1.前置き
MAP
軽巡1駆逐5の編成でAEGFB固定(駆逐6はランダムでAorCルート)でほぼ資源が黒字になりますが、軽1駆逐5や駆逐6以外の編成にするとCマス(一部例外あり)へ行き、ほぼ赤字になる海域になっています。ボスはこの海域では存在せず、資源を回収するごとにゲージが減少していき、最終的に出撃できなくなるっぽい?です。因みにBマスでは大淀が出る報告もあります。

2.編成

まず編成例ですが、下記に4つ示してみました。A編成は正攻法でやる一般的な編成ですが、Fマスで必ず敗北が1つく欠点があります。B編成は試してみたということで一応載せてますが、上ルート(Cルート)に行くため資源が赤字になるので他の編成にしてください。C編成はほぼ確実に黒字になる編成でかつ安定性も抜群ですが、欠点として敗北数がかなり増える編成です。D編成はA編成に改良を加えた形で、航空戦のFマスで敗北がつかない編成になります。欠点としてCマスに逸れることがあります。C編成を除いてそれぞれ長所と短所があるので各提督のプレイスタイルに合わせて編成を選びましょう。

A.下ルート編成:一部資源がプラスになるオススメの編成(正攻法)
軽1駆逐5(対空カットイン必須、秋月推奨)
すいらいせんたい
1.秋月改
10cm連装高角砲(高射装置)×2 13号対空電探改
2.夕張改
20.3cm連装砲(3号)×2 FuMOレーダー 25m三連装砲機銃(集中配備)
3.島風改
12.7cm連装高角砲(後期型)×2 13号対空電探改
4.Z3zwei
12.7cm連装高角砲(後期型)×2 13号対空電探改
5.Z2 zwei
12.7cm連装高角砲(後期型)×2 13号対空電探改
6.Bep
12.7cm連装高角砲(後期型)×2 13号対空電探改


B.上ルート編成:消費が多くオススメしない玄人向け
上編成
※一応試してみたということで載せておきますが、AまたはC編成で行きましょう。

1.瑞凰改
天山931 カ号観測機 烈風 彩雲
2.大淀改
20.3cm連装砲(3号) 20.3cm連装砲(3号) Ar196改 三式ソナー
3.筑摩改二
SKC20.3cm連装砲×2 瑞雲12型 零式ソナー
4.秋月改
10cm連装高角砲(高射装置)×2 13号対空電探改
5.夕張改
20.3cm連装砲(3号)×2 三式ソナー 三式爆雷
6.千代田改二
烈風改 烈風601 烈風601 彗星江草隊


C.下ルート:敗北数がかなり増える編成。資源は黒字
1.秋月を使ったパターン
編成例1
1.秋月改

10cm連装高角砲(高射装置)×2 13号対空電探改
2.Lv1軽巡
初期装備or装備無し
3~6 Lv1駆逐
初期装備or装備無し

2.軽巡を使ったパターンA
編成例2
1.五十鈴改二

10cm連装高角砲(高射装置)×2 14号対空電探 or FuMOレーダー
2~6 Lv1駆逐
初期装備or装備無し

3.軽巡を使ったパターンB
阿武隈
1.阿武隈改二
大発×3
2.以降
装備なしor初期装備のまま
補給マスではダイハツを積むことで得られる収支が増えるらしいので(wiki情報)乗せて弾薬を増やす作戦。
何回か試したところでどうも確定で増える訳ではなさそうだ。

★このC編成で出撃する場合は陣形は全て輪形陣を選びましょう。

D.敗北数を限りなく増やさず資源を回収する編成例
編成例2A
1.秋月改
10cm連装高角砲(高射装置)×2 13号対空電探改
2.夕立改二
12.7cm連装高角砲(後期型)×2 13号対空電探改
3.綾波改二
12.7cm連装高角砲(後期型)×2 13号対空電探改
4.雪風改
12.7cm連装高角砲(後期型)×2 13号対空電探改
5.あきつ丸
烈風改 烈風601空 烈風601空
6.利根改二
瑞雲634空 瑞雲634空 瑞雲12型 瑞雲12型

※ただしルートから逸れる確率がかなり高いのでオススメしない

D編成での航空戦マスの制空計算
制空
きらきらカウンターの制空計算より、敵制空値が55なのであきつ丸と利根改二を合わせれば航空優勢を取ることが出来ます。

制空2
また烈風改や烈風601空を持っていない場合でも制空値を取ることが可能です。


3.出撃
A編成、C編成のルートのみ記載。

Eマス(1マス目):梯形陣

1マス目
代表的な編成例。潜水マス。上ルートとは違いソナー爆雷なくても錬度を上げた駆逐艦なら倒せるため単横陣形を選ぶだけで良い。因みに敵潜水が4隻のこともある。

Fマス(1マス目):輪形陣
2マス目2マス目パターン2

MI作戦以来の、航空戦を2回行うだけのマス。輪形陣を選べば良い。秋月の対空カットインが発動すれば道中事故も少なく安定する。敗北を嫌って夜戦をしても良いが、リ級でワンパン大破する可能性があるためオススメしない。なお軽巡の代わりに軽空母1いれても上ルートに逸れるためここは敗北するのは避けられない。

Bマス(1マス目):単縦陣
3マス目
最後の敵編成となるが、ここで大破しても次のマスが資源マスなので安心出来る。敵の軽巡が少々厄介ではあるが、単縦陣を選んで多くの敵を倒してもらおう。たまに軽巡の代わりにリ級フラグシップも出るため注意。


4.解説

始めの方でも述べていますが、B編成はちょっとでも軽くなるように編成を組んでいますが、上ルートに行く関係上、大破撤退が多くなり、資源も赤字になる可能性が高いためオススメしません。他のAやDの編成にしてください。大淀を掘る場合はA編成でやると安定して掘ることが出来ます。D編成では夜戦要員が少ないのと、ルートを固定出来ないため掘る場合はA編成推奨です。

A編成の解説
Aルートでは比較的敵編成が弱体化する編成で、航空戦さえ超えれば大破撤退も少なく安定します。対空カットインはほぼ必須なので秋月改は必ず編成に加えましょう。軽巡は夕張を採用し、対空機銃を乗せて2マス目の航空戦事故率を軽減させます。摩耶砲を乗せない理由は、他の艦娘に摩耶砲を乗せると秋月の対空カットインを阻害させるため乗せないことにしています。(94式高射装置も同様の理由で乗せない方がいいでしょう)残り4隻の駆逐艦は上の編成例では燃費が少し悪いですが、ぶっちゃけなんでもいいです。安定性は落ちますが、睦月型だと燃費が安くなるのでこの海域には最適かもしれません。因みにソナーの方ですがAマスでは敵艦が非常に弱いため対潜装備無しでも錬度の高い艦娘であれば単横陣形を選ぶだけでほとんど倒せます。したがってソナーを乗せる必要はないです。

C編成の解説
一方C編成では秋月または五十鈴以外は全てバイト駆逐にして資源をがっぽり回収する編成。バケツの消費もほぼなく資源は黒字になりますが、敗北数が2回ないし3回つく可能性が高くなるデメリットがあります。道中は輪形陣を選ぶことで強制撤退率を下げることが出来ます。

D編成の解説
D編成は、敗北数をどうしてもつけたくない場合の編成で、航巡に瑞雲を持たせることでFマスでの航空戦での敗北を回避する編成です。Aにルート固定する編成ではないため逸れる可能性があります。Cに逸れた場合はCマスで撤退してください。Aマスへ行けたらそのまま進撃します。あきつ丸には対潜させたいところだと思いますが、どうやっても制空が厳しくなるため素直に烈風拳にしましょう。

5.結果

資源1

資源2

資源4

資源3

上記の通り様々な資材が貰える模様。ランダムでいろいろ貰えるっぽい。燃料1000も貰えることもあってかなりお得な海域である。C編成ではなく、正攻法のA編成で行ったとしてもほぼ黒字になると思われる。


特別戦果
ゲージを破壊すると、特別戦果が貰える模様。

プレゼント
さらにプレゼント箱が手に入ります。隠し資材or改修資材1が手に入ることになるため毎月壊した方が明らかにお得です。因みにゲージ破壊後に行っても貰える資材が100以下となるため注意。

人気ブログランキング