1.前置き

テラキオンに続いてビリジオンのエキスラステージ。
おそらくノーアイテム前提の場合、3闘犬の中で一番難しいと思うポケモン。
タイプの特性上、捕獲すればランキング戦を除いたステージで必ず戦力となるので大型イベント(レベルアップ)等がないときにでも必ず捕獲しておこう。

2.相手ポケモン

ビリジオン
ビリジオンタイトル
弱点:氷、炎、飛行、虫、毒
環境:第五パズルポケモン[ケルディオ]
妨害1:最上段または最下段の横1列を岩ブロックに変える[2]
妨害2:左端または右端の縦1列を岩ブロックに変える[2]
制限時間:30秒
捕獲率:1+3n(nは3秒ごと)
ビリジオン
Fig.1.ビリジオンの初期配置

3.パーティ編成

編成例1
1.メガオニゴーリ
2.ゲノセクト
3.ボーマンダ
4.ヒードラン

思考停止で火力が高いポケモンだけを集めた編成。
メガ枠は一番使いやすいオニゴーリを使用。

編成例2
1.メガバシャーモ
2.ヒードラン
3.マフォクシー
4.キュウコンorホウオウ

おくりびメガ馬車軸の編成。
タイプの関係上色合いが似てしまうことが欠点。
玄人向けだが使いこなすと強い。

編成例3
1.メガオニゴーリorメガゲンガー
2.ウォーグル
3.ボーマンダ
4.オオスバメ

おなじみスカイコンボパ。
パズルポケモン-1を使うなら使いやすいかも。
オジャガ+パズルポケモン-1ならメガゲンガーがオススメ。

編成例4
1.メガヘラクロス
2.ボーマンダ
3.ゲノセクト
4.ヒードラン

編成例1をメガヘラクロスにしたパーティ。少し使いにくいかも。

オススメのポケモン
メガ枠候補
メガオニゴーリ
メガバシャーモ
メガゲンガー
メガヘラクロス

飛行タイプ
ボーマンダ
ウォーグル
オオスバメ
ピジョット
ペラップ

虫タイプ
ゲノセクト
ヘラクロス
ウルガモス
ストライク
ハッサム
カイロス

炎タイプ
ヒードラン
ホウオウ

キュウコン
バシャーモ
リザードン
マフォクシー
ヒヒダルマ
エンテイ

氷タイプ
フリーザー
クレベース
レジアイス

毒タイプ
ニドキング
ニドクイン
ベトベトン
クロバット

※ただしこのステージ実装後から追加されたポケモンの一部は除く
(新規実装のポケモンの有無は既存の攻略をヒントに自分で考えてください)

4.解説

1.編成やアイテムの使用についての解説

第五パズルであるケルディオがビリジオンに対して半減であるためノーアイテムで攻略することは難しい。
どうしても無理ならアイテムの使用を視野に入れよう。
パズルポケモン-1が一番効果的であるのでそれに加えてプラスアルファ使うと良い。

基本的には編成例1のような編成がオススメだが、癖の強いメガバシャーモ軸の編成例2や、アイテム前提なら編成例3なんかも良い。

2.攻略の仕方について解説

開幕のバリアで大幅にロストしがちになる。アイテムを使うにしてもこの開幕環境のバリアを崩すことにまずは慣れよう。どうしても無理なら序盤はコンボがあまり出来ない関係からクレベースを使って無理やりバリアを壊すという手もある。

ノーアイテムの場合はひたすら岩ブロックがきたら隣接した箇所で消してコンボを続けるだけだが、オジャマガードを使ってる場合は止めてる間にいかにコンボを続けるかが重要。そのためにはやはり開幕のバリアを短時間で処理できるかがカギとなる。

制限時間も短いためとにかく手を動かしてやればアイテムを使うなら早々難しくはない。(メガバシャーモやゲノセクトなどと比べて)


 人気ブログランキング