装備の改修メニューがアップデートで増えたためにどれを改修していくべきか悩む提督も多いと思う。そこでオススメの改修装備をリストアップし、簡単な解説を加えて紹介してみた。悩んでる提督はぜひ参考にして欲しい。またよくありそうな質問もちょっとまとめてみた。改修をどのように進めていくかそちらも参考にしてほしい。

1.大口径主砲
改修資材を多く持っている提督向けの改修。 戦艦クラスを多く運用する提督にとってはなるべく改修していきたい。
改修値の値は装備補正が2倍かかるため★8、★5、★2、★1がお得

35.6cm連装砲
金剛型を支援艦隊としてメインで扱う場合のオススメの改修。消費装備もよくドロップする金剛型などの戦艦から手に入るため改修は楽。試製35.6の方に更新するか、35.6★8のままにするかは各提督の判断。

41cm連装砲
おもに長門型戦艦の支援用または、連合艦隊で長門型を運用するときのため用。改修するのに少し貴重な41cm連装砲を使うため改修は計画的にやる必要がある。試製46や38連装砲改を優先したいなら後回しにするのもあり。

38cm連装砲改
ビスマルクにフィットする主砲。連合艦隊では重宝するため2門程度★8~10にしておきたいところだが改修素材の41の消費がネックになる。★8まで改修すればあの試製41cm三連装砲より火力が1だけ小さい火力+21を実現でき、命中補正+3と脅威の主砲が完成する。

試製46cm連装砲
こちらは現在、ランカー装備であるため入手が難しいが、持っているなら連合艦隊用になるべく改修しておきたい。46cm三連装砲が大和型にフィットではないことを考えるとこの装備がフィットする可能性があるからだ。因みに★8まですれば無改修の大和砲を超えるため対空砲火が弱くなるリスクはあるものの46よりも高い命中率で46以上の働きをする可能性がある。ちょっと大変であるが★5でも無改修の大和砲と同等の威力になるため連合艦隊では大和型の装備として重宝するだろう。

46cm三連装砲
改修するためには★1から46を消費してしまうため★2にするのがやっとだと思う。無理に改修しようとはせず、46の残り数を考えて改修していきたい。また開発でも46は作れるが開発出来る確率は低く、現実的ではないので最高でも★2まで改修するのが妥当。古参なら46が余ってる可能性もあるため在庫を多く抱えてる場合はどんどん改修してもよさそうではある。

優先順位(改修が非現実的な大和砲は除く)
試製46cm連装砲>38cm連装砲改>41cm連装砲>35.6cm連装砲
35.6はダズル迷彩や試製35.6でも代用しやすいため41の在庫が多い場合は41を消費する改修を優先したい。一方金剛型をメインで運用する場合や41の数がない場合は35.6cm連装砲を優先して改修した方がいいだろう。

2.その他オススメの改修装備

20.3cm連装砲(2号)or(3号)
改修資材の消耗が少なく大口よりも改修しやすいため★4まで順次改修していくといいだろう。改修資材があまりない場合はとりあえずこれを改修しておけば間違えはない。

94式高射装置
摩耶改二を用いることで10cm連装高角砲の消費ではなく比較的に簡単に手に入る12.7cm高角砲の消費で改修が可能となる。秋月砲を作りたい場合は★10までは摩耶改二を利用するといいだろう。一方秋月砲以外にも12.7cm高角砲+高射装置に更新可能であるため、もしものために1つだけ更新してつくっておくと重巡で対空カットインさせたい場合装備のスロットも節約できるため非常に有用になる。

一式徹甲弾or九一式徹甲弾
一式はとりあえず★1まで改修し、九一式を少しずつ改修していく方法で良いだろう。九一式の開発がうまくいき数が増えてきたら一式徹甲弾をつくったり九一式を★4から★9に改修してみてもいいと思う。最初らへんの改修では改修資材が1しか消費しないため改修するための資材があるならどんどん改修してしまおう。

61cm五連装(酸素)魚雷
雷巡や駆逐のカットイン用の改修。改修資材の消費が大きいが★4までは最低でも改修しておきたい。普通の提督ならこの魚雷を3本持っているはずだが、極めたい人は北上牧場をして5連装魚雷を量産するのもありだろう。あまりオススメしないが4連装酸素魚雷の装備更新でも一応手に入る。

10cm高角砲+高射装置
改修資材が多く消耗するが、通常の海域でも使えるためなるべく改修したい。魚雷や大口主砲など優先したい装備がなくなってきた場合や、改修資材を多くもっている場合で改修するといいと思う。

3.結局どれ優先したらいいの?
プレーヤーによって艦娘の運用方法が全く異なるため一概に言えないが、改修資材が少ない場合は20.3の2号または3号や12.7cm連装砲、徹甲弾。改修資材がそこそこある場合は5連装魚雷、秋月砲。余るぐらい持っているなら大口径の主砲の改修に手を出してもいいと思う。

4.改修は一気にやったほうがいいの?
ケースバイケースではあるが、緊急事態(イベントでどうしても必要になった)がない場合は一日一回の改修にとどめておくべき。ある程度改修資材の貯蓄が出来たら、自分のやりたい改修資材の消耗が激しいものに手をつけていくのがオススメ。一気にやると改修資材があっという間になくなるからだ。勿論改修資材を課金してやる場合は一気にやっても良いと思うが、通常は無課金で改修する提督が多いと思うので一日一回と決めた方がいい。

5.改修資材どうやって集める?
ウィークリーで面倒な東方任務を除くと合計で9個手に入れることが出来る。北方ウィークリーは3個も手に入れることが出来るため改修に積極的なら毎週こなしていきたい。またマンスリー任務で全てこなせば合計14個改修資材が手に入る。(2014年3月現在)つまり、毎月任務をしっかりこなしていると計50個ほど改修資材が手に入る計算になる。とくにマンスリー任務では少々面倒ではあるものの多くの改修資材が手に入るためなるべく行うといいだろう。つまるところ改修資材が欲しければウィークリー任務をしっかりこなせということだ。

ウィークリー任務消化の具体的にはろ号を消化して1-5周回の任務をこなすことが一つ、もう一つはい号を消化して出る北方ウィークリーをこなすのが1つ。この二つ以外のウィークリーは普通にやってたらこなせると思う。東方はかなりめんどくさい上に2個しか手に入らないためよっぽど欲しくない限りスルーでいい。
因みに北方ウィークリーの任務の消化についてはこちらを参考にしていただきたい。

また季節ごとのイベントでは難易度甲を選び続ければおそらく約20個ほど手に入る計算になるのでイベント終了後に奮発してやりたい改修を思う存分に手をつけるのもご褒美の一つとして良いかもしれない。