1.前置き
アイテムを使う場合や、どうしても捕まえたいときにスーパーボールを使うのにもコインが必要。でも課金以外だと中々コインが溜まらない。そこでステージ37ニャースを狩ってコインを少しずつ貯める方法を今回ご紹介したい。攻略のまとめの方にも記述したが、ここではさらに詳しく書いたのでまとめの内容で分かりづらいならこちらをぜひ参考にして欲しい。コインの稼ぎ方は基本330コインを1回のプレイで稼げる。失敗しないように焦らず挑戦しよう。

また、330コイン手に入れる方法だけでなく上級者向けのテクニックとして530コイン狙う方法の解説も後半の方にしてあるので慣れてきたらそちらの方にも挑戦すると良いだろう。

ニャースのステージは通常ステージだけでなくイベントステージもあるので別個でつくると混同しやすいのでそちらも最後の方に簡単に解説してあるのでそちらもあわせてよろしくお願いします。

因みにスマホ版の人はこちらの記事を見ると参考になると思います
スマホ版に対するニャースのコイン稼ぎの方法

2.相手ポケモン

ニャース

HP:1160
タイプ:ノーマル
弱点:格闘
半減:ゴースト
妨害:両端以外の1箇所をコインに変える[3]
備考:1コンボでメガシンカした直後オジャマをしない。

3.編成

編成例1
1.メガゲンガー
2.ストライク
3.ハッサム
4.シャンデラ
バランスの良く微調整が効くため臨機応変に対応しやすい。
330コイン狙いの初心者向け。
この編成で500コイン稼ぐことは難しいので慣れたら500コイン編成に変えよう。

編成例2
1.メガゲンガー
2.ヒードラン
3.ハッサム
4.ストライク
ゴーストタイプを抜いて微調整は不要の編成。編成例1と比べてニャースを仕留めやすい。

編成例3
1.ストライク
2.ハッサム
3.クチート
4.ヒードラン
メガ枠を採用しない編成。メガゲンガー軸より事故は少ないが仕留めるときのHP調整には注意。

編成例4
1.ストライク
2.ハッサム
3.ランプラー
4.シャンデラ
メガゲン抜いたゴーストタイプ混合軸。編成例3でオーバーキルな人向け。メガゲン軸とは違いとどめはさしづらくなっており、ゴーストタイプが終盤固まるとステージクリアを逃す可能性があるかもしれない。慣れてきたらこちらに切り替えるのも手。

編成例5
1.シャンデラ
2.ローブシン
3.エアームド
4.ベロリンガ
ニャースのコイン稼ぎにおいて非常に優秀なローブシンを入れた500コイン狙いの編成。
動かし方によっては事故率は増大するが、最後の一撃を加えるときに非常に安定して倒すことが出来るので一考の価値あり。ローブシンの超火力でオーバーキルしないようにするためにゴーストタイプを採用してバランスを取っているところもポイント。さらに詳しい解説は5つ消しのところで解説してるのでそちらをみていただきたい。


オススメのポケモン
メガシンカ枠

メガゲンガー
メガシンカした直後に1コンボするとコインを吐くオジャマが1ターン遅延するデメリットがあります。
330コインを狙う場合は編成に組み込んでも良いと思いますが
500コイン狙いならむしろ編成に組み込まない方が良いでしょう。

格闘タイプ
ローブシン[70]:さいごのちから
ダゲキ[60]
ナゲキ[60]
ルカリオ[70]
ヤンチャム[50]
ゴロンダ[60]
ドッコラー[50]
ドデッコツ[60]
チャーレム[60]
※ただし一部扱いに困るポケモンは除く

ゴーストタイプ
シャンデラ[50]
ランプラー[60]
ジュペッタ[60]
ヨノワール[70]:さいごのちから
ヨマワル[40]

他タイプ
エネコ[30]
ドーブル[30]
コフキムシ[30]

さいごのちから
ローブシン[70]
ヒードラン[80]
ベロリンガ[50]
カバルドン[60]
レジロック[70]
ヨノワール[70]

むしのしらせ
ハッサム[70]
ストライク[70]

はがねのこころ
ハガネール[70]
エアームド[60]
クチート[50]
ヒトツキ[50]

むれをなす
ゲノセクト[80]
ヘラクロス[60]
ブルー[50]
バルビート[50]
フィオネ[60]

4つの力
フリーザー[70]
ファイヤー[70]
サンダー[70]
クリムガン[60]
ゴルバット[60]
ニドクイン[70]
カイロス[70]
※一部除く

サポートポケモン考察
まずサポートポケモンとして一番優秀なポケモンは連鎖したときの事故でコイン揃える前にニャースを倒すリスクはあるがそれ以上のリターンもあるローブシンはかなり優秀。このポケモンを使えば比較的狙うことが厳しいコイン5マッチも狙いやすくなるのでオススメ。

他にオススメなポケモンはメガゲンガーを採用している場合はサポートすることが出来、採用してない場合は能力をバニラ化することが出来るメガパワー持ちのゴーストタイプのポケモン。
ニャースのHPを調整することが出来るのでローブシンを採用する場合は入れると良い

あとは先の解説したように「さいごのちから」「はがねのこころ」「むしのしらせ」などピンチのときに威力が上がるポケモンはトドメを刺すときに優秀なのでオススメ。ダメージ量が低く済むベロリンガ、ダメージ量が大きく出るヒードランなど自分が使いやすいポケモンを選ぶと良い。

また人によっては「むれをなす」を使った方法でトドメをさす人もいるようなのでそちらが使いやすいならそちらでもいいだろう。


4.準備

ここの例では、ポケモンのパーティ選択は、メガゲンガー、シャンデラ、ゼルネアス、ハッサムにする。(この場合の例ではゼルネアスだが、ゼルネアスはストライクなどに変えた方が良い)
ピンチの時に威力が上がるポケモンをチョイスするのがポイント。シャンデラはダメージ調整+ゲンガーのメガゲージを貯めやすくなるためニャースを最後に処理するときに役に立つ。ピンチのときに威力が上がるポケモンでは、例えばハッサムストライクヒードランなどを1枠採用しよう。5マッチを常に狙う場合はゴーストなんかも採用しても良いと思うが上手く動かさないと大半が失敗するためオススメはしない。

準備のポイント整理
1.メガシンカ枠はコンボを繋げやすいメガゲンガーをとりあえず採用
2.ダメージ調整が出来、メガゲージを貯められるシャンデラは有力候補
3.ピンチの時に威力が上がるハッサムやストライク、ヒードランなどを採用しよう。


5.方法


A
 まずは左端のコインに隣接するパズルを同じ種類2つ分揃えるようにする。隣接するパズルは赤枠のことを指していて、この場合の例では青枠のコインに対して右隣の赤枠シャンデラ2マス分あるため一番右端にある青枠のシャンデラと交換することで3マッチ出来、一番右端にコインを移動することが可能だ。このとき揃えようとしているパズルが一番右端にないと交換出来ないので注意して隣接するパズルを二つ分揃えよう。上記の例では初めから赤枠に2パズル揃っているが、揃っていない場合も勿論ある。その場合は自分でパズルを交換して赤枠のいずれかで2パズル分同じものに揃えよう。


B
青枠同士で交換すると一番右端にコインが移動するため4マッチする条件が揃えやすくなった。

C
 
右端のパズルを消すようにしてコインを一つ移動するだけで4マッチ出来るように上記のようにパズルを消す。

D
4枚目のコインが来るまでの間、ニャースを倒さないように上手く消す。ここでシャンデラを採用していることが生きる場面。与えてるダメージが多くない場合はコンボしすぎないようにハッサムなどで消しても構わない。
 
D
 ここのコインを交換して4マッチすれば300コインゲット。あとはニャースを倒すだけ。

F
コインを4マッチで揃えたらニャースを残された手数以内に倒そう

 6.結果

E

上手くやると毎回330コイン手に入る。5マッチさせて530コイン入手するのは非常に難しいが、狙えるときは狙っていきたい。ただし5マッチする前提でやると失敗することも多いため4マッチを基本で揃えていこう。


7.500コインを狙う方法(上級編)

330コイン狙いで安定して稼ぐのが基本だが、どうせなら500コインを獲得したい。中々500コイン狙うのは難しいですが、出来ることなら多くのコインを獲得したい。そこでこの項目では、500コインを獲得するための実例を示し解説したいと思います。

説明の便宜上パーティ編成はメガゲンガー、ランプラー、ローブシン、エアームドとします。
ランプラーはシャンデラでも構いませんが基本的にゴースト2匹とピンチのときに火力を増加出来るポケモン(火力は高めではないもの)とローブシンを加えたパーティがわりと狙いやすい編成です。

エアームドの枠はクチートやベロリンガなどのポケモンでも代用可能でエアームドと同様にしてダメージ調整がしやすいです。一方火力が欲しい場合はレジロックやヒードランなどのポケモンが出るのでそちらで調整しやすい場合はそれらでも構いません。

注意:メガゲンガーを例にとって解説していますが、実際に稼ぐ場合はメガゲンガーを入れない方が良いです。メガパワーのゴーストタイプ、ピンチで威力が上がる2匹、ローブシンとの組み合わせで編成を組んでください

1.初期配置
ニャースコイン1
初期配置は重要です。500コイン獲得しやすい配置とそうでない配置があります。どういう配置だと500コイン狙うには難しい配置かというと、右端にコインを持っていくのに3手以上かかるタイプのものです。

理想は1手で持ってこれる配置ですが、上記のような2手かかる配置でも狙うことは出来ます。まずは右端にコインを持っていくために330コイン得るときの方法と同様にしてコインと隣接してるポケモン2匹揃えます。

2.右端に一つ目のコインを移動
ニャースコイン2
ランプラーを3マッチ出来る体制が整ったら、実際に左端に移動させます。ここまでは330コインゲットするときと同じやり方ですね。

3.五マッチ揃える状況を作る
ニャースコイン3b
ただ右端に移動するだけでは500コイン揃えられないので500コインが揃えられる状況を作ります。注意すべき点は移動させた結果、上記の悪い例のように5つコイン揃わない移動の仕方はしないようにしましょう。

また、もうひとつのポイントとしては、4つ目のコインが来たときに5コイン揃えられる状況が作れるような状態をなるべく作るということです。例えば上から数えて3番目のローブシンは3マッチ以上で消せる状態にあります。もし上から数えて2番目にコインを移動できたらローブシンを消すことで4マッチ出来る状況をつくることが出来るということです。

4.新しいコインが出現。方針を考える。
ニャースコイン4
新しいコインが出現したらコインを左端に移動させて5マッチ出来る体制を整えます。この場合は右端のゲンガーを移動するだけで簡単にコインを移動させることが出来ますが、うまく移動出来る場所に新しいコインが発生するとは限りません。

その場合1手使って移動出来る環境を作るか、諦めて4マッチないし3マッチで330コインか130コインで妥協することです。ニャースのHPや残り手数と相談して決断してください。コインを移動させるための環境をつくるのに2手以上かかる場合はほぼ不可能なので諦めて300コインに切り替えましょう。

このとき、4マッチで途中で妥協できる状況かつ、5マッチも揃えられる可能性を残す状況が理想です。上記の例では偶然そのような状況になっていますが、そうはならないことの方が多いので時には300コインで妥協することも重要です。(ニャースが2手目で最後のコインを出さないときの保険)

因みにこの場合はたまたまゲンガーでマッチングでコインが移動できましたが、エアームドのときでもコインが移動出来る状況になっています。最低でも2種類のポケモンで移動可能に出来る状況を作っていると500コイン狙いやすいです。反対に同じポケモンばかり右端にある場合は500コインは諦めて300コイン狙いの選択がいいでしょう。

5.ニャースを倒さないようにやり過ごす
ニャースコイン5
せっかく上記のように5マッチ出来る状況を作れてもニャースをコインを揃える前に倒してしまうと今までの苦労が水の泡になるのでニャースを倒さずかつ最後の1手でとどめをさすことの出来るようにポケモンを動かします。この場合エアームドを消すことで被害が少なくなる可能性が高いのでエアームドを3マッチ上記のような移動のさせ方マッチングしてやり過ごします。

台無しになる例を挙げると、分かりやすいものでは、ローブシンを消してしまうとローブシンのスキルが発動して一発でニャースがノックアウトします。一方下側のポケモンを消した場合はゲンガーやエアームドに限らず落ちコンで連鎖する可能性が高いのでなるべくいじることは難しいです。ですので上側を移動させてやり過ごすのが理想でしょう。

その一方でニャースのHPがあまりにも多いとローブシンを消しても、トドメをさすことが出来ず500コインはおろか30コインですら逃すことになるのでその場合は、ローブシン以外のポケモンを4マッチで消したり最後の一手でメガゲンガーのメガシンカスキルを作れる状況を作れると良いでしょう。

6.最後のコインが出現
ニャースコイン6
残り手数を気にしながら残り2手でステージクリア出来る状況がつくれたのならコインを5マッチして500コインまずゲットしましょう。この場合は上記のような場所に最後のコインが発生したのでさっそくマッチングさせて500コインゲットします。

ニャースコイン6a
コインを移動させることにより500コイン獲得することが出来ました。

7.最後の一手でニャースを倒す。
ニャースコイン7a
コインを揃えたらいよいよ最後の一手でニャースを倒します。ここでの一手を間違えるとここまでのお膳立てが全て無駄になるのでじっくり考えましょう。ここまでの解説では丁寧に答えを示して解説しましたが、最後の一手どこを消すのが最善なのかみなさんも考えてみてください。







8.さいごのちから
ニャースコイン7
正解は上記のような動かし方がより最善の方法かと思います。なぜかというとローブシンの4マッチでさいごのちからを発動出来るだけでなくゲンガーのメガシンカスキルを発動することが出来るからです。もし万が一ローブシンでとどめをさせなくてもメガゲンガーのメガシンカスキルで一掃出来る可能性もあります。なのでこのような移動のさせ方がベストでしょう。
ただし気を付ける点としてローブシンから動かしてください。ゲンガーの方からもってきてマッチングするとメガゲンガーにメガシンカしてないこの状況では、最後の力が発動しないので注意。

以上が530コイン得るための実例を挙げた解説になります。あくまで一例ですので全く同じような状況が作れるとは限りません。しかしこの実例は比較的に多くのことを解説出来る良い例だと思うのでこれを参考に530コインゲットにぜひ挑戦してみてください。


8.イベントステージでの稼ぎ方

基本的に手数+5は必須で使う。残りは編成によってメガスタートの有無が決まる。どれが効率が良いのかは落ちコンの運などにも左右され不確定要素が多すぎるため自分の好みで編成を選んでしまって良いだろう。一応考えうるサンプルの編成をご用意したので下記を参考にして欲しい。

メガミュウツー軸
1.メガミュウツーY
2.ニャオニクス(オス)
3.ニャオニクス(メス)
4.エーフィ
メガスタートを使わないで稼ぐ方法の一つ。ミュウツーを消すときにスキルを発動させないように消すのがポイント。メガスタートを使わない前提で組んではいるが、この編成のままメガスタートを使っても良い。

メガミュウツー軸2
1.メガミュウツーY
2.ニャオニクス(オス)
3.ゼルネアス
4.エーフィ
メガスタートありで稼ぐ方法。ゼルネアスを入れることによってエスパーで消す枠が減るのである程度メガミュウツーを消すときに有利不利がはっきりしやすい。

メガゲンガー軸
1.メガゲンガー
2.ゴースト
3.シャンデラ
4.ランプラー
メガスタートは不要。メガゲンガーで早めにメガシンカ出来るかが重要となる。

メガジュペッタ軸
1.メガジュペッタ
2.ゴースト
3.デスマス
4.シャンデラ
メガゲンガーと差別化するためメガスタートはなるべく使った方が良い。メガミュウツーとほぼ同等の使い方が出来るが、メガシンカの効果適応範囲でありながらきまぐれのスキルを持つポケモンを2匹も入れることが可能。


 人気ブログランキング