]


    鋼タイプにはライバルが結構多いが、一応攻撃力加算要員。三闘犬の中で二番目にSP掘りのイベントとして登場した。

    氷と岩に対しては、それぞれ氷ならSCカイリキー、SCエンブオーのアップダウン。岩に対しては霊ランドとボルケニオン、SCカイリキーなどのアップダウンが多数存在するので中々使う機会は少なそうです。

    しかし唯一フェアリーだけは、ライバルとしてSCクチート、SCヒトツキがいますが、どれもMLUの強化が最大10必要な点(最低でも5はいる)とハードルが高いが、こちらは、MLUが最大5で完成出来る上に掘りイベントが過去に開催されたので、ハードルが他2匹比べると低いのでとても使いやすそうです。

    フェアリータイプには、過去にディアンシーのレベルアップステージが開催されたことがあるので、このポケモンを事前に強化していれば同イベントでかなり役に立つと思います。


    ・テラキオン 
    テラキオンタイトル
    タイプ[岩]
    最大攻撃力[110]
    有効タイプ[炎、虫、飛行、氷]

    3匹の中で最も有効範囲が大きいが、ライバルが多いのが難点。炎タイプは霊ランド、ボルケニオンなどのアップダウン。氷タイプはコバルオンのところで話した通りSCカイリキーなどがいる。虫はおくりび編成があるのと、SCエンブオーのアップダウンや、スカイコンボ編成軸などライバルが多い。飛行タイプはフリーザーの4つのちからやエモンガのアップダウンなどがある。

    つまり有効タイプ範囲が広いといってもほぼ全部のタイプにライバルポケモンが多数存在していて使う場面が少ないのである。まぁエモンガを抜きに考えればフリーザーぐらいしか飛行タイプではライバルが少なそうなので本格的に出すならここらへんあたりだろうか。

    また、テラキオンと同じ岩タイプにはヨーギラスのアップダウンがいるが、タイプの特性からこのポケモンを育てる優先度が低いので気にすることはあまりないかと思われる。


    2.4つのちから+とアップダウンの違い

    アップダウンは知っての通り最大倍率が7.5倍となるため、理論値では4つのちからや4つのちから+に比べて倍率が高く与えるダメージも大きい。しかし、倍率の幅はランダムで変わり、上がることもあれば下がることもある。また4マッチ以下は、確定でスキルが発動する訳ではないという欠点もある。

    4つのちから+は4マッチでのみスキルの発動条件を満たし、発動確率が80%。ダメージの倍率は下がることなく固定されており、SL1では3倍、SL5では4.5倍の倍率となる。

    アップダウンの4マッチでの発動率は70%であることに対して4つのちから+では4マッチの発動率が80%なので10%の差で4つのちから+の方が大きい。しかもダメージの振幅はなく、最高ダメージこそアップダウンに負けているが、ダメージの倍率は下がることなく安定しているという特徴がある。

    しかし4つのちから+は3マッチや5マッチでは発動出来ないが、アップダウンはどのマッチでも発動出来る。そう考えると一概に安定しているとはいえ、アップダウンより強いかといわれると微妙なところである。

    発動条件を考えれば4つのちから+は第五パズルが含まれているステージでは出しづらいが、アップダウンは3マッチでも発動するチャンスがあるのでどの環境でも出していけるのが強みといえる。

    ・育てるときの注意点
    レベルは15にしないと、攻撃力の差で他と差別化しづらいのは勿論のこと。スキルレベルが2程度だとあまり強くはない点も注意。とくに4つのちから持ちとの差別化が難しくなるので、4つのちからと差別化したいなら最低でもSL4以上にする必要があります。この点とくにテラキオンを育成する場合は大きく関わってきます。

    3.適材適所の選択


    アップダウンはスキルの特性からどの場面でも出していけると思います。しかしここぞという時にダメージの倍率を外すと嫌な場合や、5マッチや3マッチは必要はなく、4マッチの発動率を安定性を欲しい場合は4つのちから+を選択すると良いと思います。逆に第五パズルがあるステージでは4マッチは中々厳しいので選出はアップダウンを選択した方が良いかもしれません。


    4.まとめ

    どの3匹も使いどころが難しいですが、強化すればそれになりに使えます。
    強化の優先度としてはビリジオン>>コバルオン>>テラキオンでしょう。

    攻撃力が110族であるので攻撃力がそれ以下のポケモンに対しては完全に下位になるとはいいづらいです。例えばビリジオンとの比較ではエモンガ。コバルオンとの比較ではエアームドなどには、攻撃力の差では負けておらず、コンボを活かすなら、それらのポケモンを使うよりも良い場合もあります。

    ビリジオンはメガジュカイン軸で見れば、ライバルの草タイプが少ないので3体の中では、一番使い道がありそうです。コバルオンはライバルこそ多いですが、フェアリータイプ相手には結構使える場面がありそう。(しかしSCヒトツキ、SCクチートの両方を作ってしまうと出番はなくなりやすい)

    テラキオンはライバルが多すぎるので有効範囲こそ広いですが、結構厳しめ。強いていうなら飛行タイプに繰り出しやすいが、確定で発動出来るフリーザーというライバル向かい風となる。


    ビリジオンとコバルオンはランキングでの使用が必須であったこともあったので強化した人もいるかもしれません。育てたけど結局使わないのはもったいないので使える場面を見極めてしっかり使っていきましょう。





     

    このページのトップヘ