1.前置き

スキルパワーに続きまたもや新システムの登場でますますやることが多くなったポケとるです。
スキルチェンジがギャラドスのランキングステージの開催のときと同じタイミングで実装されました。
当記事ではそれらの効果使い方から現時点でどれに使えばいいかも考察します。

またコメント等意見などもお待ちしておりますのでぜひ遠慮なくコメントどうぞ。

4月の更新にあわせてさらに更新しました。

2.概要

スキルチェンジとは今までもっていたポケモンの持つ効果(スキル)を別のものに変えるグッズです。
一度使うと消費してしまうので元に戻す場合や変える場合は慎重に行う必要があります。 

またスキルチェンジを使用する前に貯めたスキルゲージおよびスキルレベルはリセットされ1になります。
マックスレベルアップ、メガストーンの有無、ポケモンのレベルは他のグッズ同様に引き継ぎます。 

詳しいことは下記の公式ホームページをチェックしてください。
「スキルチェンジ」可能なポケモン追加!
※出したばかりなのかところどころ間違っているところがあるので注意。


3.結論

解説の前にいきなり結論ってのもアレかなと思いますが、現在、かなりスキルチェンジ候補が増えたので解説が非常に長いです。読むのも疲れると思うので初めてスキルチェンジを投与する向けにてっとり早く優先度が高いポケモンとスキルをここにピックアップします。詳しい解説を見たい方はさらなる考察の項目をご覧ください。

・優先度が極めて高い火力スキル
サトシゲッコウガのきずなのちから、オンバーンのはじきだす、サワムラーのはじきだす

・初心者でも扱いやすいスキル
カイリキーのアップダウン、マリルリのアップダウン、クチートのアップダウン、エンブオーのアップダウン。

・優先度が極めて高いオジャマ対策のスキル
ライコウのバリアけし+、イベルタルのブロックくずし+
次点でスイクンのブロックくずし+、ナゲキのバリアけし+。

・エンドコンテンツ向けのスキル
カビゴンのほんきをだす

その他細かい点は解説をご覧ください。とりあえずまず初めにスキルチェンジを手に入れたらライコウのバリアけし+をオススメします。次の候補としてはイベルタルのブロックくずし+で。残りは状況に応じて投与していく感じでいいと思います。



4.考察

能力の効果の変化は公式ホームページに全て記載があるのでほぼ省略するとしてここでは優先度の高いものや分かりにくいところを私の独断でピックアップし解説、評価します。

また、選択肢が複数あるものは色分けで分類しました。環境などを考慮して判断しています。スキルの優位性だけで決めている訳ではないので注意。赤字は上位のスキル。青字は下位のスキル。ピンク色の文字は中間でどちらともいえないスキルです。


S+ランク:ダメージ部門
サトシゲッコウガ:きずなのちから
サワムラー:はじきだす
オンバーン:はじきだす

S+ランク:活用部門

ライコウ:バリアけし+

Sランク:ダメージ部門
カイリキー:アップダウン
エンブオー:アップダウン
マリルリ:アップダウン
グラードン:バリアはじき

Sランク:活用部門
イベルタル:ブロックくずし+
スイクン:ブロックくずし+ 

Aランク:ダメージ部門
ミュウツー:4つのちから
ゼルネアス:4つのちから/きまぐれ+
クチート:アップダウン
ドンファン:グランドコンボ
レントラー:+アタック+
ルギア:+アタック+/ふりはらう+
バイバニラ:はじきだす
レジギガス:はじきだす
カイオーガ:いわはじき
メガニウム:ブロックはじき
バクフーン:いわはじき


Aランク:活用部門

ナゲキ:バリアけし+
ボーマンダ:メガパワー
スピアー:いれかえ++
ディアンシー:メガパワー+/バリアけし+

Bランク:ダメージ部門
ホウオウ:おくりび
ホウオウ:きゅうこうか
アメモース:きゅうこうか
エアームド:きゅうこうか
ゲノセクト:4アップ
ピジョン:スカイコンボ
バニリッチ:こおりのまい
グレッグル:ポイズンコンボ
ミズゴロウ:ビッグウェーブ
レックウザ:はじきだす
ヌメルゴン:きずなのちから
オーダイル:バリアはじき/まひさせる
ビクティニ:さいごのちから
キュウコン:やけどさせる+

Bランク:活用部門
ゴウカザル:ショックこうげき
ジガルデPF:ブロックくずし+
ミュウ:ブロックくずし+
ユキメノコ:ブロックくずし+


Cランク:ダメージ部門
ジガルデPF:さいごのちから
メレシー:ロックコンボ
ケムッソ:バグズコンボ
ダブラン:サイココンボ
モジャンボ:ねむりコンボ
チルタリス:きゅうこうか
ピカチュウオリジナルキャップ:ハイパーボルト
ピカチュウカロスキャップ:ハイパーボルト
オオスバメ:バリアはじき
ヒトツキ:アップダウン/はがねのこころ

Cランク:活用部門
エンテイ:いわをけす+
エンテイ:わすれさせる
ユキノオー:わすれさせる
サーナイト:わすれさせる
エビワラー:こおらせる
色違いのコイキング:ドラゴンのさけび
レジスチル:ブロックブレイク
ゴクリン:どくにする
バシャーモ:いれかえ++
ジュカイン:いれかえ++
ラグラージ:いれかえ++
プテラ:いれかえ++
ピチュー:ひるませる
ヒトカゲ:メガパワー+
カラカラ:メガパワー+
サメハダー:メガパワー
ロトム:メガパワー+
チルット:メガパワー+
ゴチム:ブロックはじき
ゴビット:ブロックはじき
グライガー:ブロックはじき

Dランク:ダメージ部門
ヨノワール:ねむりコンボ/さいごのちから
クリムガン:アップダウン
アイアント:アップダウン
ドリュウズ:+アタック
サニーゴ:ノンストップ+
グランブル:ノンストップ+
ラティアス:れんげき+
ラティオス:れんげき+
ハガネール:だんけつ
ケルディオ(普):だんけつ
スバメ:いわはじき

Dランク:活用部門
レジアイス:いれかえ++
ブルー:ブロックくずし+
ダゲキ:いわをけす+
ソーナンス:いわをけす+
コモルー:いわをけす++
トゲピー:ブロックブレイク
バニプッチ:バリアけし++
ヒンバス:バリアけし++
サンダース:ふりはらう+
シャワーズ:ふりはらう+
ブースター:ふりはらう+
エーフィ:ふりはらう+
ブラッキー:ふりはらう+
ニンフィア:ふりはらう+
リーフィア:ふりはらう+
グレイシア:ふりはらう+
フシギダネ:メガパワー+
ゼニガメ:メガパワー+
クレッフィ:メガパワー+
タブンネ:メガパワー+
ヘラクロス:メガパワー+
リオル:メガパワー+
ハッサム:いれかえ++
ラプラス:ショックこうげき
ヤドン:いれかえ++
レパルダス:いれかえ++
ドクロッグ:どくにする
ヤブクロン:わすれさせる
ヌマクロー:きまぐれ++
モグリュー:きまぐれ++
コイキング:ドラゴンのしっぽ
エビワラー:まひさせる
メロエッタVF:きまぐれ++


Eランク
イーブイ:ふりはらう+
アメタマ:4つのちから+
カモネギ:4つのちから+
ゴマゾウ:4つのちから+
ニダンギル:4つのちから+
ゲンガー:こわがらせる
ポッポ:ショックこうげき
モンジャラ:からみつく
コイキング:アップダウン
ミュウ:4つのちから+
ミュウ:バリアけし+
ミュウ:ふりはらう+

ライチュウ:ライトニング


Fランク

カビゴン:オジャマけし++
イワーク:5つのちから+
カバルドン:ノンストップ+
ガルーラ:いわをけす++
ミミロップ:いれかえ++
シャンデラ:4つのちから+
セレビィ:おうえん
ペロリーム:おうえん
デデンネ:ショックこうげき

ニャオニクス♂:れんげき
ニャオニクス♀:れんげき
ゾロアーク:れんげき
ニャスパー:ねむらせる
パチリス:おうえん
ハリマロン:いわをけす+
マッギョ:ねむりコンボ
ヤミラミ:いれかえ+
ルチャブル:くもばらい+
ハブネーク:どくがさね
ニドラン♀:ハイメガパワー
ニドラン♂:ハイメガパワー
トロピウス:ハイメガパワー
ルクシオ:ハイメガパワー
レジロック:いわをけす+

エビワラー:やけどさせる
ライコウ:おどろかす
スイクン:さむけ
ユクシー:だんけつ
アグノム:だんけつ
エムリット:だんけつ
マンタイン:だんけつ
クレベース:だんけつ
ヒポポタス:だんけつ
ペロッパフ:だんけつ
タツベイ:だんけつ
ヌメラ:だんけつ
ウソッキー:だんけつ
マスキッパ:だんけつ
ゴンベ:いわをけす++
ハピナス:ブロックブレイク
ポリゴン:だんけつ
ポリゴンZ:れんげき+
ミミロル:ねむらせる
ストライク:Lアタック
ハクリュー:だんけつ


ランク不定
デンリュウ:ドラゴンコンボ/メガパワー
マンムー:バリアけし+/アップダウン
トドゼルガ:いわをけす+/さいごのちから
マナフィ:いれかえ+/ふりはらう++
ワカシャモ:おくりび/きまぐれ++
ジュプトル:ねむらせる/きまぐれ++
トゲチック:フェアリーパワー/ショックこうげき
アチャモ:おくりび/だんけつ
キモリ:ねむらせる/だんけつ
※スキル前と後どちらのスキルも使えるポケモンなので選択制となる。
※トドゼルガはSP掘りのイベントが開催されるならあり。そうでないなら使うべきではない。

保留
カビゴン:ほんきをだす
ラッキー:スーパーおうえん


効果についてわかりにくいもの

・どくがさね
れんげきの名称違い。微妙に効果は違うがほぼ同じスキル。
・だんけつ
パワーアップ補正を受けない固定ダメージ。盤面の同タイプの量でダメージが増加する
・ブロックブレイク
5消しのブロックくずし

これから詳しい解説を交えて各ポケモンのスキルについて解説しますが、解説は以下の項目で分けてみました。

1.Sランクのポケモンをピックアップ!
2.アップダウンをピックアップ!
3.はじき系スキルについて
4.Aランクのポケモンをピックアップ!
5.コンボスキルをピックアップ!
6.メガシンカポケモンやサポート枠を強化!
7.その他有用なポケモンのビックアップ!
8.選択が迷うスキル
9.マイナーなもの(主にDランク指定から選抜)
10.変えるべきでないポケモン達



1.Sランクのポケモンをピックアップ!
これをやればほぼ間違えはないぞというポケモンの一覧です。優先度がかなり高いポケモンなのでどのポケモンに使ってもまず損することはほぼないでしょう。ピックアップしてるポケモンがオジャマ対策のポケモンがほとんどなのでマックスレベルアップやスキルレベルの上げ下げはそこまで重要ではなく、スキルチェンジを使用するだけで実践投入出来ます。

・サトシゲッコウガのきずなのちから
アップダウンやきゅうこうかをも凌ぐポケとるにおいて最強レベルの火力スキルです。ダメージの面ではスーパーボルトに少し劣りますが、発動率の安定性でかなり有用性を高めています。5マッチで80%、4マッチでも40%の発動率があるので、期待値としても悪くはないでしょう。ランキングステージやレベルアップステージの難所だけでなく、制限時間制でもかなり使えるスキルなのでイベントで入手出来たら迷うことなく変えていいと思います。ただしスキルレベルの強化が必須なのでその点は注意。

・オンバーンとサワムラーのはじきだす

はじきだすの項目の解説にまとめておきました。やりこむなら必須級のスキルなのでイベントで強化するなら変えてしまいましょう。


・カイリキーのアップダウン
ライコウやイベルタルと同じぐらいかそれ以上に優先度が高いポケモン。マックスレベルアップを最大まで投与すれば弱点の範囲が一部重複する霊獣ランドロスのアップダウンよりも高威力の最高ダメージを叩きだせる可能性がある。また、唯一弱点のつけるノーマルタイプに対して数少ないダメージソースとなります。カイリキーのSC実装と同時にスキルレベルを上げられるイベントが開催されたのでそのイベントを活用してスキルレベルを上げた方がいいと思われるが、イベントが開催されなくてもグッズのスキルパワーのみで強化してもいいぐらい強いので後発組でSP掘りがめんどいならグッズのスキルパワーM等を活用してもいいと思います。必要SPもあまりなく、無課金でも1~2ヶ月程度でSL5に完成することは可能。


・ライコウのバリアけし+
スキルチェンジ実装までは、水タイプ相手のバリアに対してのオジャマは、タイプ等倍のバリアけし+で代用することもあったのですが、ライコウにスキルチェンジを使えば弱点を突きながら水タイプ相手に対してバリア対策が出来ます。現在ではワタッコのバリアけし+でも同じようなことは出来るようになりましたが、ワタッコがエキストラ後半に配置されているということと基本攻撃力の関係で今だに需要が高いです。スキルチェンジを初めて入手したときにとりあえず使ってみるポケモンの一つといって言いでしょう。おどろかすが新しく選択出来るようになりましたがこちらを選択しましょう。

やりこむ人にとってはイッシュキャップピカチュウのバリアはじきが実装され、SP掘りまでできたので、こちらの使用頻度は減少していくかもしれませんが、SCライコウを使って攻略するメインステージが多数存在しているのでこのポケモンにまずスキルチェンジを使って問題ないと思います。


・スイクンのブロックくずし+
このタイプが弱点突けるタイプは全てで互換がいますが、互換ポケモンはステージ後半でしか入手出来ないので、先のメインを攻略することを考えて投与するのもいいでしょう。また、上限解放の恩恵が大きく、有効範囲も多いのでライコウ、イベルタルなどを変えたあとの次の候補に入るポケモンになります。選択でさむけが来ましたが、代わりはいくらでもいるので変える必要はないです。

・イベルタルのブロックくずし+
スキルチェンジ実装直後の初の悪タイプの「ブロックくずし+」です。レパトリーが増えた今もなお使われることが多く、ダークパワーの適応範囲圏内に入っている点もポイント。上限解放することによりコンボ時無駄がないのも利点です。いずれ悪にもブロックはじきなどの互換スキルが登場しそうですが、SCイベルタルを使ってメインを攻略するステージが多数あるのでまずこれに投与してしまって問題ないと思います。



2.アップダウンをピックアップ!

優先度は比較的高いポケモンではあるが、スキルチェンジを使った上にさらにスキルレベル上げが大前提のポケモン達です。まぁここらへんはエンドコンテンツかなというものをピックアップしたので各自で判断してください。

・クチートとヒトツキのアップダウン
マックスレベルアップでの上限解放が少なくても5以上は必須な上にスキルレベ上げがドロ率がメインより少し高いイベントと比べるとハードルは高く、カイリキーや霊獣ランドロスと一部弱点範囲が重複してる点がやや痛いが、対フェアリータイプの打点となるポケモンなので強化する意味はある。ヒトツキとクチート選ぶならどっちがいいかですが、メガシンカ枠をクチートにしながらヒトツキのアップダウンはあまり想定されないためメガシンカがあるクチートの方がいいかも。クチートにメガパワー+が追加されるかもしれないと思う方はヒトツキでも良い


・エンブオーのアップダウン

炎タイプにはコンボスキルのおくりびがありますが、単発スキルを活用する場面は意外と多いのでこちらを作る意味はある。ホウオウのきゅうこうかという上位のようなスキルはありますが、きゅうこうかつくるとおくりび枠がマフォクシーとかになってしまうのでその選択肢を外すという意味でもエンブオーは有用です。


・マリルリのアップダウン
アップダウンの中ではかなり優先度が高いポケモン。マリルリはフェアリータイプなのでドラゴン以外にも格闘タイプや悪タイプにも弱点が突けるため有効範囲も大きい。フェアリーパワーの有効範囲に入っている点もポイントが高く、結構いろいろなイベントやメインで活躍出来ます。

3.はじき系スキルについて

はじきだすや~はじきはオジャマ対策に使うこと以外にも高SL状況下での使用による火力スキルとしての扱いがトレンドになっています。イベントでSP掘り出来るものはドロップ率が並み程度にはドロップするため優先度が高く。SP掘りがしにくいものは優先度が高くありません。とくにはじきだすが頭ひとつ抜けていて、他のはじきよりも優先されがちです。ただしバイバニラだけは弱点補正の関係から優先度は高め。それ以外の通常ポケモンは上限開放の上限が高すぎることもあるので優先度は低めです。


・はじきだす

相手のオジャマポケモンをスキルで消せたときに追加ダメージを与えます。SL5だと10倍以上も超える威力でダメージを与えることも可能で、ここ最近かなり注目されています。一番の大きな理由は手持ちを空けていた場合ならほぼ常時発動出来るのが大きいです。

ただし今までの運営を考えると想定されないような使い方は、今後の大規模のアップデートとかで潰してくる可能性は高いです。環境を変えての下方修正も十分考えられるため、きずなのちからみたいにお手軽に使える火力スキルとは思わない方がいいでしょう。

しかし第五パズルポケモンのはじきはおそらく潰してこないと思うので、その点は安心していいと思います。また仮に第五をポケモンではなくブロックなどにしてはじきだす自体を使わせないことも考えられますが、相性関係次第ではメガハガネールやウィンクメガオニゴーリの独壇場になったりブロックはじき系でダメージを与えやすく出来るため仮に第五がポケモンでなくても問題ないでしょう。

とりあえず言えることは現状では総合的に評価して4匹以上のステージにおいては最強スキル。しかし仕様変更には弱いということです。

レジギガスはノーマルタイプなので弱点を突けない点がやや痛いですが、上限開放無しでも素で攻撃力が高く、各タイプのはじきが来るまで繋ぎ程度にはなるので変えて強化する(イベントで)意味はあります。とくに制限時間制では単発スキルとして無類の強さを発揮します。


・いわはじき
第五の岩だと常時発動出来るので出来れば育てておきたいです。一見するといわをけす+が産廃化したように見えますが、実はそうでもありません。岩が多数あって4マッチでいわはじきを出せない場合はいわをけす+。逆に岩が少量の場合はいわはじきを使ってダメージを稼ぐというような使い方が出来ます。

火力スキルでみるならイベントでSP掘り強化が出来るポケモンはなるべく使いたいです。カイオーガやバクフーンなどがその例ですね。その2匹はそれぞれメガラグラージとメガバシャーモで合わせて使えるのでオススメです。

ただし岩対策だけでみた場合はスキルチェンジする必要は薄いです。あくまでも強化前提での話です。メインののSP掘りやそもそもSP掘りがないポケモンにはわざわざつくる必要はないでしょう。

・ブロックはじき
第五が壊せないブロックだと、発動機会があるのはいわはじき同様同じです。こちらはブロック対策のタイプにないポケモンにはスキルレベルを強化しなくてもスキルチェンジを使ってもいい場合がありますね。例えば飛行タイプとか。

イベントSP掘り出来るなら優先的にしてもいいと思いますが、初期攻撃力が70以上の方が望ましいかも。カポエラーなんかはもはやどっちでもいい感じですが、メガエルレイドを持ってるなら変えてしまってもいいかもしれませんね。

・バリアはじき
はじき系で意外と微妙なのがこちらのスキル。オジャマガードや遅延スキルで止めている場合は常時発動させる手段がありません。そういう意味ではやや扱いづらいかも。バリア多数出す場合メガ効果でいいし、少量出すケースぐらいでしかあまり使わなそうですね。

しかし地面タイプにはバリア対策のポケモンがいなかったのでグラードンをこちらのスキルに変更する点は有用。元々ゆさぶる自体が有効な相手がほぼ限られていますし、遅延スキルも多数存在するのでもうゆさぶるを使う必要はないでしょう。

イベントで強化出来るポケモンはスキルチェンジ使った方がいいですが、それ以外は基本的に微妙なのは他と変わりません。

バリアはじきのオーダイルはグラードンと範囲がほとんど被り、地面タイプピンポイントなので注意


4.Aランクのポケモンをピックアップ!

・ミュウツーの4つちのから
元のスキルいれかえは岩や壊せないブロックをミュウツーに1箇所だけ変えることが出来る能力だが、コインもその効果範囲に入っているためイベントニャースでメガミュウツーYを活用する場合、メガシンカするまで、ミュウツーから消さないように工夫する必要があった。けれどミュウツーにスキルチェンジを使えばコインに悪影響を及ぼすことがない4つのちからになり、ミュウツーからマッチングさせても何ひとつリスクがない状態に出来るようになる点がメリットのひとつ。

最大まで上限解放すれば最強レベルの攻撃力を得る他、発動条件さえ満たせば確定で発動する単発火力スキルとなるのでかなり強いです。有効範囲が毒と格闘しかないのがやや難点ではあるもののスキルチェンジ前のいれかえより遥かに使えるので変えることによる欠点はほぼありません。


・ホウオウのおくりび
スキルチェンジするとマフォクシーのほぼ上位互換になります。5つのちから+自体ほぼ使う局面はないに等しかったので変えてしまっても問題ないでしょう。選択肢のひとつであるきゅうこうかも優秀ですが、もうすでにファイヤーの4つのちからや、エンブオーのアップダウンなど揃ってるためランキングでの使用を考慮するならおくりびの選択でいいと思います。一応おくりび持ちは現在アチャモが最強レベルですが、ミュウツーやゼルネアスの例を考えると10解放も時間の問題なので気にする必要はないと思います。


・ナゲキのバリアけし+
格闘タイプしか弱点が突けないノーマルタイプのバリアのオジャマは何の対抗手段がなかったのですが、11月のアップデートによりナゲキにスキルチェンジを使うことで対策可能になりました。オジャマ対策だけでみるならマックスレベルアップの使用は必須ではないのでスキルチェンジを使用するだけで実用的に活用することが出来ます。ダゲキのようにもしかしたら同類ものがいずれくる可能性はあるが、これしかないので即攻略に役立てる変えてしまってもいいかもしれない。


5.コンボスキルをピックアップ!

・ピジョンのスカイコンボ
2倍という高倍率の飛行タイプのコンボ。ウォーグルの下位互換ではあるが、メインステージで高ドロップ率なのでスキルパワーMが貴重である無課金層には非常にありがたいポケモンです。ウォーグルを強化済みでも2枚挿し出来ることや視認性の違いでウォーグルではなくこちらを利用することもあります。その点からどの層でも使えるポケモンといえるでしょう。スキチェンを持て余してるならぜひ使ってみるといいと思います。さらに上限開放が引き上げされたのでさらに使いやすくなりました。

・ドンファンのグランドコンボ
地面弱点のポケモンのランキングステージが開催されたときに間違いなく影響が出るもの。これを揃えられないときはランドロス霊獣のアップダウン。揃えられるならグランドコンボの選択がとれるが、最近のランキング傾向は入れるポケモンを1~2種類指定されていることが多いので基本的出番は絶望的です。今すぐにやる必要はないですが必要になったら変えられるようにした方がいいでしょう。変えるならマックスレベルアップの開放と合わせてやると最適。とくに電気タイプの制限時間制ではかなり活躍出来ます。今ままでは使う機会が皆無だったんですが、上限解放&上方修正による倍率の変化が1.3倍から1.5倍に変更されたので、とりあえず入れておいてもいいぐらいにはなりました。


・バニリッチのこおりのまい
グランドコンボと同じく1.5倍のコンボ。バニリッチはメインステージで周回によってスキルパワー上げを出来るが、ドンファンとは異なりドロップ率は最大で50%が含まれているのでスキル上げは時間さえあれば困ることはない。上限解放が必須でややハードルが高いが、ドロップ率50%もあるので周回をする予定があるなら使っておこう。上方修正を受けて1.2倍から1.5倍となったのでドンファン同様とりあえず入れておけばいい的な使い方も可能になった。Sランク取りとかランキングでは使うこともあるかもしれない。


・グレッグルのポイズンコンボ
実質フェアリーピンポイントスキル。使う場所はほぼ限定的で対フェアリーのディアンシーのステージぐらい。だったんだけど、倍率が変更されて2倍になったのでスカイコンボと同様に使える性能になった。とはいってもグレッグル自体SP掘りが出来ない上に、下位互換ではあるもののすでに70族のポイズンコンボ持ちのドククラゲが実装されているので、理想はこちらが良いがレベル上げの労力を惜しむならドククラゲでいいかもしれない。ドククラゲを先に作ってあとからこっちを作ったらもったいないと思われがちだが、2枚合わせで使うことも考えられるのであとからつくっても全然問題ない。

・メレシーのロックコンボ
岩タイプ自体がやや不遇なので微妙なのだが、メインステージのドロップ率は50%ドロップがあるのでSP自体は時間さえあれば比較的強化しやすい。発動率はやや難あるのが難点だが、メインで周回するつもりなら投与していいだろう。とりあえずランキングでは駆り出される可能性もあるので、強化するつもりなら、変えて損はないと思います。

・ケムッソのバグズコンボ
実装されたデンヂムシがサファリ枠になっているので、メインで周回があるとしたらこのポケモンになるだろうか。しかし虫タイプの抜群タイプは結構ライバルが多くやや不遇。普段使いはおそらくほぼないと思われるが、ランキングでは状況次第では使う可能性はある。


・モジャンボのねむりコンボ
眠り状態である条件を満たす必要があり、枠も実質2枠も圧迫するので使える場所は非常に限られるが、草有効範囲のタイプのコンボスキルよりも発動率が非常に安定(SL5前提)している点がメリット。倍率も眠らせるのスキルの倍率とねむりコンボの倍率両方が合わさるため、1.8倍の高倍率でコンボダメージを与えることも可能。ただし、草タイプが有利なタイプの中で眠らせるが効くタイプは地面タイプと水タイプの2種しかないということや、オジャマガード下では使えないこともあるので注意したい。以前のランキングステージでは活躍する機会があり、3匹ステージではかなり安定性が高く優位性が高いことが証明されました。

・ヨノワールのねむりコンボ
ダークライやサマヨールのスキルレベル上げが必須であるため難しいところ。エスパーに対してはダークパワーもあるので優先度は高くないです。イベントステージでスキルパワー掘り周回を出来ることがあるのでそれを含めてようやく視野に入る程度です。今後の環境変化を見据えてとりあえず変えてスキルレベルを何も考えずに高レベルまで引き上げておくのもありだと思います。

4マッチ以上で確定発動するコンボスキル「ファントムコンボ」の登場や、元スキルの「さいごのちから」の上方修正もあって、変えるかどうか悩ましくなった。3匹ステージ化でモジャンボが活躍したように3匹ステージのVSエスパータイプでは発動率に難があるダークパワーよりも比較的活躍するかも。難所の攻略を視野にいれるならさいごのちから。コンボスキル重視でランキングを重点に置くならねむりコンボといったところでしょう。個人的にはさいごのちからの方が今の環境ならいいと思う。

6.メガシンカポケモンやサポート枠を強化!


・ボーマンダのメガパワー
スカイコンボの効果に影響のあるメガシンカポケモンである点が非常に強力でかつ、同能力を持つポケモンの中でも最速でメガシンカすることが可能であり、イベントニャースでもかなり使えるのでこのポケモンのスキルを変える優先度は高いです。ただしメガスキルアップを最大まで投与している場合の話で、完了しきってない場合は後回しでもいいでしょう。

・ディアンシーのメガパワー+
ちょっと前まではディアンシーは変えるかどうかは微妙なところだと思ったのですが、ここ最近のインフレ具合考えると、一手目でのメガシンカはやっぱり欲しくなる。個人的には変えない方がいい派だったけど、今だったら変えてもいいと思う。

まず、フェアリーパワーしながらバリアけし+という限定的な使い方はほぼ皆無といっていいってのが大きいです。また、はじきシリーズをここにきてばらまき始めたってのが後押ししています。フェアリータイプのバリアはじき持ちが他ポケモンで現れる可能性も十分あるでしょう。現状フェアリーで突けるタイプのすべてにタイプこそ違えど互換がいるので変えてしまっていいと思います。ただ、スキルチェンジ自体が貴重になってきてるので持て余してるときでいいかもしれない。


・プテラのいれかえ++

前までは変える必要性が薄かったのですが、メガプテラ自体が大幅に強化を受け、かなり早くメガシンカすることが可能になりました。メガシンカするためにはプテラを多くそろえる必要があるので、岩や壊せないブロックが多数あるステージではこの能力はかなり重宝します。メガプテラのメガスキルアップを最大まで投与した場合はこちらも合わせて強化するといいでしょう。

・デンリュウのスキルチェンジ
まひコンボとメガパワーの選択になります。まひコンボで現状攻撃力が高いポケモンは今のところデンリュウですが、まひさせるはねむらせるとは違ってリターンが少ないため今のところはまひコンボという選択肢はあまりないかと思います。一応下位互換であるもののシビビールでも同じスキルを持っています。よって選択肢はなく、変えるならメガパワーということになります。スキルチェンジするとメガチャーレムやメガジュペッタのようにメガシンカを少し早く出来るためメガスキルアップと合わせればメガシンカが遅いメガデンリュウを比較的はやめにメガシンカすることが出来ます。メガデンリュウを使う機会が多い人は変えてみるのも良いかもしれません。ただしデンリュウの元のスキルにはドラゴンコンボというスキルがあります。メガデンリュウとして使うなら産廃スキルですが、メガレックウザのサポート枠として使用するなら、多少なりとも意味があるのでドラゴンコンボを産廃と思わない人は変えるべきではないかと思います。電気枠で他のポケモンが今後ドラゴンコンボのスキルを持つ可能性は低いのでよく考えて上でスキルチェンジを使ってください。(ただ顔違いのデンリュウが出るなら話は別ですが・・・)


・サメハダーのメガパワー
基本的にはサメハダーをメガシンカ枠として採用するためのスキルでしょう。メガサメハダーのメガシンカ効果が他と比較すると弱いのと、悪タイプのメガパワーはマーイーカで補完出来てしまうのが欠点。しかしSCボーマンダのように他の悪タイプをサポートするものとして使うなら優秀。例えばメガアブソルと一緒に使う場合とかですね。上限解放によって攻撃力がかなり高めになるのでその点もメリットのひとつとなります。

・ホウエン御三家のいれかえ++

それぞれ最大限にホウエン御三家を活用するならスキルチェンジを変えたほうがいいでしょう。この中だと発動率安定のコンボスキルの枠を持つバシャーモ、遅延かつ倍率補正のバフがかかる枠を持つジュカイン、ほぼ団結統一出来るラグラージの順が優先度かな。もちろんサポート枠でも使えますし、メガシンカ枠で使うときも非常に便利です。

・スピアーのいれかえ++
最速でメガシンカ出来る強力なポケモンをさらに強化出来ます。初期配置にブロックが多いところではワンチャンスキルが発動出来れば、序盤を有利に展開することが出来ます。ただしバリアつきブロックがあるステージではスピアーがバリアの中に入り込む可能性があるので注意。


・レックウザのはじきだす
条件次第では正直利用出来ない点があるので微妙。メガシンカ後の働きとちょっとかみ合ってないのがややマイナスですね。後出しでホウオウのようにあとからスキルの選択肢が増えることを考えると安直な考えで投与すると後から後悔することになる。とはいえ、ドラゴンのつめ自体はダメを微増する程度のものなので元のスキルが強いかといわれるとそうではないが…。

このスキルの活用する場所を深く考えるなら初期配置に手持ち以外のピースがあるステージで、あとから遅延スキルを使ってオジャマを使わせなくしたり、オジャマガードを使用するときかな。とくに一個だけ配置されているステージも結構あり、これがかなり邪魔になるのでそういうステージには有効。
スキルの性質考えると水タイプでそのようなケースが起こりやすい。(例:キングドラのスーパーチャレンジ)まぁ必要になったら変更でいいかなと思いますが、スキルチェンジをあまり所持していないならメガレックウザを完成したからといって投与すべきではないでしょう。

ただしレックウザをメガ枠ではなく火力スキルとしてサポートに組み込みスキルレベルを強化すればドラゴンタイプ相手には超強力なスキルとなるので一概に悪くはありません。イベントでSP掘りがきたらグッと有用性は高まりますね。

・カラカラのメガパワー+
カラカラはメガシンカ枠ではありませんが、サポートするものとしてこちらに分類。スキルチェンジ無しの同効果を持ったドジョッチが実装されましたが、攻撃力が低いので高難易度でメガシンカが遅いメガガブリアスやメガバクーダを活用するなら上限解放したこのポケモンを使うことで攻略で非常に役立つものになります。とはいえ上限解放しないと全く意味がないので、マックスレベルアップを持て余してない限りは変えないほうがいいと思います。指定消去のメガバクーダを活用しやすく出来る点がメリットではありますね。

・ロトムのメガパワー+
まひさせる自体は有用性が薄いのでとくに変えたからといって不利な点はない。メガデンリュウが大幅に強化されたのでメガデンリュウを最大強化済みならこちらも合わせてつくるとなお良いでしょう。それ以外の場合はよっぽどのケースでない限り使うことがないのでわざわざ作るほどでもないかな?一応攻撃力の面で下位互換がいる上にクリスマスピカチュウという上位互換的な存在も忘れずに。5個までしか投与しないならこちらの方が攻撃力は高い利点はある。

・ヒトカゲのメガパワー+

一応3種(実質4種)以上炎タイプのメガシンカポケモンがいますが、メガリザードンYとメガバシャーモはかなり早くメガシンカ出来るので、ほぼメガヘルガー専用のサポート枠になります。メガヘルガーは、ディアンシーのようにメガシンカ前のゲージの補てんを単独では補うことが出来ないので、メガヘルガーを早期に始動させたいなら必須級。

上限解放も出来るが、メガヘルガー自体弱点相手にはかなりパワーがあるので多少サポート周りが低くてても問題ない点がある。スキルパワーもドロップ率が高く、メインで周回して確保できるためSL5のメガパワー+をライフさえかければ誰でも扱うことが出来ます。スキルチェンジが余るほどもっていて、メガヘルガーにメガスキルアップ投与しているなら検討してみるといいでしょう。



7.その他有用なポケモンのビックアップ!

・レントラーの+アタック+
発動条件が指定されており、発動はランダムではあるが、スキルレベルを最大まで強化するとなんと12倍の威力を叩き出します。発動率の最低ラインでも80%であるので比較的安定しており、十字の形さえ作れれば相当強いスキルになります。しかし最大の欠点としてその十字の形を作ること自体が困難です。制限時間制ではオジャマが少ない相手に対してはガンガン発動出来ますが、手数制だと発動させる機会は少ないので注意してください。


・ミュウのブロックくずし+
ミュウのスキルチェンジは4つのちから+、バリアけし+、ブロックくずし+、ふりはらう+の4つの中から選ぶことになりますが、実質選ぶならブロックくずし+かと思います。4つのちから+はSCミュウツーの実装考えると微妙であるし、バリアけし+はクレセリアがすでにいるので作る意味は薄い。一方、ブロックくずし+はメガミュウツーY軸で少量の壊せないブロックに対して対策を取れるようになります。以前ドロップイベントが来たときはかなり高いドロップ率だったので無課金でも簡単にSL4、SL5を作ることが出来ました。イベントが開催されたらぜひスキルチェンジを使うといいでしょう。


・ユキメノコのブロックくずし+
氷タイプ待望のブロックくずし+。いよいよ氷タイプに岩、ブロック、バリアの3種全て対応可能になりました。上限解放も来ていて強化すればかなり使えるでしょう。とくにこおらせるとのシナジーも良く比較的氷統一しやすくなったのもポイントが高いです。ただ、氷のブロックはじきが出ないこともないので、優先度はそれほど高くないかも。

・ゴウカザルのショックこうげき
スキル自体は使えるけどスキルパワーを上げられるイベントが来て初めて考慮に入れる程度のもの。スキルチェンジが余っているならイベントが開催されたときにやってもいいかもしれない。能力としては結構使えるのでイベントできたらスキルチェンジを使って周回しよう。使い方はほぼ限定的ですが、エビワラーでは遅延出来ない氷タイプには有用です。


・ピチューのひるませる
発動率がどのマッチングでも70%で安定しており、スキルレベルの強化なく扱えることや、マヒとは異なり飛行タイプにも有効な点が利点。スキルレベル強化ダメージの追加倍率を掛けられるようになり、最大で3倍となる。メインの周回では高ドロップ率なのでSL4やSL5にしやすい。欠点としてはたったの1ターンしか遅延出来ない。凍らせると眠らせるがあることを考えておかないと使わない可能性も結構あるでしょう。また、空欄したときによく選出されるポケモンの一つにもなってることも多いのでこの点も考慮しておかないとポッポのときのようになることも忘れないようにしよう。(イベントニャースでは4枠目に設定されているので今のところ影響はない)まぁ3マッチで70%で発動出来る点が優秀なので第五パズルありのステージでは使えるかなと思います。

・エビワラーのこおらせる
エビワラーは元のスキル含めると4種の中からスキルを選択出来ます。やけどさせるは鋼相手には効果がありますが、リザードンがいるのでほぼネタ枠です。まひさせるはすでに相互互換とれるバルキーが一応います。ということで候補としてはこおらせるが良さそうです。一応再開催がきたらSP掘りが出来るはずなのでまひさせるも悪くはないのですが、こおらせるはまひさせるより4マッチの発動率が高く使いやすいので遅延目的ならこちらが優秀です。ただしまひとは異なり氷タイプには無効なので注意。

・キャップピカチュウのハイパーボルト

名前で誤解を受けそうだが、スーパーボルトの上位互換ではなく、全く別のスキルである。さいごのちから系というよりはむしろ鋼の心の類似スキル。4マッチでは発動がランダムな点に注意。SL5で16倍を超え4マッチでも発動率が70%なのでそれなりに使えるが、常時発動出来るぷんぷんピカチュウや状況次第で発動出来るはじきだすもあるので意外と使う場面は少ないかもしれない。攻撃の倍率が高いため慢心しやすくなり、4マッチで打って倒せると思ったらスキル発動せず詰んだなんてこともあるので注意したい。その代わりどのマッチングで揃えても70%の発動率なので、3マッチで博打する場面ではかなり使える。

スキルの発動率の安定性が必要なSP掘りの周回には向かないが、レベルアップステージの節目では発動出来ないと話にならないので、ぷんぷんピカチュウのスーパーボルトよりはこっち使った方がいい場合もあるだろう。とくにアイテムを多く積む分スーパーボルト発動すれば…ってなりにくい点は大きい。

問題は、数ある中でどのキャップピカチュウを変えるかだが、くもはじきか、オジャマけし+が不要なので、オリジナルキャップか、カロスキャップのどちらかを変えるかが候補。中でも過去にカロスキャップはイベントでSP掘りが出来たので比較的容易に強化出来ました。


・色違いのコイキングのドラゴンさけび
意外とネタかと思いきや、5ターンも遅延出来る強力なスキルらしい。マヒなので発動率が難があるのだが、スキルパワーの強化はダメージの倍率の補正を上昇させるものでスキルパワーを上げる必要がないメリットがある。発動率も20%/40%/80%という風に効果を考えると妥当な数字である。欠点としては上限解放しないとまひ状態後は邪魔になること。少なくても5個以上投与しないとコンボ時に弱いダメージが入って邪魔である。高難易度ステージ考えるなら10個投与も必須になるのでややエンドコンテンツに近いスキルかと思います。因みにまひ状態なのでまひコンボと組み合わせることも現実的になります。ビッグウェーブというコンボスキルもいいですが、発動率にブレがあるのでまひすることを前提とするならこちらと併用して運用なんてのもありですね。ただSL上げがいらないので上限上げないでほどよく使うなら案外無課金勢にはいいかもしれない。


8.選択が迷うスキル

・エンテイの「いわをけす+」または「わすれさせる」

いわをけす+自体は弱くはないですが、岩ブロック程度はどうとにでもなるのでわざわざ変えるほどでもないところ。まぁこれについては別記事にてかなり解説したと思うので割合させていただきます。まぁ大雑把に欠点と長所をいうと欠点はヒノアラシという下位互換がいる。長所はおくりびと合わせることが出来、エンテイのスキルを変えればメガバシャーモ軸が強化されるという点です。賛否両論意見が割れるのでご自身で判断してください。

新規追加でわすれさせるというスキルを選択出来るようになりました。しかし最近ではオジャマ発動条件がコンボ依存のものや、オジャマカウントそのものが少ないものもいるので、変える場合はその点も考慮した方がいいでしょう。メガバシャーモを強化済みなら、いわをけす+。全く使うつもりないならわすれさせるでもいいかも。最近ではバクフーンにいわはじきが追加されたので場合によっては使う機会が少なくなるかもしれない。


・マナフィのふりはらう++
ニョロボンにふりはらう+があるので率先してやるものではない。元のスキルいれかえ+は実装初期こそ使う機会はあったが、今はSCスイクンやオムスターなどをはじめとしたいれかえのスキルで変えられるオジャマは同じ水タイプで全て対策可能になったので元のスキルを考慮する必要はないと思います。スキルレベルを3あげればSL1のふりはらう+の完全上位互換になるのでイベントが開催されたときにスキルチェンジを持て余してるなら考慮してみても良い。今後ははじき環境下が主流になると思うのでこれの出番があるとすれば大量のオジャマを吐くときぐらい。


・ジガルデパーフェクトフォルムのブロックくずし+
ドラゴンタイプ相手に岩、バリア、オジャマピースのオジャマの対抗手段はあったのですが、唯一ブロックだけはいれかえ+程度しかありませんでしたが、ドラゴンタイプのオジャマは全て対応出来るようになります。ただしこれは今すぐする必要はないです。スキルチェンジを1個以上温存しておき、レベルアップステージ等で必要になったときに使用しましょう。またメガレックウザと組み合わせでは相性が悪いという点も忘れないでください。ステージ難易度が非常に高いですが、高ドロップ率のイベントもあったので強化はしやすい点もメリットでした。さいごのちからが新たな選択肢として登場して多少どちらにするか迷いますが、ヌメルゴンのきずなのちからもあるのであまり必要性は薄いかもしれない。


・ルギアの+アタック+

+アタック+はスキルレベルを強化することにより、スーパーボルトなどのようなスキルに匹敵するダメージ倍率を誇っています。通常なら変えて強化した方がいいと思うのですが、+アタック系のスキルの発動条件が手数制では満たすことが非常に難しい側面を持っています。

メガルカリオやメガミミロップなどを合わせることでその条件は満たしやすくすることは出来ますが、代わりにコンボの誘発性を捨てることになります。他のタイプなどを使わず飛行タイプのルギアをあえて使う理由はスカイコンボを意識した場合だと思うので、微妙に噛み合ってないのが現状。

上限開放によりルギアは高攻撃力のポケモンになるのでスカイコンボ編成軸を意識するなら自然と入り、火力スキルではないふりはらう+ではない方が都合がいいことは分かります。

しかし、スカイコンボを4マッチ以上出来ないか、あるいはコンボがあまりしなさそうだから『たまたま』十字で消せるルギアがあって、スカイコンボに賭けるよりもルギアの+アタック+に賭けた方が期待値が良いという限定的な理由でしか使えません。(スカイコンボ軸の場合に限る)

さらにふりはらう+はイベントニャースのメガボーマンダ軸の一部の稼ぎ方で有用で、はじきだすのオンバーンがあったとしても2面持ちで使っていきたいポケモンのひとつです。

よって火力スキルとしてみればかなり強力なので変えた方がいいんだけども飛行タイプにははじきだすのオンバーンがすでに揃っていてふりはらう+自体がイベントニャースで扱うこともあるので出番がない+アタック+よりは使う頻度が高いふりはらう+のままの方がいいかもしれません。

もしどうしても、スカイコンボ編成軸に代わりの保険としての火力スキルを入れたいっていうなら、スキル上げがイベントで出来たトルネロス霊獣フォルムを使えばいいでしょう。こちらはどういう揃え方をしても発動するチャンスがあるため、+アタック+よりも使いやすいです。

なので個人的な見解としては、+アタック+に変える必要性は薄いかなというのが私の意見です。産廃スキルではないので、絶対変えるなという訳ではありませんが、このポケモンに至ってはよく吟味してからスキルチェンジを使ってください。


・マンムーのアップダウン
何をとち狂ったのか、元のスキルが有用だったポケモンにさらに別方向で有用なスキルを付与されました。元がバリアけし+なのであまり変えない方が良さそうですね。火力スキルとしてはバイバニラのはじきだすでほぼ十分である点もマイナスです。凍らせる利用したときのバフをかけつつバリアを対策する選択肢を火力スキルひとつのために潰すのは得策ではないでしょう。とはいえどちらも有用なのでランク不定に分類させていただきました。一応変えてしまったとしても、互換スキルとしてフリージオのバリアはじきというスキルもあるので、3マッチの安定性を無視するなら変えてもいいとは思う。


9.マイナーなもの(主にDランク指定から選抜)

使用出来るポケモンが大幅に増えてきたのでこういう区分に分けにしました。優先度は高くないと思ってください。決して弱くはないスキルですが色々と必要なグッズがスキルチェンジ以外にあるポケモンを中心に集めました。


・フシギダネとゼニガメのメガパワー+
これらの補正を受けるポケモン自体メガシンカが早いポケモンが多いので不要という印象。まぁ一応イベントニャースでも使えるので産廃はしませんが、ちょっとスキルチェンジがもったいないですね。メインステージでスキルパワーが掘れるので強化は出来ます。しかし、ドロップ率が高いのでスキルレベル5にすれば3マッチの安定性が高くなりすでに既存のメガパワー+持ちを使うよりもずっと使いやすくなるためメイン周回でのスキルレベル強化を視野にいれかつ、スキルチェンジが余ってるなら投与しても良い。


・レパルダスのいれかえ++
能力自体も強く、攻撃力は高くもなく低くもないですが、SCイベルタルというライバルがかなり気になる。一度に変えられる個数は多いですが、バリアつきのブロックに対しては対抗しづらいという点と4消しでは確定で発動してくれない点がデメリット。前者はバリアけし+で合わせて使うのは効率悪いし、後者はスキルパワーで一応補えるけどちょっともったいないかもしれない。


・ソーナンスのいわをけす+

メガミュウツーY軸がかなり活用しやすくなるので有用ではあるが、岩ブロック程度はスキル無しでも対処出来るので難しいところですね。スキルチェンジが有り余ってるなら視野にいれてもいいかもしれない程度。


・ラプラスのショックこうげき
タイプを考慮しても一応有用だが、やっぱり発動率がネックで、スキル上げしないと実用的ではない点が最大の欠点ですね。一応眠らせるが効かない岩タイプには麻痺が効くので有用といえば有用です。ポッポのようにメインでスキルパワーを上げられる機会があればそれなりに使えるかもしれない。(ポッポのようにドロップ率高めじゃないと微妙だけどね)レベル上限解放はアップダウン組とは違って必要はないのでスキル掘りさえ出来ればハードルは高くない。さらには色コイキングというライバルも出現したためSLを上げないと微妙になりました。


・だんけつについて
安定性が高い点がメリットではあるが、メガシンカ含め、タイプをなるべく統一する必要があるという点と大半は掘りが出来ず、スキルパワーMの消費が必要である点が難点。また補正の大部分がパワーアップの適応外でありランキングステージなどでは活用しづらい欠点もある。

安定性という性質からポケロードの周回で一部の層で利用され、だんけつパにすることでメガスピアーの選択肢を外すことが出来、周回の時間効率を上げることが出来ます。あとスキルパワーの要求コストもアップダウンとほぼ同じな点がやや長所ですね。ただし、だんけつ持ちは総じてマックスレベルアップの要求コストが多いため、初心者はまず手をつけるべきではないでしょう。上級者向けのやり込み層にはかなり好まれるのでそういう層は作っていくといいかもしれない。

ポケロードが難化したためほぼ産廃スキルとなりました。安定度は高いのですが難関ステージ攻略でははじきだすやさいごのちからがトレンドなためあまり使う可能性が薄いです。


10.変えるべきでないポケモン達
Fランクに入れたポケモンが該当するポケモンになります。例えばゾロアークの比較ではれんげきとダークパワーを比較した場合、ダークパワーの方が優秀だかられんげきにスキルチェンジするのは損します。他にはライコウは選択制のスキルでバリアけし+とおどろかすを選べますが、バリアけし+の方が使う頻度が高く、驚かすは他で代用も効くので明らかに比較で産廃スキルというものもこちらに分類しました。能力としては使えるけどタイプの関係で不利なミミロップ、ガルーラなどもこちらに分類。まぁだいたいこんな感じです。少し一部ポケモンを解説しましょうか。

・デデンネのショックこうげき
まひさせるの持続ターンがさらに伸びたスキル。マヒの効果が長いためオジャマ遅延には一役買ってくれそうですが、あいかわらず発動率は低すぎるためスキルパワー等による補填は必須となる。最大の欠点はデデンネが有効なタイプの中で、まひが効く相手が水タイプしかいないという点。電気に弱いタイプのオジャマ遅延系は水ならねむらせる。飛行ならこおらせる+があるので不要。

・ハイメガパワー
能力こそ強いですが、発動確率がスキルレベルを上げてもかなり低確率なのでほぼ産廃スキルです。

・レジロックのいわをけす+
現状だと一部のカブトなどでも代用出来ます。エンテイのいわをけす+みたいにコンボ系スキルの存在やメガシンカを補助する目的となるタイプではないため必要性は皆無。またタイプの関係で見ても全てのタイプで互換がいます。元のスキル『さいごのちから』は高難易度のイベントを攻略するうえで有用なので変えるべきではありません。

・ポッポのショックこうげき
高ドロップ率のスキルパワー掘りが一応出来るので強化できますが、イベントニャースをふりはらう戦法で稼ぐやり方がやりづらくなるのであまり変えない方がいいです。(私は変えましたけど・・・)
一応ポケロードの4枠目でこのポケモンが出現するのでそのときに使える相手には使えるぐらいですね。


・ブイズのふりはらう+のスキル
17年1月のアップデートで全てのブイズがふりはらう+を持つようになりました。しかしランキングステージやレベルアップステージにはあまり影響が出ないデメリットがあり、オジャマポケモンをそもそも手持ちに含めることで対策がとれるためこのスキルが活きる場面が少ないかと思います。なので使う場面がそんなに多くなく、あまり変えるべきではないかもしれません。メガラグラージやメガジュカインを使うときに使うであろうリーフィアとシャワーズは互換スキル持ちがすでにいるので変えるべきではないです。さらにいうと現在の環境ははじきだすが主体となっており、いずれ他タイプにもはじきだすが解禁されてしまうので、オジャマを消すだけしかないこのスキルは使われる機会が少なくなるでしょう。


・ゲンガーのこわがらせる
70族のこわがらせるになるので強くなる他、メガシンカ前が産廃にならない。ただしメガゲンガーと同時に使えないことや、一部ミッションカード達成するときに困ります。また、メガシンカ枠をこわがらせるのメガゲンガーを使用し、他の状態異常スキルと合わせて使い、先に怖がらせるが発動するとそのスキルの発動を阻害する最大の欠点があります。一部手持ちのポケモンとシナジーが悪くなるのであまり変えるべきではないです。さらにいうとこわがらせるの上位互換であるこわがらせる+が実装されたのでますます不要になりました。スキルチェンジ自体が貴重なアイテムとなっているため少し便利だからといって使用するのは得策ではないでしょう。


・モンジャラのからみつく
うずしおの互換スキル。発動率はやや高めの遅延スキルだが、草タイプにはシェイミLFのねむらせるなどの遅延スキルがあり、キマワリでもスキルチェンジ無しで活用できることを考えるとスキルチェンジがややもったいないのであまり推奨しません。

・バニプッチのバリアけし++
50族で++系持ちを実装っていうパターンです。能力は強いですが、マックスレベルアップが使えない点が微妙。マンムーにスキルチェンジを使ってしまうとこれかルージュラを使うしかバリアけし+系のスキルを氷タイプで利用出来なくなるのでそのときに重宝するぐらい。ただ上限解放がないとまず使いませんねこれ。

・ヒンバスのバリアけし++

バニプッチと同じ理由で変える必要がないです。

・ダゲキのいわをけす+
ソーナンスと同様にして岩自体は対策出来るが、ノーマルタイプで岩ブロックを出すオジャマのステージは結構あるので使えるといえば使える。しかしカポエラーにもスキルチェンジ無しでいわをけす+を持っているのでレベル上限を解放しない限り差別化が出来ない。故に使う必要がないと思います。また、今後ははじき環境が主体になりこのスキル自体が使われることが少なくなるでしょう。

・トゲピーのブロックブレイク
公式ページだけみると何の説明もないためよく分からないスキル。スキルの説明によると壊せないブロックをときどき5個消すとあるのでおそらくブロックくずしの++系スキルでほぼ間違えないでしょう。能力としては使えるけどそれを理想な状態で運用するためにはマックスレベルアップがさらに必要になるのでコストが釣り合わない点が難点。しかも似たような効果を持つSCブルーが実装されてしまったので変える意味が薄くなりました。


・アメモースのきゅうこうか
きゅうこうかの倍率はなんとスキルレベル関係無しで5倍で固定。アップダウンはスキルレベル5にするとランダムで最高7.5倍だがダメージ範囲は安定はしないので期待値的には有利。しかし弱点になるタイプのうち上位の火力スキル持ちがいて、草にはオンバーン、悪にはサワムラーのはじきだすがあるので仮想敵としてはエスパータイプぐらいでしか使えない。後々虫にもはじきだすが解禁される可能性も否めないためコストパフォーマンスの悪いこのスキルを変えるのはあまりよくないでしょう。


5.おまけ


・海外勢のランク付け
とりあえずスキルチェンジだけ。毎回更新は面倒なので暇があったときにするものとおもってください。

S+
サトシゲッコウガ

S
キュウコン
カイリキー

A+
ホウオウ(どちらのスキルも)
ミュウツー
ディアンシー

A
マリルリ
エンブオー
ドンファン
マンムー
オンバーン
ボーマンダ
ゼルネアス
イベルタル

A-
ヘラクロス
サワムラー
クチート
ライコウ(バリアけし+)
スイクン(ブロックくずし+)
エアームド
バニリッチ
バイバニラ
ビクティニ

B+
グレッグル
ヌメルゴン
グラードン
ゴクリン
ルギア
レントラー
ピジョン
チルット
グレッグル
ジガルデPF(さいごのちから)

B
メレシー
ユキメノコ
サーナイト
エビワラー(こおらせる)
レジスチル
ナゲキ
トドゼルガ

B-
スピアー
バシャーモ
ジュカイン
ラグラージ
ゲノセクト
カイオーガ
ミュウ(ブロックくずし+)
ミズゴロウ
レックウザ


全部書いてると結構大変なのでBランクまで。私の評価と違う点としては、なぜかやけどさせる+が高評価という点とはじきだすのオンバーンとサワムラーが思ったより評価が高くない印象。日本の場合ははじきだすについてはおおむね評価が高い印象ですが、ここらへんセンスが違うんでしょうね。

必要SPの差で違いをつけたって考えも思ったんだけど、それだとやけどさせる+が上位にある理由がつかないんだよね。謎だ。基本的には私が評価したランキングと6割ぐらいは似てるところがありますね。エビワラーをこおらせるを選択するところとかは私の意見と同じみたいです。

私のほうは独断でバッサリ、ランク付けしているせいもあってかやや偏りもあります(コメントによっては意見を反映させることはある)が、海外だと議論された上でつけてる点があるので評価がわかれるところがあるのかもしれない。