カテゴリ: ポケモンGO


    1.出現するポケモン

    ・共通
    バリヤード、アンノーン、ピカチュウ、メタモン(ピカチュウに化けている)
    アンノーンはYOKHAMのみ。

    アンノーンは出現の偏りがある可能性がある。6種類全部揃わなくてもいいや程度に思った方が気が楽かも。バリヤードはご存知の通りヨーロッパ限定のポケモンなので必ず捕獲すること。

    ・カントーパーク
    ヒトカゲ、ゼニガメ、フシギダネ、カモネギ、コイキング、メノクラゲ、ワンリキー、ラッキー、イーブイ、ピッピ

    場所によってばらつきがあるみたいで、必ずしもラッキーが出まくるという訳ではない。(ラッキーが出やすいスポットはもしかしたらあるかも)しかし1日中こもればラッキーをハピナスに出来るぐらいにはいます。(パイルのみ使用込みで)

    ・ジョウトパーク
    チコリータ、ワニノコ、ヒノアラシ、メリープ、マンタイン、エアームド、オドシシ、ハリーセン、ミルタンク、ヨーギラス、チョンチー、マリル、ブルー


    とくにメリープは結構見かけました。ヨーギラスについては出現することは出現しますが、通常のスポットでは数匹出現する程度です。一日でバンギラスまで持ってくることは難しいと思います。


    ・色違いのポケモン

    共通のピカチュウはおそらくパーク全域で出現する。コイキングについてはカントーのみだと思う。
    ただし、行けば必ず手に入るという訳ではなく、中々出現しないものと思います。初日わたしも行ってみましたが、やはり駄目でした。見つけたらラッキー程度に思った方がいいでしょう。

    ・特別なタマゴも手に入る
    2kmのタマゴで本来は生まれないヨーギラスが特別にGOPARKのストップから手に入ることがある(確定でヨーギラスが出る訳ではない)

    ・エリアが拡大
    9日のときよりもさらに拡大したようです。混雑緩和のための対策みたいです。同じところに固まっても自分の目的のポケモンが揃う訳ではないので、広い範囲に動けるのはいいですね。



    2.GOPARKに来たらやること

    ・図鑑のためにたくさんの種類を捕獲しよう
    どの層がやるかによっても変わりますが、とりあえず出現するポケモンの全捕獲を目指すといいと思います。ただし色違いのポケモンのコンプはかなり難しいので最悪諦めも肝心。アンノーンは根気よくまわるか運がよければ6種類揃いますが、全部揃わなくてもいいや程度にすること。

    ・ハピナスへの進化の強化チャンス
    普段中々手に入らないラッキーを乱獲して、ハピナスにしたりハピナスを強化する飴をゲットするといいでしょう。普段ポケモンGOやらないような人はとりあえずこれをやっておいたほうがいいかも。

    ・御三家の最終進化を手に入れるチャンス

    ボールさえあれば捕獲し放題なので御三家のうち1匹ぐらいは最終進化までもってこれることも可能です。どれか一匹に絞って集中的に捕獲するといいかも。

    ・貴重なメリープをこの手に
    全国で出現する場所が限られるメリープを大量に捕獲出来るチャンスがあります。デンリュウに一日で進化することも理論上可能ですが、かなりの数捕獲しないといけないので注意。一般の人は最低でも2進化目のモココまで進化出来る程度には捕獲するといいかも。

    ・ヨーロッパ限定のバリヤードが乱獲し放題

    バリヤードは日本では捕獲出来ないポケモンです。環境握るほどのポケモンではないですが、大量に出現するので強化するのも良し、数匹程度捕獲するのも良しです。他のポケモンも捕獲したいでしょうから、各自でどれぐらい採るか考えておきましょう。

    ・全部捕獲しようとはしない
    ボールが無限にある訳ではないし、制限時間が無限にある訳でもないので、進化するために必要な数がいるコイキングは除いて普段出現が多いポケモンは無視した方がいい。

    カントーでいうなら、メノクラゲ、ピッピ、イーブイ(シャワーズを強化したいなら別)、自分の住んでる地域でよく出る御三家。ジョウトでいったら、チョンチー、マリルなど。

    また出現する全てのポケモンを最終進化までもってくるレベルまで捕獲することは時間が足りないので、目的を絞ること。(ヒトカゲとラッキーを進化させるまではしたい。シャワーズやコイキングは別にいいやとかなどの目的を絞る)

    また進化がないようなミルタンクやマンタインなどは1匹程度捕獲すれば十分。(厳選するなら別)

    ・オススメの乱獲のまとめ
    メリープ、ラッキーあたりはとくにオススメ。ヨーギラスは見かけたら必ず捕獲する程度でいい(それ目的で他を無視してあちこち徘徊するだけなのはNG)

    ワンリキーも出現がメリープほどでないにしても限られているのでカイリキーがどうしても欲しいなら捕まえてもいいかも。(しかし最終進化のカイリキーは全国のレイドバトルでも手に入る。田舎なら話は別)

    あと地域によってばらつきのある御三家の強化ですね。ただしこれは1体か2体に絞ったほうがいいでしょう。

    完全趣味の域ですが、バリヤードの強化ももちろん出来るのでほとんど揃えているガチ層な人はこちらをやってみてもいいかも。




    1.ざっくり

    ・名声が廃止され6スロット配置式になり、ポケストップ化する。
    ・ジムポケモンにやる気が実装。きのみの用途が増える。ジムバッヂも実装!
    ・レイドバトルが実装!ジムに大きな卵が出現し、最大20名と同時バトル可。捕獲のチャンスもある。

    2.詳しい詳細&雑感



    新しいジムの変更点

    ・名声システム廃止&6匹配置式に!

    名声システムが廃止され6スロットに同じチームメイトがポケモンを配置する形式に変わります。配置出来るポケモンの種類は重複せず、例えば違う親トレーナーであってもバンギラスを2匹同時に配置することは出来ないようです。バトルするときはこの6匹に配置された順番にバトルすることになります。また、ジムがポケストップ化し、バトル以外にアイテムも回収することが出来るようになります。

    とりあえずカイリューやらバンギラスで埋め尽くされていて他は選択の余地がなかったのが改善されそうですね。



    ・やる気システムが実装
    ジムに配置されているポケモンはやる気を示すやる気のゲージが新たに表示され、時間経過やジムバトルするごとにCPが下がっていき弱体化するようになります。またやる気が0のポケモンがジムバトルで負けるとトレーナーの元に戻るそうです。

    これは結構良システムですね。以前に多少テコ入れはあったもののどうしても廃人でない限りジムバトルに勝てなかったのが、うまく弱体化することが出来れば勝てる可能性もありそう。時間経過以外にもジムバトルするごとにとあるので、捨てポケモンを大量に繰り出して少しずつ弱体化させるという戦法もとれそうです。

    ・きのみの用途が増える!
    きのみを与えることで同じチームに配置されたジムポケモンのやる気を回復させることが出来ます。やる気がなくなると敗北しやすくなるので、少しでもその場所に配置させたポケモンを維持させたい場合はきのみの投与も有効でしょう。


    ・ジムバッヂが実装!
    ジムに訪れてフォトディスクを回転させて道具を入手したり、ジムバトルするごとでそのジム固有の写真が入ったジムバッヂが入手出来るようになります。

    ジムバトルに勝ったり、ジムにいるポケモンにきのみをあげたり、ジムのファトディスクを回転させアイテムを回収したりすると、ジムバッヂのランクが上がります。ジムバッヂのランクが上がると回収出来る道具が増えたり、ジムで得られる報酬が多くなったりします。

    ジムバトルをしなくてもバッヂが入手出来る点は良いですね。ただ思い出バッヂではなく、ランクを上げると良いことがある点も良いと思います。名声が廃止された代わりにジムバッヂがその位置づけとなっているかもしれません。

    レイドバトル!

    ・ボスポケモンがジムに登場!
    もうすぐ世界中のジムで「レイドバトル」が開始。レイドバトルとは仲間と協力して、強力なポケモンとバトルする協力プレイになります。レイドバトルが始まりそうになるとジムに巨大なタマゴがカウントダウンと共に出現し、カウントがゼロになるとボスポケモンが出現します。

    初期のPVにあったやつが一年越しに実装みたいです。正直ブームが去った今頃に実装は遅すぎかなと思いますが、ミュウツーとかファイヤーとかはもしかしたらこのシステムを利用してゲット出来るようにするのかもしれませんね。



    ・レイドバトルの方法とは?
    ジムに出現したボスポケモンとのレイドバトルに参加するにはレイドパスが必要です。無料のレイドパスはジムを回転させて一日一枚入手出来ますが、無料パスの場合は一枚しか所持することが出来ません。複数持つ場合はショップにある「プレミアムレイドパス」を購入すれば複数枚レイドパスと同様の効果を持つパスを所持することが出来ます。レイドパスを使い、レイドバトルに参加すると、最大20名のトレーナーと一緒にボスポケモンへ協力してバトルすることが出来ます。制限時間内にバトルに勝利すると、倒したボスポケモンを捕獲するチャンスを得ることが出来ます。

    集金したいのは分かるけど、無料パス一枚制限は出戻り勢が復帰させるには押しが弱いと思いますね。これではせっかく復帰が出ても定着は出来なさそう。無課金だと一日一回しかレイドバトル出来ないということなので、廃人層でない限り、レイドボスに挑戦すらしない人が多くなるかも。

    あとPVで紹介されたものとは大きく変わってますね。PVでは何百人もの人がミュウツーと戦っている描写がされていましたが、蓋をあけてみたら20人の制限です。大分下火になってるから20人制限でもいいだろうけど、これだとやや盛り下がる感じはします。


    ・レイドバトルで得られる報酬

    ボスポケモンに勝利すると以下のようなここでしか入手出来ない道具を入手することが出来ます。

    きんのズリのみ:使うとポケモンの捕まりやすさがさらに上がります。
    ふしぎなアメ:どんなポケモンのアメにも変えられるアメ
    わざマシンノーマル:ノーマルアタックの技をランダムで覚え直しが出来るアイテム
    わざマシンスペシャル:スペシャルアタックの技をランダムで覚え直しが出来るアイテム


    どうしてこうも廃人向けにしてしまうのか…。これランダム要素のせいで、実質通常ポケモンにはもったいなくて、使ってられないですね。レイドボスから得られるポケモンを強化出来るシステムと考えた方がよさそう。苦労して倒してもたったこれだけって、ランダムじゃなくて好きなやつ選ばせろよ…


    ・雑感
    ジムの仕様変更はまぁおおむね良さそうですね。ジムバッヂがとりあえずくるくる回転させるだけで手に入るのは良い仕様かと。ただレイドボスはどうもエンドコンテンツ向けにしたいのか。廃人向けすぎて一般の人は手が出せないですね。初期のジムバトルのような感じになるかもしれません。正直レイドには期待はあまりしたくないかな。

    因みに詳しい詳細はこちら


    ・レイドボスに向けての準備はある?
    制限時間次第だが、ソロでも恐らく狩れるとは思う。ただし手持ちは充実させる必要がありますね。今までジム用に育ててたポケモン以外にも削り用のポケモンをいくつかさまざまなタイプで質と量を合わせて揃えたほうがいいかもしれません。

    ・レイドボスの起こりであろう問題点

    ワンパン放置が起こる可能性が高そう。ワンパン放置とは一発だけ殴ってあとは参加せず、レイドボスを倒してもらったときに報酬をごっそりいただくっていう行為ですね。人が余り集まらないジムなら20人も集まらないので不快になるだけで多少問題にはならなそうですが、人が多く集まるジム。例えばポケモンセンター周辺とか。この辺になってくると、ちゃんと真面目に参加したい人だけが参加出来なくてワンパン放置勢が参加して枠を埋めるなんてくると問題になってきますね。場合によっては放置勢のせいで倒せるボスが倒せなかったなんてことが起こりそう。まぁそのために無料のレイドパスを制限したと思いますが、課金しまくればまかり通ってしまうので結局何の対策も出来てないですね。

    ここらへん対策講じておかないと復帰勢を定着させることは難しいと思いますね。


     




    ポケモンGOPlus


    ポケモンGOPlusがいよいよ発売されましたね。私もさっそく買ってきました。そこでレビューも含め効率的な使い方を徹底解説したいと思います。


    (1)ポケモンGOPlusの繋げ方

    GOM1
    まず設定画面を開き、Pokemon GO Plusをタッチします。


    GOM2
    次にポケモンGOPlus本体の真ん中のボタンを押してください。するとアプリの方でポケモンGOPlusのアイコンが出現します。それをタッチすればポケモンGO本体アプリとPlusがペアリングされます。

    ・ペアリングを解除する場合
    ペアリングのしたときの画面と同じ画面でアイコンにもう一度タッチすれば解除出来ます。

    (2)ポケモンGOPlusの仕様

    GO1

    ポケモンGOPlusは本体と連動して何かイベントが起きたとき振動とランプで教えてくれます。
    ポケモンGOを開かなくてもボタンひとつで、ポケモンを捕獲したり、ポケストップのアイテムを回収が出来ます。
    アプリを開いていなくても歩数がカウント(正確ではなく多少誤差はある)されるのでバッテリーの消耗が若干緩和出来ます。



    ・緑色のランプ
    GO3

    野生のポケモンが出現したとき緑色にランプが点灯する。
    点灯中にボタンを押すと捕獲に1度だけ試みることが出来る。
    虹色に点滅すれば捕獲成功。
    赤色に点滅すると捕獲失敗。
    捕獲には一度しか挑戦出来ず、失敗すると即逃げられる。


    ・青色のランプ
    GO2

    近くにポケストップがある。
    点灯中にボタンを押すとポケストップをまわしてアイテムを入手出来る。


    ・ポケモンの捕獲の仕様
    モンスターボールのみ消費する。モンスターボールがない場合はGOPlusでは捕獲が出来ない(スパボ等は不可)
    ポケモンGOPlusを使った捕獲は出来るが、1発しかチャンスがなく1回しかボールを投げることがない。
    当然ながらレアポケモンに対してもこの仕様なので注意

    モンスターボール OK!
    スーパーボール
    ハイパーボール 

    ・反応するものしないもの
    ルアーモジュールには反応する。
    おこうで出現したポケモンは反応しない。



    (3)上手な使い方


    ・低レアポケモンを回収してレベリングする場合
    捕獲は一回しかチャンスがないが、低レアポケモンはいくらでも遭遇する可能性があるのでいちいちチェックが面倒な人や、ウォーキングのついででGOをプレイするならこの方法がオススメです。

    ・レアポケモンを捕獲する場合
    レアポケモンを捕まえる目的で特定のエリアに行く場合、1回しかチャンスがないGOPlusの捕獲機能を使うべきではありません。ただ画面見ながらするのは効率が悪いし危険。それならGOPlusの機能の捕獲ボタンは使わずポケモンに遭遇したら教えてくれる緑ランプ点灯の機能を使いましょう。
    振動があったら一度安全な場所で立ち止まりランプを確認。緑色に点灯していたらポケモンGOを開いてアプリで捕獲するようにすると効率的です。

    ・ポケモンガン無視でアイテムオンリーで回収する場合

    緑ランプは無視して、青ランプのみ対応する。もしくは捕獲ではモンボ1個しか使わないと割り切って振動が来たら常にボタンを押すようにする。乗り物は電車とかだと厳しいですが低速レベルなら上手くいけばかなり効率よくアイテムを回収することが出来ます。


    (4)注意点


    ・運転中の使用は絶対禁止
    スマホでやってないからといってGOPlusならいいじゃんってことはありません。危険ですのでバイク、自転車、自動車などの運転中にポケモンGOPlusおよびポケモンGOをプレイすることは絶対にやめましょう。ただし自動車の場合、運転は誰かにしてもらって運転していない人がプレイする場合はおkです。(バイクや自転車はNGです。)

    ・ポケモンGOPlusはボタン電池で動く
    ポケモンGOPlusは永続で動くものではなくボタン電池を使用して動きます。電池が切れた場合は自分で交換しないといけないので注意。ボタン電池はCR2032の電池で動きます。電池の交換の仕方は説明書に載ってるので詳しくはそちらを見てください。

    ・水濡れ、水没には注意
    故障の原因に繋がるので気を付けましょう。うっかり洗濯機の中へなんてことすると大変なことに。ポケット等に入れる場合は必ずあるかどうか注意をして洗濯するといいでしょう。

    ・ポケモンGOPlusは人通りの少ないところで起動
    ポケモンGOPlusが複数同時で起動するとペアリングさせたいPlusと違うものとペアリングすることがあります。人通りが多いところではこのようなケースも発生するので注意してください。

    ・スマホのバッテリー消耗
    バックグラウンドでもアプリは使えるので多少消耗が緩和されるとはいえ、位置情報を常に送受信し続けるためバッテリーの消耗はそれなりに大きいです。GOPlusがあればモバイルバッテリーがなくても余裕なんてことはなく、十分にプレイするにはやはりモバイルバッテリーは必須でしょう。本気でやり込むなら最近ポケセンにて手頃な価格でモバイルバッテリーを販売しているのでポケセンで購入してもいいですし、家電屋等で安いモバイルバッテリーでもいいので購入しましょう。


    (5)雑感

    一般プレイヤーでも歩きスマホ無しで手軽に扱えるのであればすごく便利という印象。
    効率的にプレイする人の場合だとマストアイテムになること間違え無しですね。

    とくに軽いウォーキング等しながら出来る点がいいかなと思いました。周りの景色を見ながらプレイ出来るのはいいですね。一般向けの販売はまだまだ先になりそうですが、ポケモンGOをかなりやってる人はぜひ役立つアイテムなので購入出来そうなら購入するといいかもしれません。

     



    ポケモンGO バージョン1.7にアップデート
    本日ついに予告通りアップデートがきました。今回はどんな機能が追加されたのかお伝えしたいと思います。

    ・相棒の実装
    ポケモンを1匹、相棒を選び一定数歩くことで飴を入手出来る機能です。
    捕獲以外の方法でさらに育てたい場合便利なので活用しましょう。

    相棒の歩数
    1km
    御三家以外の2kmのタマゴから生まれるポケモン

    3km
    5kmのタマゴから生まれるポケモンと御三家

    5km
    10kmのタマゴから生まれるポケモンやそれ以外
    カブトとかプテラはここに該当する。


    歩くだけで他のことと並行して出来るのでお得ですが、5kmポケモンなどは結構マゾいですね。育てやすいポケモンはさらに育てやすくなってるだけなので環境はほぼ変わらなそうです。せいぜいライチュウを能率良く育成出来るぐらいか。

    17b

    イシツブテやピカチュウは1kmで強化出来るのでライチュウやゴローニャを持っていない人は朗報かもしれません。 


    17a
    ぼうけんノートを選択するところから相棒を選択出来ます。


    ・ポケモンGOplusに対応
    これは発売してから分かることなので今のところはまだ何ともいえません。


    ・その他
    何か追加要素が判明次第随時追加していきます。







    1.前置き

    若干ブームが右肩下がりになって、今更って感じがしますが、随分昔のコメントでポケモンGOでのモバイルバッテリーの選び方の記事を書いてほしいとの要望があったので執筆してみました。すでにご購入された方はこの記事をみて買い替える必要はないと思いますが、次回また新規にご購入されるときの参考になっていただければ幸いです。


    2.解説

    1.性能を見る前に対応機種を見る

    まぁ当然といえば当然ですね。自分の対応機種に含まれているモバイルバッテリーから選びましょう。対応機種はバージョンもしっかり見るところもポイントですね。だいたいパッケージの裏とかに書いてあるのでそれを参考に選びましょう。

    2.高価格、高性能は罠?

    ポケモンGOをかなりやりこむからといって高いお金出して高性能のモバイルバッテリーを買った方がいいと思う方ももしかたらいるかもしれません。実際そこまでする必要はなく、適度な値段でそこそこのモバイルバッテリーで十分です。知っての通りモバイルバッテリーは消耗品です。使い続ければバッテリー本体の寿命は短くなりますし、寿命がくる前に壊れてしまうこともあります。また常に電化製品は日々の経過で進化していくので今高性能なバッテリーを買っても1年後にはもっと高性能なモバイルバッテリーが出回るかもしれません。

    3.充電回数を見る
    4回とか5回とか6回とか見ますが、一日中使ったとしても4回フルに使うことは滅多にないです。
    機種や時期にもよりますが1回分ですら半日は持つので充電回数が長ければいいってほどでもないでしょう。まぁせいぜい多く見積もっても4回充電出来るバッテリーがほど良いかも。2回とかだとダメな理由は後述で述べます。

    4.使う時期も考える
    ポケモンGOが夏場に出たのであんまりこれ考えていない人多いと思います。
    夏場はいいけど冬場はスマホのバッテリーの消耗が早くなります。なので充電回数が夏場に比べて冬場は増える傾向にあります。それも考慮して充電の長さを選ぶといいでしょう。なので2回充電分だと一日中使う場合は厳しいかも。一日中ではなく半日程度なら2回充電のバッテリーで十分ですね。

    5.充電方法を見る
    USBケーブルで充電するのか、付属品でないと充電できないとかですね。
    スマホの充電にはバッテリー専用の付属品を使わないとNGってのはやめたほうがいいです。USB充電の場合はケーブルが壊れても汎用性の高いケーブルを購入できると思うのでUSB充電できる機種を購入するといいでしょう。また基本的に充電するときはつけっぱで充電するので高速充電の機能はいらないです。あったらあってもいいですが、高速機能がつくことによって値段が高くなるならいらないかと思います。

    6.大きさや重さを考える
    まぁ出来る限りコンパクトがいいですが、小さければいいという訳ではなくほど良い感じでいいかと。先に述べたとおりバッテリーは常に進化し続けるので高性能を買う必要はないです。まぁせいぜいスマホの大きさよりちょっと大きいぐらいでいいかなと思います。重さも特別重くない限りは妥協したほうがいいでしょう。

    7.ネットで買うよりも近場で
    ネットで買ってもいいけど発送が時間がかかったりすることも多々あるので少々値段が高いかもしれないけど近場の電気屋などで買ってしまった方がてっとり早いと思いますね。だいたい2000~4000円以内で考えるといいかな。6000円以上は高すぎる。高く見積もっても5000円弱ぐらいが妥協ポイントですね。

    8.バッテリー2台持ち
    充電回数を見るよりもいっそバッテリー2台持ちもありかと、2回充電を2台買うと4回充電よりも高い場合は本末転倒ですが、4回分充電より安い場合は2台持ちもありかと思います。まぁ大半は1台でいいと思いますけどね。

    9.そもそも1年後でもポケモンGOをしているのか

    多分このサービスはポケモンの7世代までは少なくても存続するでしょう。しかし考えてください。自分が一年先や半年先でもいい。そのときにポケモンGOを続けているか否か。もし飽きが早い場合は高スペックのモバイルバッテリーを買っても宝の持ち腐れになってしまうので4回充電とかではなく2回や1回充電の安いバッテリーを買うといいかもしれません。ただポケモンGOだけの目的で購入するのではなく別の用途でも必要な場合は多少意味のあるものになるのでその場合は少々高スペックを買ってもいいかもしれません。


    3.まとめ

    ・モバイルバッテリーは高性能、高級品を買う必要はない。
    ・充電回数を考える。多く見積もっても4回、一般的には2回でも十分
    ・価格は2000円~5000円弱の範囲内がベスト。6000円以上は高すぎる
    ・大きさや重さを考える。コンパクト過ぎる必要はない。
    ・対応機種を確認する
    ・充電方法も確認する。スマホの充電はUSB型がベスト
    ・ネットよりも近場の家電屋で購入が良い。
    ・冬場の使用も考慮する。
    ・ポケモンGOをどれだけやるのかも考える。来年はやってるのか。

    選ぶポイントはだいたいこんな感じですね。
    色々な種類があるのでその場にあったやつを選べばいいかと。
    あとあまり言及はしませんでしたが、ブランド名がついてるやつほど壊れにくい印象なのでまぁそこも多少は考慮するといいかもしれません。



     

    このページのトップヘ