E7:波濤を越えて

E7タイトル

選択難易度:
出撃形態:連合艦隊
お札:なし(どんな札でも投入出来る)


1.前置き


本当はゲージ削り時から記事を書いても良かったのですが、E6であまりにも疲れ切ってしまいモチベが大分落ちてしまったのでゲージを割ったときに書こうと決めました。

艦これ目的で訪問する人はそこまで多くはないと思うので、あまりこのブログに期待はしてない人が多いかもしれませんが、記事の執筆に遅れてすいません。しかし今回ようやく攻略出来たので編成を記述したいと思います。

今回はゲージ破壊編成はボーキ以外の資材が枯渇しそうな人向けに編成を組みました。
大和武蔵を使っても倒せず資材が枯渇しそうな人は参考になればと思います。


秋イベお役立ちリンク集
フィット砲一覧はこちら
対空カットインにおける摩耶改二の運用方法
連合艦隊の仕様について
熟練艦載機対応版制空計算機(きらきらカウンター)

E7マップ

空母機動部隊なら上ルートでスタート
水上打撃部隊なら下ルートでスタートします。
ルート固定は基本ありませんが、JからMは秋津洲(大型飛行艇必須?)を第一艦隊に組み込むことで行きやすくすることが出来るようです。
どうしても潜水棲姫がいるマスを避けたいなら編成に組み込むことを検討してもいいかもしれません。
ただし空母機動部隊の場合はFからIに行くルート固定が見つかってないので秋津洲を編成に組み込む戦法あまり有効ではないかもしれません。

2.編成

これからゲージ削り編成とゲージ破壊編成を紹介します。
ゲージ破壊編成は複数紹介しますが、最初によくあるテンプレの資材を投げ売ってゲージを割る型を紹介し、最後に資材枯渇しそうな提督向けの編成を紹介します。因みに私は2つ目の編成でゲージを割りました。各編成の利点について解説を交えますのでそれぞれ2パターンを比較してご参考ください。

なお今回は消費をしなかったですがゲージ破壊編成に使っている女神ダメコンは使うことを前提に装備させています。必須ではないですが、一応初めに断っておきます。(いつもは使いません)

ゲージ削り編成
A.空母機動部隊
削り編成1

削り編成2

削り編成空母機動部隊バージョンです。
削りは水上でやる人の方が多いですがボーキの備蓄が十分な場合はこちらのほうがいいかもしれません。
基地航空隊の空襲は距離の関係で水上打撃部隊により刺さるのでボスに辿りつければ開幕は期待出来ます。
重巡2にしている理由は空母棲姫がいるマスで2巡させないためです。
最大で開幕の空襲と合わせて5回避ければいいので戦艦入れるよりは道中突破はしやすくなります。
阿武隈の枠は大淀でもありですが開幕の空襲で削れればいいと思ってる人は阿武隈。
空襲だけでなくちゃんとボスを倒す可能性をあげるなら大淀にします。

水上でやる場合は第一を戦艦4軽空母2、第二を軽巡1駆逐2高速戦艦2重巡1あたりで削ってください。
ただし航空戦は基地航空隊が弱体する他、航空支援と基地航空でのみしか開幕は期待できない点に注意。

B.水上打撃部隊(低燃費型)

【第一艦隊】
水上打撃削りA

【第二艦隊パターンA】
水上打撃削りB

【第二艦隊パターンB】
水上打撃削りB2

水上打撃部隊での削りを編成を少し軽めにした編成。
さらに軽くするなら第二を捨て艦にするという手もある。
ただし春風チャンスはほぼない。パターンAでも春風のドロップチャンスは狙いにくい。
パターンBは旗艦を落とせる可能性はあるが、戦艦を切ってるためS取れない可能性はあるかも。
倒す必要はなく基地航空で削れればいいという人は第二のパターンA、しっかり倒す可能性を上げるなら第二のパターンBあるいはさらに編成を重くする。

第一艦隊をさらに軽くするなら戦艦を最小限まで減らして戦1重2などにする。ただし道中突破率は落ちる可能性もあるのと、ボスの随伴を倒す可能性も薄くなる点に注意。

C.削り基地航空隊
削り第一航空削り第二航空削り第三航空


画像はシステムが分からなかったときに構成していたものです。
実際は二式大艇にしていますがここは零戦52型丙601や52熟練、21型熟練などにしましょう。
弱い陸攻を前半。強い陸攻を配備させます。
一番上は艦戦にしてください。一番上の配備は空襲によって削られるため熟練度を上げにくい陸攻は絶対配備しないようにしましょう。第三航空隊は削りのときは防空安定です。
削りでボーキを食ってしまうと後の破壊のときボーキが枯渇して困らないようにするためです。
防空は索敵が影響あるかもしれないので索敵機を入れるといいかもしれません。
なお局地戦闘機を複数持ってる場合は紫電改二ではなく局地戦闘機を優先していれるとよいです。


ゲージ破壊編成

A.究極連合艦隊型(機動部隊)
ゲージ破壊編成1

ゲージ破壊編成2

資材を投げうってやる型です。
第二艦隊はWGの数によって変わりますので各自調整を。
後の方で説明しますが綾波のカットインはいらないかもしれません。
第一艦隊はかなり思考停止でやるタイプですが、資材消費がとんでもなくやばいです。
当然E7甲にトライ出来る数も少なくなるのでその点は考慮してください。
因みに資材が10万を切りそうなあたりからこの編成をやめました。

B.資材枯渇(しそうな)提督型
ゲージ破壊編成改ニ1

ゲージ破壊編成改ニ2

本題の資材枯渇しそうな提督向けの編成です。
Aのゲージ破壊編成を複数回運用していると資材消費が割高なので燃料があっという間に溶け、いずれ火の車になります。それを救済する策として大和型戦艦を外し、空母機動部隊を運用しつつ道中突破することをなるべく意識編成にしました。これならE7ラスダンにトライ出来る回数も増やせます。

大和武蔵を切った一番の理由は何度も何度も何度も試しましたが、随伴の対払いをしっかりこなしてくれなかったからです。かなり運が良ければ2~3艦は落ちてくれますが、大半は6隻残っている状態で中途半端に大破状態ぐらいにしかならないためリスクとリターンがあまり釣り合わないと思いました。結局開幕の空襲がうまくヒットし、スナイプすれば勝ちなので随伴はもう落とせないものとして諦めて開幕と夜戦にワンチャン賭ける型です。

じゃあ大和型使わないで他の戦艦にすればいいじゃんって思うかもしれません。資材消費の理由から切った訳ではなく、戦艦を切ることは削りのときと同じ理由で、空母棲姫マスで2巡させるのを避けるためです。これなら少し道中を抜けやすくなるので必然的にラスダンにトライ出来る回数を増やせます。

当然道中を抜けやすくするため艦隊司令部も使います。道中抜けさえすればボスに空襲で倒せる可能性もありますからね。

旗艦は中破で動けなくなる加賀一択。
46スロは最強の触接機天山友永隊がオススメです。
46スロは防空棲姫がいないこのマップでは滅多なことがない限り枯れません。(稀に枯れることはある)
加賀以外の他の空母はあとは適当な熟練度がついて艦攻でおk

駆逐艦は夜戦に移行するまでにまともに生き残らない経験則からボスの随伴を削ったりする装備ではなくただいるだけの装備にしました。なので順番は一番下にしています。ただいるのもあれなんで秋月型は最強の対空カットイン兵装。それ以外の駆逐艦は秋月型の防空を邪魔をしないような対空兵装に加えて探照灯で吸ってもらう係を務めさせます。

残り4隻はWGの数と相談ですが、フィニッシャーを増やしたいため戦艦2、WG三式の利根、大淀にしました。
WGに余裕のある方は戦艦を切って航巡三式WGを増やしたり、駆逐をフィニッシャーとして増員させたりしてもいいかもしれません。戦艦はリットリオとローマが最もオススメですが、燃費が嵩むためビスマルクと霧島にしました。(本当は霧島の枠はローマにしたかった)

C.最近のトレンド型(水上打撃部隊)

水上打撃編成


水上打撃編成2

巷で流行の水上打撃ほぼルート固定編成@水上打撃部隊
第二艦隊は上のBで示した編成と同じにするか上記のように速吸を使うかのいずれか。
速吸を旗艦から外す場合は艦攻をひとつ減らしてダメコンを搭載する。
秋津洲を使う利点は道中の潜水棲姫マスと空母棲姫マスをかなりスルーしやすくなる(空母棲姫回避は固定ではない)ただし大型飛行艇は必ず必須なので忘れずにいれること。

艦隊司令部を使う場合は秋津洲を旗艦にして司令部を使うか、戦艦を司令部要員にするかのいずれか。

資材枯渇しそうな場合は第一の戦艦を金剛型や伊勢型などの軽い戦艦にするか、戦艦1重巡3などの編成にするかのいずれか。ただし重巡編成は水上打撃の利点は活かしづらくなるので注意。

D.ラスダン用基地航空隊
基地航空ラスダン1基地航空ラスダン2基地航空ラスダン3

ポイントは全ての航空隊をボスに集中させます。
ゲージ破壊したときは情報がしっかりまとまっていたのでちゃんとした基地航空隊の配備に出来ました。
第一航空隊は威力偵察じゃないですけれど艦戦多めにして空母棲姫の艦載機を削りつつ少しダメージを狙います。第二航空隊は本格的に削ってほしいので陸攻は少し多めにがっつりいきます。第三航空隊は敵の艦載機の数が減ったところで最大戦力の陸攻×3で畳み掛けます。削りは防空して資材消費を気にしますが、ラスダンはそうもいってられないのでノーガード戦法でいきます。

水上打撃部隊の場合は要求される戦闘行動半径が大きくなるので零式艦戦21型(熟練)や零戦21型などの戦闘行動半径を稼ごう(陸攻を使わない部隊)

支援艦隊
道中支援

まぁE7甲をやる人が今更道中の支援艦隊で悩む人はいないと思いますが一応晒しておきます。
道中支援は当然全艦きらづけします。戦艦から重巡に落としてもいいですが、空母棲姫がいないAマスでも結構えげつない編成をしてるため戦艦を使います。比較的燃費の少ない伊勢日向がオススメです。火力キャップ考えるなら正規空母の飛龍蒼龍が空母枠ではオススメですが、燃費が嵩むため軽空母にしました。

決戦支援
決戦支援

わりと適当にしました。
空母棲姫に対して優勢になるぐらいがちょうどいいかも。
艦攻の支援も考えられますが、艦攻は主力と基地航空隊でがっつり使いたいので艦爆支援でいいと思います。
どっちも試しましたがたいして変わらなかったですしね。くどいようですが、駆逐艦は電探はなくてもいいです。航空支援に命中は関係ないとのことなのでお守り程度です。こちらは旗艦きらだけでいいと思います。


3.解説

局地戦闘機について
最近の検証では局地戦闘機は普通の戦闘機の計算式とは違うようで、迎撃の値も制空値に影響があるそうです。戦闘行動半径を他で稼いでいる場合は烈風の代わりに搭載を検討してもいいかもしれません。

丙作戦を選ぶ場合
水上打撃だと道中の潜水艦がかなりうっとうしいので削りでも機動部隊を選択します。
ゲージも割るときも機動部隊で割ります。
編成は戦艦2正規空母4、第二は雷巡1戦艦1重巡1駆逐2軽巡1などです。
基地航空隊は甲作戦と同様に第一は零戦21型or熟練、艦戦、艦攻、艦攻。
第二以降は艦戦を一番上にひとつ。あとは艦攻と陸攻のみでおk
基地航空隊をボスに集中的に飛ばし航空支援出せば砲撃前に倒すことも可能です。
道中支援はE6丙などと比べ比較的ゆるいので出してもいいし出さなくてもいい。
WGは必須ではなく三式弾のみで倒せると思います。運が良ければ開幕で終わります。

WG42を一つも持ってないんだけど?
内火艇が中枢棲姫-壊-に対して有効である場面があるそうです。
エフェクトは出ないですが、主砲連撃の内火艇でゲージを割った人もいるとか。

もしWGが1つもない場合は、阿武隈改二を採用して主砲2内火艇か主砲1副砲1内火艇の装備にする。
1つは持っている場合は軽巡枠を大淀または神通改二にWGを搭載させる。

丙作戦の場合は三式弾だけでもゲージを割れると思うので内火艇はなくてもクリア出来ます。

駆逐艦何させればいい?

何回かやれば分かりますが、大半は夜戦に移行する前に駆逐艦は大破でだいたい落ちてしまってるので無理に夜戦火力要員の役割を持たせる必要はありません。第一艦隊の火力を削がないようにするために機動部隊なら秋月型に対空カットインさせて道中を安定化させたり、他駆逐に探照灯を持たせて置物にするという戦略もあります。あるいは魚雷カットインして対払いしてもらうとか。ただ夜戦に移行する前に随伴が残っていることを前提にすること自体まず勝つ可能性が薄いので微妙かもしれない。

あるいは、先に示した通り内火艇が特攻があるかもしれないっていう情報に期待して、駆逐の装備を主砲2の内火艇持ちにしてフィニッシャーを増やすという戦略も有効です。ただしこの場合はWGを搭載したりせず内火艇と主砲2のみ搭載してください。ただし改修の効果が薄いとそこまで大きなダメージは期待出来ないかもしれません。出来ることなら可能な範囲で改修をした方がいいかもしれませんし、内火艇より下位ランクの装備である大般戦車や大般は効力が薄いかもしれません。

因みに丙作戦の場合はこんなことしなくても開幕の航空戦でゲージ割れるので用意しなくてもおkです。

ラスダンは水上と機動どちらが良いのか?
水上打撃部隊
現在は潜水棲姫マスは回避できる編成が見つかったので第二に被害が影響は機動よりは出にくくなった。
水上打撃部隊の利点は駆逐古鬼を第二の砲撃戦に移行する前に倒しやすいため閉幕雷撃を防ぎやすい。
また、空母の熟練クリティカルよりも戦艦の弾着の方が出やすいので随伴は叩きやすいのが利点だ。
その反面、基地航空隊は戦闘行動半径の影響で全力が出せない可能性があったり、主力の連合艦隊の開幕の航空戦は空母機動部隊よりも打撃力に差がある。その結果、ボス本体には空母機動部隊よりは若干刺さりにくい。また、戦艦を多用するため燃料と鋼材をかなり浪費するなどの欠点もある。

空母機動部隊
利点は基地航空隊が、戦闘行動半径の影響で水上より全力を出しやすくかつ、主力連合部隊の開幕の航空戦でボス本体への打撃にも期待出来る。欠点は駆逐古鬼からの閉幕雷撃を水上より受けやすいので、第二の夜戦要員が潰されやすい。空母機動部隊の熟練クリティカルは戦艦の徹甲弾による弾着観測よりも発動しづらいので随伴は叩きにくい。結果、随伴がほとんど残った状態で夜戦開始になる可能性が高い。空母を多用するためボーキをかなり使うが、戦艦は多く使わないので鋼材の浪費は抑えられる。その他1マス目は潜水艦ではないため水上よりも初戦だけは進みやすかったりする利点はある。

まとめ
水上は燃料鋼材は多いけどボーキが少ない場合は使いやすい。
機動はボーキは多いけど燃料鋼材が少ない場合は使いやすい。
水上は随伴は叩きやすいが、ボス本体へのダメージが少なくなるので夜戦で落とし切れない可能性がある。
機動は随伴は残りやすいが、ボス本体へのダメージは叩きやすいのでスナイプすれば勝てる。
結局はスナイプするか、クリティカル出すか出さないかです。それぞれ浪費する資材が異なるため残り資材と相談して選択するといいかもしれません。

ゲージ破壊で艦隊司令部施設を使うポイント(空母機動部隊)
護衛撤退させるときは基本的には空母棲姫マスで大破艦出たときです。
それ以外の場合は論外なので基本撤退します。
護衛撤退してもいい艦は駆逐艦、第一艦隊の旗艦以外の空母、第一艦隊の重巡のみです。
それ以外はフィニッシャーが減るのであまり帰さない方がいいかもしれません。

きらづけ

第二艦隊は間宮伊良湖を使わない場合は全艦きらづけ推奨。
資材があるうちはなくてもいいかもしれませんが、枯渇しそうな危機的状況ではそうもいってられないのできらづけしましょう。駆逐艦は護衛撤退要員になりますが、きらづけの資材も軽いため手間さえかければ簡単にきらづけ出来るはずです。

第一艦隊の空母は効率よくきらづけをする場合はどう足掻いてもきらづけでボーキを食うため任意です。(翔鶴と瑞鶴の改二甲の場合は上の2スロットを他の副砲などで埋めることでボーキを一切消費することなくきらづけが一応出来る。大鳳と加賀の場合は上3スロ埋めるしかないのでどうやってもボーキは食う)
自分の場合は空母はきらづけなしにしました。ただし重巡はきらづけしやすいので最低限2重きらまではしました。こちらは第二艦隊と違って任意ですが出来る限りのことをしたいならやっておくに越したことはありません。

道中ルート選択(空母機動部隊)
途中で稀にIマスを通ることがあります。
その場合迷わずKを選択して弾薬ペナルティを受けないルートを選択しましょう。
潜水棲姫に一発もってかれることもありますがリターンもそれなりに大きいのでそれぐらい覚悟してKマスにいきます。なお道中支援がなければMマスに通ったときに苦戦を強いられます。こういうときのことも考えて道中支援を入れていると良い訳です。

艦載機熟練度の回復
基地航空隊でのみしか運用出来ない陸攻の場合はまるゆ単艦でE5に出撃して潜水マスで撤退を繰り返し熟練度を鍛える。ただし艦載機は配備するごとに燃料とボーキを食うので普通の艦攻は1-1で鍛えたほうがいい。

熟練度回復

ただの艦攻は以上のような装備の龍鳳にバイト駆逐2~3艦いれて1-1できらづけします。
龍鳳は4スロット使えかつ、燃費もそこそこ安い上に仕様上ボーキを一切消費することなく熟練度を鍛えることが出来ます。

しかも一番使う資材である燃料が鳳翔を除いてどの空母よりも安い。
もっている場合はぜひ使いましょう。

ない場合は祥鳳改などでもボーキを一切消費することなく鍛えられます。
とにかく20スロ未満の軽空母を使って鍛えればいいと思います。




4.敵情報一覧

道中の敵やボスの情報を書いておきます。
道中は一例で複数あるので参考程度でお願いします

一応後日書きます。
とはいっても多分甲やる人は敵編成ぐらいは多分知ってるかと思います。
詳しい編成はwikiにのってるのでそちらをみるといいと思います。


5.結果

出撃状況
偵察開始
1:道中大破(2BEG)
2:道中大破(BEGIJL)
3:道中大破(BEGIK)
偵察終了
4:道中大破(ACFHL)
5:ゲージ削り(ACFHL)
6:道中大破(A)
7:ゲージ削り(ACFHL)
8:ゲージ削り(ACFHL)
9:ゲージ削り(ACFHL)
10:ゲージ削り(ACFHL)
11:ボス撃破B勝利(ACFIJL)
12:ゲージ削り(ACFHLN)
13:ゲージ削り(ACFHL)
14:道中大破(ACFHL)
15:ゲージ削りA勝利(ACFIL)春風ドロップ
ラストダンス突入
16:道中大破(ACFHL)
17:道中大破(ACFIJL)
18:旗艦撃破失敗(ACFIJL)
19:道中大破(ACFHL)
20:道中大破(ACFHL)
21:道中大破(ACFHL)
22:旗艦撃破失敗(ACFHL)
23:道中大破(ACFIL)
24:道中大破(ACFHL)
司令部投入(大和型編成で)
25:旗艦撃破失敗(ACFHL)
26:旗艦撃破失敗(ACFHL)
27:旗艦撃破失敗(ACFHL)
28:旗艦撃破失敗(ACFHL)
29:旗艦撃破失敗(ACFHL)
30:旗艦撃破失敗(ACFHL)
31:旗艦撃破失敗(ACFIL)
32:旗艦撃破失敗(ACFHL)
補給艦投入司令部撤廃
33:旗艦撃破失敗(ACFHL)
34:旗艦撃破失敗(ACFIKM)
35:道中大破(A)
36:道中大破(A)
37:道中大破(A)
38:旗艦撃破失敗(ACFHL)
編成変更(資材枯渇型編成に変更)
39:道中大破(ACF)
40:道中大破(ACFHL)
41:道中大破(ACFHL)
42:旗艦撃破失敗(ACFHIL)
43:旗艦撃破失敗(ACFHIL)
44:道中大破(ACFHIL)
45:旗艦撃破失敗(ACFIKML)
日付をおいて挑戦(準備を整えてから)
46:道中大破(ACF)
47:ゲージ破壊(ACFKM)
5/11 10:45 finish
 

消費資材 
消費資材
今回間違いなくE7で一番資材使いました。
途中で燃料数千は回復入れてるので実際はもっと消費しています。
参考程度でお願いします。
さらにバケツは269個消費、洋上補給3、おにぎりは4ぐらい消費。
速吸編成は微妙だったので何回かやってやめました。


あとすこしだった
大和型速吸を運用したときの図。
これ実はビスマルクが旗艦をスナイプしてくれていればゲージ破壊でした。
なんで・・・ここで狙ってくれないんだ・・・。
ここぞっていう場面だったはずだろうに。
嫁艦なのに・・・。なんでや・・・。嫁艦なのに・・・。



後日改めて編成を変えて挑戦。
今度は熟練度などもしっかり鍛えた上で戦略をしっかり練って挑戦しました。


1st昼おわり

開幕の航空戦が100ダメ程度でしかでなかったり、航空支援が60ダメ程度しか出ませんでしたが、砲撃戦と合わせてなんとか損害まで持っていくことに成功。ここで昼戦終了となりました。利根が生存している上に大淀も生きているためチャンスは十分あるはずです。

ゲージ破壊

意識の高い大淀がまず旗艦をスナイプして中枢棲姫に分からせて大破までもっていきました。
続くビスマルクが以前は旗艦を狙わずポカをしましたが、今回は最後の最後で決めてくれました。
何気にイベントの最終海域(しかも歴代の中でも屈指の難易度のイベントで)で嫁艦のビスマルクがゲージ破壊を決めたのは初めてだったので本当に嬉しかったです。


おわり
とりあえずなんていうかな。
今回は疲れました。
まだの人は頑張ってください。


6.おまけ

春イベント開始前にやり残していたことをE7甲攻略後にやってみました。
ボーキは今回のイベでめちゃくちゃ溶けたので元祖低速戦艦ルートで。

5-5編成

破壊は零戦21をフォッケウルフに変更。

消費資材
バケツ24個消費

5-5ゲージ破壊

1:E風
2:ボス撃破(昼)
3:ボス撃破(昼)
4:道中大破(2戦目)
5:E風
6:道中大破(3戦目)
7:E風
8:道中大破(3戦目)
9:ボス撃破(夜)
10:道中大破(3戦目)
11:ボス撃破(夜)
12:ゲージ破壊(昼)

めちゃくちゃ逸れていますがE7甲に比べれば全然楽でした。



人気ブログランキング