1.前置き


    ハイパーチャレンジのカプ・レヒレの攻略です。
    今回もアイテム必須レベルのイベントなので十分にコインを用意してから挑戦してください。

    2.相手ポケモン

    カプ・レヒレ
    レヒレ
    HP:49840
    手数
    :19
    弱点:電気、草
    環境:以下参照
    妨害1:バリア化
    妨害2:ブロック化
    捕獲率:15+2n
    空き設定パズルブロック、ミミロル、ピンプク、チラーミィ
    備考オジャマガード使用不可

    配置


    3.パーティ編成


    編成例1
    1.メガバンギラス
    2.シェイミLF
    3.シルヴァディ
    パズル-1使用編成。シェイミの枠をレントラーやサンダーにしても良い。

    編成例2
    1.メガバンギラス
    2.シェイミLF
    3.ぷんぷんピカチュウ
    4.SCレントラー
    パズル-1を使用しない編成軸

    編成例3

    1.メガバンギラス
    2.シェイミLF
    3.ぷんピカorSCレントラー
    4.シルヴァディ

    使いこなせるなら…

    編成例4
    1.メガデンリュウ
    2.SCライコウ
    3.サンダー

    新人用。フルアイテム

    有効なポケモン

    メガシンカ枠
    メガバンギラス
    メガデンリュウ
    メガディアンシー(節約編成のみ)

    サポート枠
    シェイミLF:ねむらせる
    おやすみピカチュウ:ねむらせる
    SCライコウ:バリアけし+
    SCレントラー:+アタック+
    ぷんぷんピカチュウ:スーパーボルト
    ボルトロス霊獣:アップダウン
    エモンガ:アップダウン
    サンダー:4つのちから
    ビリジオン:4つのちから+
    イッシュキャップピカ:バリアはじき
    シンオウキャップピカ:ブロックはじき
    SCメガニウム:ブロックはじき


    4.解説

    1.編成やアイテムの使用についての解説


    ・概要
    まずサポート枠空けのはじき編成は4枠目がブロックに設定されているので使わないこと。

    節約編成のメガスタート&パワーアップ編成。もしくは安定とってメガスタート&パズルポケモン-1を使用する編成。前者は単発スキルが非常に重要で、うまくやらないと手数は残らない。後者はコンボスキルのシルヴァディのタイプレスコンボが非常に利用しやすいので確実に捕獲するなら後者がオススメ。

    フルアイテムさえ使えば今までのカプシリーズと比べて捕獲するチャンスはあるので、サポート枠が充実していない場合はその方法をとると良い。

    ・メガシンカ枠候補

    メガバンギラス、メガデンリュウ
    オジャマガードが使えないので指定消去を使わないのであればメガデンリュウ以外の選択肢があまりない。


    ・サポート枠について

    シェイミLF、サンダー、SCレントラー、ぷんぷんピカチュウなどがオススメ。

    ・メガバンギラスを所持していない人

    編成が充実していない場合はメガデンリュウ軸にSCライコウ、サンダー等のフルアイテムで高い捕獲率で捕獲に挑戦することが出来ます。

    ・節約編成(MS&PW)
    節約編成の場合はメガバンギラス、シェイミLF、ぷんぷんピカチュウ、SCレントラーなどの編成にパワーアップとメガスタートを使用する。(レントラーかぷんピカ抜いてアップダウンのポケモンを入れても良い)シェイミLFのねむらせるはほぼ必須で、超火力タイプの単発スキルを複数回当てて倒します。なおこの編成軸は安定性はパズル-1使用する編成とは異なり大きく落ちます。多くの方がこの方法でチャレンジするような気がしますが、決して簡単にうまくいくとは限らないので、失敗しても自己責任でお願いします。(倒せることは倒せるが、残り手数が多く残るかはプレイヤー次第)コメント欄の報告によればだいたいの人が残り手数10手以下または11か10ぐらいでクリアしてる報告が多いっぽいです。

    ・安定編成(PP-1&MS)
    安定性の高いのはメガバンギラス軸にメガスタートとパズルポケモン-1の使用編成。3匹ステージのメガバンギラス軸が使いこなせるならオススメです。シルヴァディ軸のタイプレスコンボで一気にダメージを与えられます。ねむらせるのシェイミLFについては必須ではないです。あれば遅延もできるから便利だけど中々発動してくれないこともあるのでレントラーとかサンダーでもいいかも。(勿論シェイミ使ってもOK)

    ※注意点
    パズルポケモン-1を使用するときに4枠目を空けないようにすること。4枠目を空けると4匹ステージ化?するかもしれないので注意。なんでもいいので4匹目を埋めてください。

    ※パズルポケモン-1を使用する際のポイント

    シルヴァディ@SL5を所持していて使用する場合はパワーアップはいりません。またやりようによってはシルヴァディ無しの編成軸でもメガバンギラス軸ならパワーアップは過剰なので注意。

    あとメガスピアーを使ってメガスタートを節約するなんて方法もありますが、使い勝手がメガバンギラスと大きく異なる点や、画面を大幅に埋めるオジャマに対してメガスピアーでは対抗しづらく安定性が結構落ちるので、素直にメガスタバンギを使いましょう。(体験談です。詳しくは他のカプの動画見れば分かります)

    メガデンリュウ軸の場合でコンボスキル無しの場合はやや過剰気味ですがパワーアップをさらに加えることで貧弱な編成でも簡単に倒すことが出来ます。


    2.攻略の仕方について解説

    バリアをメガ効果で消して、サポートのスキルのコンボスキルや火力スキルで殴るだけです。
    3匹ステージ化のところは動画化してあるので参考ください。
    メガスタパワワの編成の場合は火力スキル何度も発動させつつ、コンボを出来るかぎり多く稼ぐことを意識してください。



    ・参考(サブロム)
    メガバンギラス、シェイミLF@SL4、シルヴァディLv.8@SL5
    にメガスタート&パズルポケモン-1を使用。
    眠らせるがうまくはいってその後タイプレスコンボ連発。
    残り16手で倒すことが出来ました。
    モンスターボールでは捕獲出来ませんでしたが、スーパーボールでも94%で挑戦することが出来たため、うまくいけば高い捕獲率で挑戦出来ることが分かりました。


    ・攻略動画

    ※音声ノイズは録画環境によるものです。

    メガスタパワーアップ編成でもいけるとは思ったが、過去の失敗の経験則から、どうせスキル不発連発して捕獲出来ずに失敗すると思ったので安定とりました。結果からいうとねむらせるが序盤にガンガン不発していたのでパズル-1使用は正解だったかもしれない。







    1.前置き

    秋刀魚祭りが今年も開催。
    秋イベも控えているので早いうちに済ませてしまいましょう。
    今回は前回のイベントで判明した内容を含め解説したいと思います。


    2.概要
    秋刀魚


    ・運営の伝達まとめ(16年次)
    運営のツイッターの伝達のまとめです。重要な情報だけを厳選し、抜粋しました。
    赤字がとくに重要なのでざっと目を通しておくといいかもしれません。

    TIPS-1▼秋刀魚漁支援で「秋刀魚」を獲得!
    漁場となる海域では、敵艦隊を撃破し秋刀魚漁を支援することで「秋刀魚」を獲得することが可能。

    TIPS-2▼秋刀魚漁の漁場海域は?
    「鎮守府海域」の近海
    「北方海域」の幅広い範囲
    「中部海域」の一部 

    TIPS-3▼秋刀魚を同一海域であまり乱獲すると…?
    あまり集中的に「秋刀魚」を乱獲すると、海域の同漁業資源が激減し、秋刀魚が獲れにくい状態になる場合があります。
    ・集中的に乱獲しない
    ・漁場を休ませる
    等の対策が有効です。
     
    TIPS-4▼秋刀魚漁支援に適した装備は…?
    秋刀魚漁支援に有効な装備がいくつか存在します。
    また、組み合わせ集中配備による効果も期待できます。
    ・海を照らす光源
    ・魚群探知を支援できる装備
    ・空から秋刀魚の群れを観測する航空機材等
    が有効です。
    ※新たに航空機材等が追加されました。

    TIPS-5▼秋刀魚漁支援の裏技的アプローチ
    「色々試したけど獲れない!」「海を照らす光源が少ない!」などの場合は、こんな装備も組み合わせによって有効です。
    海の中にどかーん!(漁場も痛みやすく、可能であれば別の方法で!)
    ・もっとスマートに暗闇でも魚群を捉える熟練のあの方々の活用
    ※海の中にどかーんは去年と比べて注意点が追加されており、序盤からは使わない方がいいかも

    TIPS-6▼獲得した「秋刀魚」の活用
    刺身:資源に
    塩焼:資材に
    蒲焼:缶詰等に 

    TIPS-9▼鎮守府秋刀魚祭り2016【任務】の褒賞選択
    鎮守府秋刀魚祭りの後半の「任務」では、資源の他に複数の褒賞から、任意のものを選択して獲得することが可能です。ぜひ、提督方の状況にあわせて、お好みのものをお選びください!
     

    ・運営の伝達まとめ(15年次)

    ・特定ポイントをA勝利またはS勝利で秋刀魚がドロップ
    ・秋刀魚漁支援に有効な装備を充実させると艦隊全体でシナジー効果が発揮され収集率がUPする。
    ・秋刀魚は採り過ぎると少しずつ入手しづらくなる
    ・秋刀魚漁に有効な装備は探す、集める、見つける装備が有効。
    ・秋刀魚漁の装備は各装備間で複数のシナジー効果が発揮する。
    ・北方海域が中心。1-5でもドロップ率は落ちるがドロップはする。
    ・1-1でもドロップはするが主漁場ではない。
    ・秋刀魚は期間終了後に消滅する
    ・秋刀魚は各資材等に交換可能。


    ・秋刀魚漁支援効果
    運営の伝達によれば秋刀魚を乱獲するほどドロップ率は減少するが、
    支援装備を多数持たせることでドロップ率を上昇しドロップ率の低さカバー出来るとのことだ。
    この支援効果は各種装備の組み合わせでシナジー効果が発揮する。
    またこの支援効果は全体にシナジーを発揮することも明らかとなっている。
    なので同じ艦に集中して持たせる必要はなく装備が分散しても問題がないし、
    特定の同じ種類の装備を持たせるだけではあまり効果が発揮されないということだ。

    そこで、秋刀魚漁の支援装備各種をまとめてみました。
    ・魚群探知を支援できる装備【ソナー各種】
    秋刀魚装備
    ※アクティブソナーとパッシブソナーで性能による違いは不明
    [探すに関連:15年度の表現]

    ・海を照らす光源【探照灯】
    秋刀魚装備
    [集めるに関連:15年度の表現]
    ・暗闇でも魚群を捉える熟練のあの方々【熟練見張員】
    秋刀魚装備
    [見つけるに関連:15年度の表現]
    ・少し乱暴な手法で海の中にどかーん!【爆雷】

    三式爆雷など
    ただし漁場を痛めるとあるので、序盤から使っていくのはNG
    最終手段として最終任務のときのあと一押しで使うといいかも。


    ドロップするとされる海域一覧(15年の傾向)
    第一海域:1-1(はずれマス)、1-5、1-6
    第三海域:3-3(道中も含む)3-5ボスのみ、3-2、3-1、3-4
    第六海域:6-1、6-5(道中、ボス)
    ※1-1以外は基本的にボスでドロップ。3-3は道中Iマスでもドロップする


    秋刀魚の調理
    秋刀魚選択
    秋刀魚は入手すると以下のものに変換できます。
    秋刀魚の任務が全て完了したとき変換すると良いでしょう。

    1.刺身
    刺身

    2.塩焼き
    塩焼き

    3.蒲焼
    かば焼き

    秋刀魚の缶詰
    蒲焼として調理すると秋刀魚の缶詰が手に入ります。
    ここでしか今のところ入手手段がありませんが装備欄を圧迫するので注意。

    xxxx


    秋刀魚の仕様まとめ
    1.3-3周回が最もドロップを見込める上に周回がしやすい。
    2.秋刀魚はイベントが終わると消滅する。
    3.秋刀魚を任務終わる前に他のものに調理(変換)すると達成率が減少する。
    4.秋刀魚ドロ率アップの特定装備はソナー、探照灯、熟練見張員が有力候補
    5.大量に採り過ぎると秋刀魚のドロップ率が低下する。

    3.各海域に対応した編成


    3-3マップポイント
    3-3ボスとボス前のIマスでは高確率でドロップする報告がある。


    3-3周回編成例
    3-3周回秋刀魚



    1-5マップ


    1-5掘り編成例
    1-5周回秋刀魚



    1-1周回編成
    1-1編成

    たかなみ
    1-1で遠征要員きらづけをする際についでに狙う周回編成です
    きらづけしたい艦娘は上記のような装備(主砲2、ソナー1)にして
    残り2隻バイト艦(Lv.1艦)用意して1-1に出撃します。
    ただしボスでは秋刀魚ドロップ出来ない点S勝利でしかドロップしないので注意。


    4.解説

    ・秋刀魚漁の装備について
    探照灯、熟練見張員、ソナー各種、爆雷?が有効

    ・概要
    0からスタートの場合は秋刀魚支援装備がなくても結構ドロップするが秋刀魚の総数が10尾超えたあたりでドロップ率が悪くなる。時間を置いて出撃するか、秋刀魚支援装備を増やしたりするなどの工夫が必要。また時間をおいたとしても数時間程度ではどうも回復しないらしく回復速度は非常にゆっくりっぽいです。さっさと終わらせたい場合は時間を置くよりもむしろ無理やり出るまで回すってのもありかもしれません。少なくても実装当日に24尾全て集めた提督もいるので完全に枯渇することはないでしょう。

    ・秋刀魚掘り周回方法について
    原則3-3を中心に周るといいですが、周回方法は基本2種です。
    A.3-3周回編成を2セットつくりひたすらまわす。
    装備が固定されるため強力な艦載機が使い回し出来ない欠点がある。
    B.3-3の後に1-5をループ
    3-3の疲労抜きで行う方法
    1-5はドロ率が悪いので若干時間効率が悪い

    バケツの使用はどのタイミング?
    小破程度ならバケツは使用しなくて良い。中破以上になったらバケツを使用する。

    A.3-3周回における解説
    道中ボス含め制空権は基本確保しつつ、秋刀魚装備をいかに多く搭載出来るかがポイント。
    S勝利を逃す編成はなるべく避けたいが、20尾超えたあたりになると非常にドロップ率が絞られるので空母の数を減らして秋刀魚支援装備を増やすという手も悪くはないかもしれない。

    B.1-5における周回の解説
    ソナー爆雷以外の秋刀魚支援装備を搭載することが難しい。
    基本的には北方や中部海域を周ったあとの疲労抜きで周るのが吉。
    航空戦艦を入れない場合は先制対潜は2隻以上は必ず入れよう。


    5.任務報酬


    任務1:秋刀魚漁「秋刀魚」を収穫する所存です!
    任務1
    任務達成条件:秋刀魚を4尾集める

    報酬1
    こちらはどれでも好きな方でいい。どちらも課金アイテムで手に入ります。


    報酬1B
    ねじが欲しいならおにぎり。探照灯が足りないなら探照灯。


    任務2:秋刀魚漁:漁を全力で支援する覚悟です!
    任務2
    任務達成条件:秋刀魚を12尾集める


    報酬2A
    WGがオススメだが、非常に多数持ってる場合はダイハツや航空資材でもいい。
    WGと航空資材は今のところ量産不可。

    報酬2B
    紫電かソードフィッシュのどちらかがオススメ。
    ソードフィッシュは装備としてはあまり使い道はないが、今のところ量産は不可能。
    紫電改二は開発は出来るが、開発がしづらく、改修の素材にもなる。

    前回の夏イベントをオール丙選んだ場合はソードフィッシュ。ソードフィッシュ多数持ってるけど、何かあるんじゃないかって思う人はソードフィッシュ。ソードフィッシュ選んでも肥しになるだけだし、今の時点で役に立つもの選びたい場合は紫電改二がオススメです。

    任務3:秋刀魚漁:どーんっ!揚げ揚げで大漁です!
    任務3
    任務達成条件:秋刀魚を30尾集める


    報酬3A

    サラトガ任務でTBFを選ばなくて入手手段がない人はTBF
    去年秋刀魚イベントに参加しなくて家具の方を重視するなら旗
    それ以外の人はソナーがオススメです。



    旗







    序盤はほぼ固定ですが、中盤以降はルートはさまざまあり、この通り進まなくても攻略する方法はあります。とりあえず一般的なルートを示したので参考ください。またジムリーダーについてもほぼ好きな順番で攻略することも可能です。

    ・アサギシティ
    研究所でふねのチケットを貰いアサギシティから高速船アクア号へ

    ・高速船アクア号
    地下1Fに行き、友達を探してくれることを頼まれる。その後1Fの自分の部屋へ行き少年に話しかけバトル。その後船長室に行くと女の子が見つかり、クチバシティへ到着する

    ・クチバシティ
    とくに何もないので、ジム戦終わったらヤマブキシティへ。
    ポケモンだいすきクラブでは話を全て聞くとふしぎなアメを貰える。

    VSマチス
    電気タイプのポケモン中心なので地面タイプで挑めばOK。
    御三家でもごり押し可能。


    ・ヤマブキシティ
    そのままハナダシティへ

    VSナツメ(ジムバトル)
    悪タイプ、ゴーストタイプが有効だが、金銀世代では高威力な弱点技が少ないのでゴリ押しでOK

    格闘道場:きあいのハチマキ
    シルフカンパニー:アップグレード
    エスパーおやじの家:わざマシン29

    ・ハナダシティ

    ハナダジムに行くと誰もいないので、9番道路へ行く。なみのりを使ってカントーの発電所まで行くも部品がなくて発電所が動かない。今度はハナダシティに戻り、もう一度ハナダジムを捜索する。ロケット団と出会うので、逃げた団員を追って24番道路へ行き勝利する。勝利すると、機械の部品の在りかがハナダジムだということが発覚する。(中央の四角の部分)見つけて発電所に戻り機械の部品を所長に渡せばイベントクリア。

    5番道路の小屋:きよめのおふだ
    発電所前:わざマシン07

    24,25番道路で8人抜きをしてカスミを発見する。カスミがジムに戻ってくれるのでジム戦が出来るようになる。

    VSカスミ(ジムバトル)
    水タイプ中心のメンバー。草タイプや電気タイプで勝負しよう。御三家でもごり押し可。

    ・ヤマブキシティ(リニアモーターカー)
    1.ヤマブキシティのものまね娘と会話
    2.クチバシティの大好きクラブにいる太った男と会話
    3.ヤマブキシティにいるものまね娘にピッピにんぎょうを渡すとていきけんを貰える
    4.ヤマブキシティ⇔コガネシティの行き来が出来るようになる。
    ※そらをとぶで移動も地方の移動は可能なのでスルーしても可


    ・タマムシシティ

    ヤマブキシティから7番道路を通りタマムシシティへ。

    タマムシデパート3F
    わざマシン10:3000円
    わざマシン11:2000円
    わざマシン17:3000円
    わざマシン18:2000円
    わざマシン37:2000円

    食堂:たべのこし
    タマムシマンション裏口:わざマシン03

    VSエリカ(ジムバトル)
    いあいぎりを使ってジムへ。炎タイプや飛行タイプなどが有効です。


    ・サイクリングロード
    16版道路から18番道路を通り、セキチクシティへ


    ・セキチクシティ

    VSアンズ(ジムバトル)
    毒タイプの使い手。エスパータイプや地面タイプなどが有効です。

    ヤマブキシティに戻り、8番道路からシオンタウンへ

    ・シオンタウン
    発電所の事件解決後にラジオ塔に行くと所長からかくちょうカードを貰える。
    これでラジオのチャンネル10でポケモンのふえが聞けるようになり、8番道路を塞いでるカビゴンを起こせるようになる。

    ・イワヤマトンネル
    1Fにわざマシン47

    ・12番道路
    小屋ですごいつりざおを入手

    ・VSカビゴン
    ポケモンのふえをラジオで流れている状態でカビゴンに話しかけるとカビゴンと戦闘することが出来ます。カビゴンは持ち物によるたべのこしでダメージを与えても徐々に回復されるのでどろぼうなどでたべのこしを奪っておくと弱らしやすくなります。

    カビゴンをどかしたら、いあいぎりを覚えたポケモンを所持してディグダの穴を通り、いあいぎりを使って2番道路へ。そこから少し歩いてニビシティへ。

    ・ニビシティ

    外にいる老人に話しかけると、金ならぎんいろのはね。銀ならにじいろのはねが手に入る。片方の伝説のポケモンをこれでゲット出来るようになります。
    ジムバトル後が終わったら2番道路を通り、トキワシティへ行き、マサラタウンへ。

    VSタケシ(ジムバトル)
    岩タイプ相手なので、水タイプや草タイプが有効です。

    ・おつきみやま
    入り口から入るとライバルと遭遇する。その後セキエイこうげんで月曜と水曜にライバルとバトルが出来るようになる。また、おつきやまにある特定の広場では月曜の夜のみピッピが躍るイベントが見れます。


    ・マサラタウン

    マサラタウンの湖からなみのりをして21番水道を通り、グレン島へ。

    グリーンの家
    グリーンの家では午後三時台に行くとなつき度を大幅にアップさせてくれます。


    ・グレン島-ふたご島
    グレン島にいるグリーンに話しかけるとグリーンとバトルが出来るようになる。
    20番水道から19番水道に進みふたごじまへ。カツラに勝ったらトキワシティへ

    VSカツラ(ジムバトル)
    炎タイプを使ってくるので水タイプや岩タイプが有効です。


    ・トキワシティ

    いあいぎりで行けるところにいる眠ってる男:わざマシン42

    ・トレーナーハウス
    VC同士の赤外線通信でふしぎなおくりものしていると一日一回相手の通信相手とバトルすることが出来る。6匹の手持ちをハピナス6匹Lv.100などにしていれば多くの経験値を貰える。

    VSグリーン(ジムバトル)
    バランスタイプでさまざまタイプのポケモンを使ってくるのでとくに有効なタイプはない。
    レベルの高いポケモンでならごり押しも可。

    グリーンとバトルに勝利してカントーのバッヂを全て集めたら、マサラタウンに戻ろう。
    マサラタウンに戻ってオーキド博士に話しかけたら、シロガネ山に行けるようになります。


    ・シロガネ山

    トキワシティへ行き22番道路を通ってポケモンリーグのゲートへ。ゲートから左の入り口を通りシロガネ山に入ります。

    28番道路の小屋ではわざマシン47を入手出来ます。(※要いあいぎり)

    シロガネ山の攻略にはフラッシュ、なみのり、たきのぼりが必要なのであらかじめ覚えさせたポケモンを連れてきてください。


    頂上まで行くとレッドとバトルになります。(殿堂入りするたびに復活します)
    勝利するとそのままエンディングへ。





    1.攻略用

    ・ヒノアラシ
    貴重な炎タイプ。かみなりパンチを覚えてくれるので対水対策もばっちり。

    ・ワニノコ
    序盤で使えるかみつくや、れいとうパンチなどを使用出来るので使いやすい。

    ・イシツブテ
    チコリータ選んだ人でハヤトが倒せない人用。自力で地震を覚えてくれるが、弱点が多いので中盤以降のジム戦ではやや厳しめ。

    ・ケーシィ
    コガネシティ付近の草むらで出現するが、スロットの景品として交換可能。 VC版では技ごとに物理特殊が分けられていないので3色パンチをユンゲラーに覚えさせれば広い範囲で対応可能になる。


    ・ゴース
    マダツボミの塔の夜の時間帯に出現。さいみんじゅつやのろいを覚えてくれるので便利ではあるが、ゴーストタイプの技はVC版の金銀では物理技扱いなので、攻撃技はナイトヘッド以外やや貧弱。通信交換出来るならゲンガーに進化させ、特殊パンチ系を覚えさせたい

    ・メリープ
    キキョウジム攻略後の下の草むらで朝または昼に入手出来るポケモン。鈍足ではあるが、ヒノアラシの相方には重宝する電気タイプ。進化後のデンリュウは冷凍パンチは覚えてくれないが、炎のパンチは覚えてくれるので、草タイプ相手などにも対抗可能。

    ・ウパー
    メリープ同様、鈍足のポケモンで出現場所も同じだが、入手は夜のみ。じしんを自力で扱えるだけでなく弱点もあまりないので使い勝手は良い。

    ・ギャラドス
    自力で育ててもいいが、いかりのみずうみで色違いの個体が手に入り、それをそのまま戦力しても良い。ただしこの世代ではギャラドスの攻撃力を生かしづらく、特殊技に頼ることの方が多いので、技の威力はやや控えめになりがちになる。


    2.ひでん要員

    ポッポ
    無難。そらをとぶ要員になる

    ホーホー
    物理攻撃力はポッポに劣る。そらをとぶ要員

    ギャラドス
    たきのぼり、なみのり、うずしお同時に覚える。



    3.初代VCから輸送


    ・ヒトカゲ
    貴重な炎タイプ。最終進化はそらをとぶを覚えてくれるので移動にも便利。

    ・フシギダネ
    チコリータ系列同様耐久力が高く、ねむりごなを覚えてくれるので捕獲などにも便利。

    ・ゼニガメ
    ワニノコと同じような使いやすさで使える

    ・ニドラン系列
    初代のわざマシンを使うならオススメ。つきのいしでニドクインまたはニドキングに進化させることは必須。



    3.伝説解禁

    ・ホウオウ
    これ1体でとなると、クリアは出来ないが、他のやせいのポケモンよりは強い。ただしPPが少ないせいなるほのおぐらいしか攻撃技がないので、わざマシンで何か覚えさせないといけない。

    ・ルギア
    耐久力は高いが、攻撃力は控えめ。ホウオウ同様エアロブラストのみだとすぐに攻撃技のPP切れになる。ただしホウオウとは違って汎用性の高いなみのりを覚えてくれるので覚えさせると良い。

    ・ファイヤー
    技が貧弱でやや不遇。ほのおのうずは弱体化している上に、かえんほうしゃを覚えてくれないので、これ使うならリザードンを使った方がいいかも

    ・サンダー
    四天王の中盤あたりまでは戦えるが、ワタルは等倍になるので少し厳しい。わざはかみなりぐらいしかないので、10万ボルトなどで補いたいところ。もしくはあまごいを覚えさせてかみなりで無双するコンボも良いだろう。

    ・フリーザー
    ワタルをどうしてもクリアできなさそうな人用。れいとうビーム打ってるだけでカイリューは沈む。先手をとれるようにレベル上げは少しはしておきたい。


    ・ライコウ、エンテイ、スイクン
    捕獲自体が面倒なので、あまりオススメしない。ライコウはVC版のポケモンでは、10万ボルトを覚える手段がないので高火力はあまごい&かみなりのコンボが必須となる。同じくスイクンもれいとうビームを覚えないのでワタル戦ではあまり使えない。

    ・ミュウツー
    対四天王用最終兵器。無育成でもある程度技覚えさせれば苦戦することなく四天王を倒せる。輸送する前にポイントアップ等でわざのPPを増やすといいかも。





    いまいちど、仕様を理解出来ない人のために「はじきだす」の効果についての説明のおさらいと、下方修正されるのかどうかの考察や、今後の育成方針をざっくり解説します。


    1.そもそもはじきだすとは?

    ・効果の説明

    まず効果の内容を端的にいうと、相手のポケモンを2匹消してダメージをアップするスキルです。発動率は60%、100%、100%で4マッチ以上かつ盤面に手持ち以外のポケモンが1匹以上いれば確定で発動するスキルです。手持ち以外のポケモンが盤面にいない場合はもちろん4マッチ以上で揃えてもスキルは発動しません。

    ・スキルレベルの強化で高火力スキルとなる

    このスキルは通常なら、ふりはらう系とたいして変わらないスキルですが、スキルレベルを強化すると超強力な高火力スキルになります。必要SPは5,25,40,50で、合計120のスキルパワーでスキルレベル5になります。スキルレベルごとの上昇は攻撃力がアップしていき、それぞれ2,3,4,6,8倍という風に変化していきます。なんと8倍もあるんですね。これはアップダウンの最大倍率である約7倍を超える威力になります。はじきだすに問わず、他の~はじきも同様に必要SP、火力の倍率も同じです。

    ・スキルの真骨頂

    このスキルの強さはこの倍率や説明の上での効果ではなく、とある仕様によって常時発動出来る汎用スキルにあります。

    編成をするうえで、手持ちをわざと4枠目を空けると、自分の編成に入れてないポケモンが混じることがあります。実はこの混じってくる手持ちもはじきだすの対象にすることが出来ます。つまり相手がオジャマでポケモンを出してこなくても、この方法を利用することで、常時発動出来る汎用性スキルになります。これがこの「はじきだす」が注目され、たくさんのユーザーに期待される理由です。

    強すぎるスキルなので、下方修正されるんじゃないか?って声もちらほらあります。その件について私なりの解釈で考察していきます。


    2.はじきだすの運命は?


    ・下方修正はされるのか?

    結論からいうと、攻撃力の倍率については下方修正はないと推測します。実装から注目され始めた時期から大分時間が経ってるという点もありますが、開催されるイベントの動向でどういう環境にしたいかの方針が少しずつですが、見えてきました。

    ・イベントの内容に変化!?
    最近開催(17年9月)されたマッシブーンのイベントでは手持ちを1つ空けると4枠目が他のポケモンに設定されるのではなく、壊せないブロックになります。実装されたマッシブーンは格闘タイプという扱いで実装されたため、SC化したオンバーンのはじきだすを封じる形式のイベントを開催した格好となっているようです。さらに来週以降に開催されるとあるハイパーチャレンジのイベントでは、同じく手持ちを空けると同じように壊せないブロックに変化するようです。

    4マッチでなら確定で発動出来、手持ちを空ければ難しい発動条件も難なくクリアするので、それならば4枠目をブロックにして封じれば「はじきだす」を使いにくく出来ると考えたのでしょう。強スキルであるはじきだすを前提にするとヘビー層しかクリアが難しくなるので、はじきだすの汎用性という部分を仕様による圧力をかけ、帳尻を合わせたと思われます。

    したがって、今後も新規の高難易度ステージでは4枠目をブロックや岩などにしてはじきだすを使いづらくしてくると思います。つまり、はじきだすを弱体化せず、本来の活用を活かせる形をとるという方針をとってると見えるので、スキルの威力部分と仕様変更についての下方修正される可能性は現在のところ少ないと思います。

    ・今後の育成方針について

    はじきだすを使いづらいステージ構成を設計してきた以上、他のはじきも育成する必要性が前よりも一層増しました。いわはじき、ブロックはじき、バリアはじきの3点も高難易度ステージを攻略しやすくしたいなら、弱点が相互に被らない範囲でスキルレベルの育成が必要のようです。

    アップダウンについてですが、例に示した通り、はじきだすの汎用性を潰してくる構成もあるので、その場合には高火力スキルとして出番はまだまだあると思います。

    ライト層は即戦力で使えるアップダウンの強化。アップダウン強化済みがあれば、ハイパーやウルトラのイベントを除いてほぼ攻略は出来ると思います。ヘビー層ははじきだすを強化して今後のイベントに備えるといいでしょう。

    もちろん「はじきだす」の汎用性潰しは全てのイベントで設定してくるとは考えづらいので、使える場面では使えるように今まで通り強化した方がいいと思います。


     

    このページのトップヘ