1.前置き
カビゴンの手数が多いことからもしかしたらデンリュウみたいにレベル上げに使えるんじゃね?と思ってちょっと考えてみました。ただし予め言っておきますが、デンリュウとは違い汎用性はあまりなく限定的なレベリング方法なので注意。因みにイベント限定のポケモンは必須ではないのでその点はご安心ください。

2.相手ポケモン

カビゴン
HP:31900
手数: 55
弱点:格闘 
環境:初期配置は下記の画像参照
妨害1:2~4箇所を岩ブロックに変える[2]
妨害2:縦1列を岩ブロックに変える[2]
妨害3:横一列を壊せないブロックに変える[2]
妨害4:横二列を壊せないブロックに変える[2]
HPが多いときは妨害1または妨害2を使用。
HPが少なくなると妨害3または妨害4を使用する。いずれも下側にブロックを貼ることが多い。

WVW69igyfK8RR-iGJ3


3.編成
パーティ編成をまず考えるところからですが、メガシンカ枠はメガプテラ一択。メガプテラで岩や壊せないブロックを一掃するためです。

残りレベル上げのお供にするポケモンですが、格闘タイプから3匹どれか選んでください。編成例を書き起こすと以下になります。

編成例1
1.メガプテラ
2.ナゲキ
3.コジョンド
4.ダゲキ

編成例2
1.メガルカリオ
2.コジョンド
3.ダゲキ
4.ナゲキ

編成例3
1.メガライボルト
2.コジョンド
3.ダゲキ
4.ナゲキ


編成例4
1.メガチャーレム
2.コジョンド
3.ダゲキ
4.エルレイド


編成例1のようにメガ枠にメガプテラを配置。残りは格闘タイプしか使えません。他のタイプを使うと手数が足りなくなるからです。お気づきの方もいるかもしれませんが、要するに格闘タイプとメガプテラをレベリングするための道場です。とくにデンリュウ道場にてメガ枠として使うことが出来なかったメガプテラが使えるのが最大のメリットになります。

因みにメガプテラ、格闘2匹、残り1枠鋼タイプを入れて試しにやってみたところ手数が足らずにゲームオーバーとなったためやっぱりプテラと格闘タイプ以外は育成することが厳しい。なので、鋼タイプや電気タイプを育成するなら従来通りデンリュウに地面タイプを混ぜてレベリングする方法の方が効率良さそうです。

また、編成例2のようにメガプテラではなくメガルカリオを用いた方法でも可能。
後半以降に使われる壊せないブロックに変えるオジャマにさえ気をつければ良い。

一方、メガルカリオやメガプテラがカンストしてしまった場合は編成例3のような編成も良い。こちらは動かし方をよく考えないとゲームオーバーになる可能性はあるが、ギリギリ攻略出来る。一回試しにコジョンド、ダゲキ、ゴロンダ、メガライボルトでやってみたところ残り手数3でクリア出来た。もしかしたらメガデンリュウでもいけるかもしれないがメガライボルトと違ってオジャマに対してメガライボルトよりそこまで強くないので微妙かもしれない。

また新たにメガチャーレムを組み込んだパーティでもレベリングが使用可能に。
ただしコンボ誘発率は高くはないのである程度考えて消す必要があるのと弱い格闘タイプを育成することは難しいので注意。


4.方法
まず左右のカビゴンのおじゃまが邪魔なので2回に分けてカビゴンを消しましょう。次にメガプテラにメガシンカ出来るようにプテラを消します。

このとき岩ブロックの妨害も仕掛けてくるため岩ブロックにも対応しつつプテラを消してください。プテラにメガシンカ出来たら任意のタイミングでプテラを消しつつ格闘タイプのポケモンを消してコンボを狙ってください。

後半以降、壊せないブロックに変える妨害のときは厄介なのですぐにメガプテラを消そうとはせず壊せないブロックに変えるオジャマを使った直後に消せるように備えておいてください。

とくに下側中心に妨害してくる傾向にあるので下側にメガプテラを貯めないようにすること。




  人気ブログランキング