ポケモンVC総合まとめページへもどる

    攻略チャート前編(イワヤマトンネル入り口まで)

    イワヤマトンネル
    フラッシュを使ってそのまま通り抜けます。
    Point! 
    ・マップの構造さえ覚えていればフラッシュ無しでも攻略可能。
    ・イワークが出現するがかなり捕獲しづらいので後回しにしても良い。
    ・もしもの緊急脱出用の「あなのぬけのヒモ」を用意しておいても良い。(使うと洞窟入り口に戻される)


    シオンタウン
    ポケモンタワーはまで最後まで進めないのでこのまま西の8番道路を通りタマムシティへ。
    なお12番道路ではすごいつりざおが入手出来るので必要なら寄り道しても良い。
    Point! 
    ・姓名判断師がシオンタウンにいるのでニックネームを変更したい場合ここを利用しよう。
    ・この時点でポケモンタワーに行くとライバルと戦闘出来る。2Fにいるのでライバルと戦って経験値を得てもいいだろう。

    タマムシティ
    タマムシマンションの裏口から入って最上階でイーブイを入手出来る。
    食堂のおばさんからコインケースを入手
    デパートの屋上で「おいしいみず」を1本購入(後で必ず使う)
    タマムシジムのエリカと戦闘する。勝利するとレインボーバッジとメガドレインのわざマシンを入手。
    16番道路でひでんマシン02を入手
    ゲームセンターのポスターを調べてロケット団のアジトへ
    Point! 
    イーブイは1周につき1匹までしか入手できないので進化の石で進化させるときは慎重に。

    ゲームセンター地下
    地下4Fでロケット団と戦闘し、「エレベータのカギ」を入手。
    地下2Fのワープパネルを利用してエレベータへ。
    地下2Fのエレベータから地下4Fへ。
    地下4Fでサカキと戦闘し「シルフスコープ」を入手。
    Point!
    ゲームセンター地下にそのまま行ってもいいが、
    コインを貯めればポリゴンを入手出来る。
    寄り道になるがゲームコーナーで遊んでみるのもいいでしょう。


    タマムシティ~ヤマブキシティ
    ヤマブキシティ前にいる警備員に「おいしいみず」を渡してヤマブシキシティへ。

    ヤマブキシティ
    格闘道場の格闘王とバトルし、エビワラーまたはサワムラーどちらかを入手出来る。
    Point!
    エビワラーとサワムラーは1周につきどちらかしか入手出来ない。
    複数入手する場合は周回プレイが必要。


    シオンタウン(ポケモンタワー)
    ポケモンタワーへ行き、シルフスコープを使用し、ガラガラとバトル。
    7階でロケット団と戦闘し、フジ老人を助けて「ポケモンの笛」を入手する。
    Point!
    ・ポケモンタワーで出るゴースは初代ポケモン唯一のゴーストタイプ。
    ゴーストタイプの技はいまいちだが、「さいみんじゅつ」など捕獲に役に立つ技を覚えるのでゲットして育ててみてもいい。
    ・ピッピ人形を使うとガラガラ戦を省略出来る。

    ヤマブキシティ(シルフカンパニー)
    シルフカンパニーに入り5Fの右下側から通れる通路の先で「カードキー」を入手。
    3Fに戻り、カードキーを使用してロックを解除した先のワープに乗って7Fのある部屋に行く。
    7Fでライバルとバトルし、研究員に話しかけるとラプラスを入手(スルー可)。
    11Fでサカキとバトルしてシルフカンパニーの社長から「マスターボール」を入手する。
    Point!
    ・シルフカンパニーは中盤の山場である。
    ・回復道具やどくけし等用意しておくとポケモンセンターに戻る手間が省けるのでいくらか用意しておこう。


    ヤマブキシティ
    ヤマブキジムのナツメと戦闘。
    勝利するとゴールドバッジとサイコウェーブのわざマシンを入手。
    Point!
    初代はエスパータイプの弱点であるゴーストタイプや虫タイプにまともな技がない。
    エスパータイプに弱くない主力でゴリ押ししよう。
    フーディンは物理耐久が低い。物理技で倒すと良い。

    サイクリングロード
    タマムシティでポケモンの笛を使ってカビゴンを起こす。
    サイクリングロードを抜けてセキチクシティへ
    Point!
    ・カビゴンは捕獲が中々難しいポケモンで2匹までしか出現しない。
    ・スーパーボールやハイパーボールを大量に用意しよう。
    ・状態異常に出来るポケモンがあると便利。
    ・セキチクシティへの道はタマムシティからでなくても行ける。
    シオンタウンからのルートでも可能だがトレーナーが少し多いので少々面倒かもしれない。
    ・シルフカンパニーはスルーしてセキチクシティから行くことも出来る(後で攻略の必要はある)

    セキチクシティ(サファリゾーン)
    サファリゾーンの第三エリアで「きんのいれば」を入手する。
    さらに同じ第三エリアの小屋でひでんマシン03を入手。
    Point!
    ・サファリゾーンでは「ラッキー」「ガルーラ」「ケンタロス」など貴重なポケモンを入手出来る。
    ・赤緑では「ストライク」「カイロス」などソフトの違いで出現が異なるポケモンもここで入手可能
    ・ラッキーは極めて捕獲しづらいためハナダの洞窟で捕獲したほうがいい。

    セキチクシティ
    民家の釣りオヤジの兄から「いいつりざお」を入手。
    園長にきんのいればを渡してひでんマシン04を入手。
    ポケモンジムのキョウと戦闘してピンクバッジとわざマシンのどくどくを入手。
    Point!
    ・キョウは毒タイプを使うのでエスパータイプや地面タイプのポケモンに弱い。
    ・ユンゲラーを使えばかなり楽に倒せる。
    ・レベルが低い場合はどくどく対策にどくけしを用意しておくといいかも
    ・セキチクジムの仕掛けはよくみると見える壁になってる

    グレンタウン
    マサラタウン側の海か、セキチクシティ側の海からグレンタウンへ行く。
    Point!
    ・グレンタウンに行く前に寄り道として無人発電所と双子島に行くことが出来る。
    ・それぞれ伝説のサンダーとフリーザーに会うことが出来るのでポケモンリーグに向けて捕獲しても良い。
    ・ふたごじまはグレンタウンに行く途中で。無人発電所はイワヤマトンネル付近の湖でなみのりを使って行くことが出来る。

    グレンタウン(ポケモンやしき)

    地下1Fで「ひみつのカギ」を入手。
    ひみつのカギを使ってグレンジムへ挑戦。
    カツラに勝利するとクリムゾンバッチとわざマシンのだいもんじを入手
    Point!
    カツラは炎タイプのポケモンを使うので水タイプや岩タイプのポケモンを用意すると効果的。
    やけどなおしはあってもいいがなくてもなんとかなる。

    トキワシティ
    トキワジムのジムリーダーとバトル。
    勝利するとグリーンバッジとわざマシン「じわれ」を入手
    Point!
    ・地面タイプのポケモンを使ってくるので水タイプや草タイプのポケモンが有効。
    ・また毒タイプも使うためエスパータイプのポケモンがあるとなお良い。


    チャンピオンロード
    そのまま通り抜ける。
    伝説のポケモンファイヤーを捕獲することが出来るがスルーしてもおk
    Point!
    ・終盤の山場。
    ・すごいキズぐすりなどの回復アイテムを多めに用意しておこう。


    セキエイこうげん
    カンナ、シバ、キクコ、ワタル、チャンピオンと5人連続でバトル。
    チャンピオンに勝つとエンディングへ
    Point!
    ・一度入ると負けるまで出られない。
    ・大量の回復アイテムを用意しておこう。
    ・それぞれ四天王は氷、格闘、ゴースト(実質毒タイプ)、ドラゴンタイプのポケモンを使うので
    ・それぞれに対して弱点となるポケモンを用意しておくと良いだろう。
    ・ワタルのドラゴンタイプはかなり強敵?だがフリーザーを使うとかなり簡単にクリア出来る。

    ハナダのどうくつ
    最奥でミュウツーとバトルして捕獲出来る。




     人気ブログランキング   
     


    簡易チャートです。
    基本的には赤緑準拠でピカチュウの内容は後日加筆しますがだいたい似ているので参考になればと思います。
    途中途中自分なりの簡単なポイントを書いておきました。
    攻略で迷ったとき、不安なときはそちらを参考にしてください。

    ポケモンVC総合まとめページへもどる

    マサラタウン
    ヒトカゲ、ゼニガメ、フシギダネから1匹どれか選ぶ。
    ライバルと戦闘。 
    ピカチュウ版はピカチュウを貰ってライバルと戦闘。

    トキワシティ
    フレンドリィショップの店員から「おとどけもの」を貰う
    再びマサラタウンに戻り研究所へ

    マサラタウン
    オーキド博士から「ポケモンずかん」を貰う
    ライバルの家のお姉さんから「タウンマップ」を貰う

    22番道路
    ライバルと戦闘することが出来る。
    無視して次に進んでもいい。
    Point!
    ・レベル上げにもなるので戦闘することも一考。
    とくにヒトカゲ選んだ人はなるべく戦ったほうがいいかも

    ・ピカチュウ版ならここでマンキーを捕まえてけたぐりを覚えさせておくとニビジムで苦戦しなくなる。

    トキワの森
    そのまま抜ける。
    Point!
    赤緑青なら入手しづらいピカチュウが出現する。

    ニビシティ
    ニビジムでタケシと戦闘
    勝利後グレーバッヂとがまんのわざマシンを入手。
    Point!
    岩タイプのポケモンを使うので草タイプや水タイプが有効。
    ヒトカゲ選んだ場合はレベル上げをする必要がある。 


    オツキミ山
    地下2Fで理科系の男と戦闘後、「かいのカセキ」または「こうらのカセキ」のどちらかを入手出来る。
    Point!
    ・オツキミ山に入る前にポケモンセンターにコイキングを売るオヤジがいる。
    値段は少々高いがギャラドスに進化させればそれなりの戦力になるので終盤まで育てる予定ならここで入手しておくのも一考。
    ・オツキミ山にはピッピ、入り口の草むらにはプリン(赤緑青のみ)が稀に出現する。レアなポケモンなので入手したい方はぜひ。
    ・カセキはどちらかしか選べずもう片方は別ROMで周回プレイしないと入手できないので注意。

    洞窟を抜け、坂を降りるとしばらくオツキミ山以前に戻ることが出来ないので注意。

    ハナダシティ
    ハナダジムでカスミと戦闘。
    勝利するとブルーバッジとバブルこうせんが貰える。
    Point!
    水タイプや電気タイプのポケモンが有効。
    ピカチュウ、ナゾノクサ、マダツボミなどのポケモンがオススメ。


    24番道路(ゴールデンボールブリッジ)
    ライバルとバトル
    5人抜きをしてマサキの家でマサキから「ふねのチケット」を貰う
    Point!
    ・5人とのバトルは避けられない。
    キズぐすり等の回復アイテムを事前に用意しておくと少し楽に攻略出来る。

    ・ここでは野生でケーシィが出現する。
    ユンゲラーに進化させれば強力なエスパータイプのポケモンを戦力に加えることが出来る。



    ハナダシティ~地下通路
    泥棒に入られた家の中へ入りそこの穴から外へ抜けてロケット団とバトル
    勝利してわざマシン28を貰う。
    その後、道なりを進んで地下通路へ行きクチバシティへ
    (5番道路、地下通路、6番道路、クチバシティの順)
    Point!
    途中、ポケモン育て屋さんがある。
    経験値しか入らないが使わないポケモンを預けてレベル上げさせておくのも手


    クチバシティ
    民家にいるポケモン大好きクラブ会長から「ひきかえけん」を入手。
    民家のつりオヤジから「ボロのつりざお」を入手。
    その後サント・アンヌ号へ。
    Point!
    貰ったボロのつりざおを使ってコイキングを釣ることが出来る。
    進化するまでは何も出来ないがギャラドスに進化出来ればそこそこな戦力になるのでゲットして育ててもいいだろう。またひでんわざもそこそこ覚えてくれるのでひでん要員としても優秀。


    サント・アンヌ号

    2Fにいるライバルとバトル
    3Fにいる船長からひでんマシン01を入手
    Point!
    ひでんマシン01を入手後は二度とサント・アンヌ号に入ることが出来なくなる。
    なので出る前にやり残したことがないようにしよう。
    けれど、ひでんマシン01入手後にわざとトレーナーに負ければ船を出航させず残すことも出来る小技もある。
    あまり意味ないかもしれないが残したい人はこの小技使うと良い。(ただし再び入って出ると出航する)


    クチバシティ
    ひでんマシンのいあいぎりを誰かに覚えさせていあいぎりを使いクチバジムへ。
    マチスとバトルして勝利すると10万ボルトのわざマシンとオレンジバッジを入手。
    Point!
    ・いあいぎりはマダツボミやナゾノクサなどの草タイプのポケモンに覚えさせると良い。
    ・マチスは電気タイプを使うので地面タイプのポケモンに弱い。
    ディグダの穴にいるディグダやダグトリオを捕まえてジム戦で使えば簡単にクリアすることも出来る。
    ・ジムの仕掛けは第一スイッチがあったとなりのごみ箱に第二スイッチがある

    ハナダシティ
    地下通路を経由して再びハナダシティに戻る。
    ポケモン大好きクラブから貰った「ひきかえけん」を使いじてんしゃ屋さんで自転車をここで入手する。
    その後再びクチバシティに戻り、ディグダの穴へ。

    ディグダの穴
    そのまま一直線に進む。
    Point!
    ・ディグダは素早さが早いので遅いポケモンをなるべく先頭にしないように。
    ・ここで一度ニビシティに戻ることも出来る。何か取り逃したことがあればここで取り返すことも可。

    2番道路~ニビシティ
    ディグダの穴を抜けた先の建物の中でオーキド博士の助手からひでんマシン05を入手する。
    科学博物館の裏口からいあいぎりを使って入り、研究員から「ひみつのコハク」を入手出来る。
    Point!
    ・ひでんマシン05を得るには捕まえたポケモンが10種類必要。足りない場合はなんでもいいのでとにかく捕獲しよう。
    ・ひでんマシン「フラッシュ」は洞窟のマップの構造さえ分かっていればなくてもクリア出来る。
    ただし結構めんどくさいので縛りプレイやRTAでもない限りなるべく覚えさせた方がいいだろう。
    ・電気タイプをはじめ、マダツボミやナゾノクサ、ケーシィなどが覚えることが出来る。


    ハナダシティ
    ひでんマシン05入手後ディグダの穴を通って再びクチバシティに戻り、地下通路を経由してハナダシティに戻る。
    ハナダシティから9番道路へ行きそこからイワヤマトンネルへ

    攻略チャート後編(エンディングまで)


     人気ブログランキング   
     


    メガシンカまとめタイトル

    かなり大変だったのですが、各イベントの攻略記事を執筆してる裏で実はこんなものを執筆していました。

    なんと現在2月24日までに実装されている全てのメガシンカ枠ポケモン徹底的に解説し、その使い方などを丁寧にまとめてみました。

    とくにみんなが気になりそうなところをより詳しく解説するように執筆し、
    分かりにくいメガデンリュウの効果の解説や、メガバシャーモの具体的な運用法、メガレックウザの制限時間制の欠点の紹介とそのリスクを補うやり方などを重点的にまとめています。

    またメガディアンシーについても別記事で執筆しても良かったんですが、ここに全て長所や短所を合わせて主観が多少入っていますがそれも合わせて解説しました。

    メガバシャーモの制限時間制での使い方は別記事で解説し、手数制は後日公開といっていましたがようやくここでお披露目することが出来ます。

    さっそくそれぞれメガシンカポケモンを解説したいと思うのですが、勝手ながらカテゴリで分けることにしました。
    それが以下になります。

    1.周囲除去型
    2.横列消し型
    3.縦列消し型
    4.斜め固定消し型
    5.円系固定消し型
    6.中央固定消し
    7.V字消し
    8.Y字消し
    9.X字消し(本実装時に解説)
    10.ジグザグ消去型
    11.セルフ消去型
    12.同タイプポケモン消去型
    13.他タイプポケモン消去型
    14.セルフ増殖型
    15.同タイプ変化式増殖型
    16.ブロック除去系
    17.バリア除去系

    タイプごとではなく特性別に分けてます。
    消去系スキルは前半の方でまとめて解説し、自分の手持ちを消去するタイプや増殖系効果を中盤、オジャマをピンポイントで消去するタイプのものは後半部分で解説するようにしました。

    それではまずは周囲除去型について解説したいと思います。
     
     
    1.周囲除去型
    メガタブンネはオジャマ(岩ブロック、壊せないブロック、バリアなど)の隣でメガシンカ効果を発揮するようにマッチングさせると効果的。メガカメックスやメガチルタリスなどの周囲2マス消しタイプは必ずしも隣で消す必要はなくもう1マス離れていてもおk。

    ・メガタブンネ
    ノーマルタイプ
    初期攻撃力:50
    消去数:12(9)
    入手法:M9/M10
    【効果】
    周囲1マスのポケモンを全て消す
    【解説】
    始めたばかりの新人が一番最初にお世話になるポケモン。
    メガシンカまでのゲージが貯めやすく非常に使いやすい。
    オジャマ除去能力は決して高いとはいえないがタイプがノーマルタイプなおかげで色々なポケモンに繰り出せる点が魅力か。ミロカロスなどのステージでも使われることもあるがある程度ステージを進めると強力なメガシンカ枠が出るためあまり出番がなくなる。一応ノーマルコンボの適応範囲でもあるのでごく稀にランカーに使われることもある。

    ・メガチルタリス
    ドラゴンタイプ
    初期攻撃力:60
    消去数:22(16)
    入手法:M115/M75
    【効果】
    周囲2マスのポケモンを全て消す
    【解説】
    初期に実装されたせいでタイプが変わらなかったポケモン。
    おそらく後期に実装されればメガミュウツーXみたいにタイプがフェアリータイプに変化したと思われる。
    その能力はメガタブンネの強化版ではあるがメガシンカのゲージがメガタブンネと比べると貯めづらい。

    ・メガカメックス

    水タイプ
    初期攻撃力:60
    消去数:19(15)
    入手法:EX8/ランキング報酬
    【効果】
    周囲2マスのポケモンを全て消す
    【解説】
    タイプは優秀だが、その効果のせいでコンボ率が高くないせいかあまり出番がない。
    しかし制限時間制ではオジャマ除去がしやすいためオジャマガードを使わないステージで残り制限時間が長いステージでは使いやすい。

    2.横列消し型
    縦列消しとは違って少々使いづらい。
    主に中央にオジャマを繰り出す相手に出そう。
    制限時間制ではあまり選択肢がないならこのメガシンカ枠を使ってもおk
    とくにメガフシギバナやメガサーナイトはたまに使えるステージもある。

    ・メガガルーラ
    ノーマルタイプ
    初期攻撃力:50
    消去数:16(8)
    入手法:M19/M20
    【効果】
    左右5マスのポケモンを全て消す
    【解説】
    序盤でもあまり使われることがないポケモン。
    原作ではチートレベルで強いが、ポケとるの世界では最弱といってもいい。
    ライチュウやゾロアークなどのステージでは選択肢に入る程度。

    ・メガフシギバナ
    草タイプ
    初期攻撃力:60
    消去数:15(12)
    入手法:EX7/ランキング報酬
    【効果】
    左右5マスのポケモンを全て消す
    【解説】
    手数ごとにコンボが求められるせいもあって手数制ではあまり使われる機会は少ないが、制限時間制ではそれなりに使いやすい。草タイプである点も優秀でメガスキルアップ無しでもそこそこメガシンカが早く使いやすい。
    弱点範囲が被るメガカメックスよりもゲージを貯めやすい点もポイント。

    ・メガサーナイト
    フェアリータイプ
    初期攻撃力:70
    消去数:15(10)
    入手法:M238/ランキング報酬
    【効果】
    左右5マスのポケモンを全て消す
    【解説】
    フェアリーコンボを利用したメガシンカ枠は今のところ実質このポケモンしかいない。
    メガゲンガー等のポケモンを利用せずフェアリーコンボにメガシンカ枠を適応させたい場合はこのポケモンを使うことになるだろう。

    3.縦列消し型
    とりあえずオジャマがあるステージでは使える。
    中央以外のオジャマ以外にはかなりオジャマを除去してくれるため制限時間制、手数制どこでも汎用性が高い。
    基本的にオジャマのある位置に横列で揃えて消すという使い方。
    手数制ではとくに使い方は難しくないので制限時間制でのコツを紹介します。

    横消し使い方
    メガシンカ効果を使った直後はコンボを途切れやすい。
    効果を使う前にメガシンカポケモンを揃えないエリアを予めチラ見しつつ横列でメガシンカ効果を使用後、
    メガシンカ効果の影響がない空いているエリアですぐさま揃え続けます。
    メガシンカ効果で消えた後は新しいパズルが降ってくるのでそこも利用してまたコンボを継続します。

    ・メガルカリオ
    格闘タイプ
    初期攻撃力:70
    消去数:14(10)
    入手法:EX3/ランキング報酬
    【効果】
    上下5マスのポケモンを全て消す
    【解説】
    コンボ誘発はあまりしないがメガゲンガーが苦手とする悪とノーマルタイプに強いタイプである点がシナジーが良い。初心者、上級者誰に誰に対しても非常に使えるポケモンであるのでメガスキルアップを真っ先に与える候補になるポケモン。

    ・メガミミロップ
    ノーマルタイプ
    初期攻撃力:60
    消去数:16(8)
    入手法:M52/M60
    【効果】
    上下5マスのポケモンを全て消す
    【解説】
    ノーマルタイプであるため序盤までは出番があるが、後半以降のステージではほぼあまり出番がない。
    ノーマルコンボの適応範囲であるため稀にランカーが使うこともある。
    主にメガデンリュウのステージでは重宝するだろう。

    ・メガユキノオー
    氷タイプ
    初期攻撃力:60
    消去数:13(10)
    入手法:M289/ランキング報酬
    【効果】
    上下5マスのポケモンを全て消す
    【解説】
    最近実装されたポケモン。メガオニゴーリとは違ってコンボ誘発性はあまりないが、メガシンカのゲージがメガルカリオ同様貯めやすく、オジャマ除去能力もかなり高い。制限時間制ではオニゴーリよりは使いやすいかもしれない。

    4.斜め固定消し型

    右斜め左斜め

    斜め固定消し型の性質からオジャマが多いステージで活躍。
    盤面をかなり乱すため制限時間制ではうまく動かさないと返ってコンボの継続に失敗する諸刃の剣でもあるが、そのかわりオジャマを一気に除去してくれる。
    左から消すタイプと右から消すタイプがあるが、たいしてあまり大きな違いはない。
    手数制でもオジャマが多いなら真っ先に候補になるだろう。


    ・メガクチート
    右斜め
    鋼タイプ
    初期攻撃力:50
    消去数:21(14)
    入手法:M51/M90
    【効果】
    右上から左下へナナメにポケモンを消す!
    【解説】
    フェアリータイプに有効なポケモンがあまりいないため未だに現役に使われるポケモン。
    攻撃力は低くくゲージも貯めにくいが、ジラーチの「メガパワー+」を受けられるのでその欠点は補填出来る他、効果の関係からコンボの誘発率もそこそこ高く使いやすい。


    ・メガアブソル
    右斜め
    悪タイプ
    初期攻撃力:60
    消去数:18(15)
    入手法:EX1/ランキング報酬 
    【効果】
    右上から左下へナナメにポケモンを消す!
    【解説】
    弱点の範囲が被るメガゲンガーやメガジュペッタなどのライバルがいるが除去能力は高いおかげでたまにメガシンカ枠の選択肢に入ることも。ダークパワーの効果を受けられる点も優秀で、オジャマが多用される場合の制限時間制では使いやすい。


    ・メガガブリアス
    左斜め
    地面タイプ
    初期攻撃力:80
    消去数:24(14)
    入手法:第三弾ポケモンサファリ/ランキング報酬
    【効果】
    左上から右下へナナメに3列ポケモンを消す
    【解説】
    電気タイプに弱点が突けるポケモンがこのポケモン以外いないため弱点を突いたメガシンカ枠使うならこのポケモン一択になる。主要なメガシンカ枠にメガスキルアップを与え終わるとこのポケモンが候補になるぐらい優秀で、メガスキルアップを全て与えればデンリュウのレベリングでの時間効率の良さに貢献出来る。
    消去数もメガスキルアップを与える前はかなり遅いが、完全に与え終わるとメガアブソルよりも早くメガシンカ出来る点も優秀だ。


    5.円系固定消し型

    円形
    現在メガヤミラミしか持っていない効果であるが、そこそこ連鎖率も高く意外と強かったりする。
    とくに中央の上側を消去出来る点が非常に優秀で手数制で使ってもコンボの誘発率はそこそこする。
    メガヤミラミのゲージが貯めづらいせいであまり出番がないが上側にオジャマを確定で仕掛けるタイプのステージでかつ、弱点を突ける場合選択の候補になる。しかしライバルが多いのであまつり使う機会はない。

    ・メガヤミラミ
    円形
    悪タイプ
    初期攻撃力:50
    消去数:22(14)
    入手法:M24/M30
    【効果】
    Oの形に消す
    【解説】
    前述した通りメガゲンガーやメガアブソルなどライバルが多いため能力の効果はそこそこ強いのにあまり使う場面がない。上側にオジャマを確定で仕掛けるステージなどではごく稀に選択肢に入れても良いだろう。

    6.中央固定消し

    中央消し
    中央にオジャマを固定で仕掛ける相手に使う。
    斜め消しや縦消しとは違ってそこまで盤面を荒らさないため制限時間制で使う場合、効果を使った直後は隅のエリアを使って消すとコンボが比較的継続しやすい。


    ・メガチャーレム
    中央消し
    格闘タイプ
    初期攻撃力:60
    消去数:21(15)
    入手法:M230/M240
    【効果】
    中央のポケモンをまとめて消す
    【解説】
    メガルカリオがイベント限定報酬ポケモンなせいでメガルカリオがない場合このポケモンが選択肢になることもある。ただし消す範囲が固定である上に一番上が消せないのでメガルカリオほど使いやすくはなく汎用性は高くはない。しかしコンボ誘発率は雀の涙ではあるが、若干しやすい点と自身がメガパワー持っているのでゲージが貯めやすい。

    7.V字消し

    V字消し

    上側は全く消せないので上側にバリアのオジャマを仕掛けるタイプは使わない方が良い。
    Y字消しと消す範囲が似てるが、気持ちY字消しよりコンボはしやすい。
    コンボの誘発率も高いのでオジャマが少々多いステージでは使おう。


    ・メガオニゴーリ
    V字消し
    氷タイプ
    初期攻撃力:60
    消去数:19(13)
    入手法:M108/M120
    【効果】
    Vの形にポケモンを消す
    【解説】
    氷タイプのおかげでタイプ範囲も優秀。
    それでいてコンボがしやすい消し方をするのでオジャマの多いステージでは積極的に使っていきたい。


    8.Y字消し

    リザY

    おそらくメガリザードンYしか今後この能力は持たせないだろう。
    中央のオジャマに強いが中央の上側が範囲になっていない点は痛恨。
    しかしメガオニゴーリと形が似てるせいかそこそこコンボもしやすく、弱点突ける相手には上手く使い分けて出していこう。


    ・メガリザードンY
    リザY
    炎タイプ
    初期攻撃力:60
    消去数:16(13)
    入手法:EX9/ランキング報酬
    【効果】
    Yの形にポケモンを消す
    【解説】
    送り火のコンボの適応範囲である上に除去タイプのポケモンはこのポケモンだけ。
    オジャマが比較的多いステージで使うと良い。
    またメガシンカの速度もそこそこ速い点も優秀だ。

    9.X字消し

    本実装されたときに記述します。

    10.ジグザグ消去型

    どこが消えるか分からないので運要素が強い。
    逆に言えばどこでも消えるのであらゆる配置のオジャマに対応出来る。
    縦列と横列型があり一般的に縦列型が使いやすい。
    縦列型は最上段2箇所は確定で消すことが出来るのに対してメガラティオス、メガラティアスは1/3の確立でのランダムだ。確定で消せる分、最上段のバリア剥がしなどは縦列消去系が対応しやすいだろう。
    では、それぞれの特徴は各ポケモンで説明しよう。

    ・メガデンリュウ
    電気タイプ
    初期攻撃力:70
    消去数:24(17)
    入手法:M130/M105
    【効果】
    ランダムに雷を落としてジグザグにポケモンを消す!(軌跡重複縦列型)
    【解説】
    文字で説明するのが難しいので詳しくは図を使って説明します。
    メガライボルトの大きな違いは軌跡が重なるかそうでないかです。
    軌跡が重なるので効果範囲はメガライボルトと比べて狭くなりがちです。

    デンリュウ

    メガデンリュウの効果の規則
    (1)出発点は2箇所あり、左側1箇所、右側1箇所それぞれ取る
    (2)軌跡は真上から真下へ向けてジグザグに左右ランダムで突き進む。
    (3)進む方向は端にぶつからない限り真っ直ぐには進まない
    (4)壁(端)に当たると真っ直ぐに進む
    (5)壁(端)以外の境界線はない。
    (6)左右出発点の進行方向の軌跡は重なることもある。
    (7)軌跡は一度だけでなく何度も重なることがある。
    (8)軌跡を描いて最下段に雷が到達した地点でその軌跡を消去する。
    以上が軌跡の規則です。

    メガライボルトより攻撃力が10高いのでメガスタートを使う場合は効果範囲が狭いですが、こちらを使うといいでしょう。一方メガスタート無しの場合は素のデンリュウのスキルが「ドラゴンコンボ」となるためメガシンカ前はバニラになる上にメガシンカも遅いのでその場合はメガライボルトに軍配します。

    軌跡が重なるのでメガライボルトと違って位置関係から見れば集中的に消すこと出来ます。
    その特性から結果的に真下に進めば進むほど消去出来る範囲は狭くなる傾向があります。


    ・メガライボルト
    電気タイプ
    初期攻撃力:60
    消去数:20(13)
    入手法:第二弾ポケモンサファリ/ランキングイベント報酬
    【効果】
    縦に雷を落としてジグザグにポケモンを消す!(規則性縦列型)
    【解説】
    文字で説明するのが難しいので詳しくは図を使って説明します。
    メガデンリュウとの違いは規則性があり軌跡が重ならないことです。
    効果範囲は広くオジャマを消しやすいです。

    メガデンリュウとは違い攻撃力が10低い代わりにメガシンカ前の効果が「れんげき」であるためバニラにならず、軌跡が重ならないメガシンカ効果で広い範囲でオジャマを除去できる。さらにメガシンカまでのゲージを貯めるのに必要な飴の個数も少なく使いやすい。メガシンカの速さは手数制のステージでかなり活きやすい。


    ライボルト

    メガライボルトの効果の規則
    (1)出発点は2箇所あり、左側1箇所、右側1箇所取る(ここだけがランダム)
    (2)軌跡は出発点が決まれば進む方向がその時点で決定する。
    (3)軌跡は真上から真下に向けて、右から規則的にジグザグに進む。
    (4)左側開始の雷は壁に当たらないが右側開始の雷は当たることもある
    (5)進行方向に壁があった場合は一旦真下に進み、左に曲がる。
    (6)壁(端)以外の境界線はない。
    (7)左右出発点の各進行方向の軌跡は重なることはない。
    (8)軌跡を描いて最下段に雷が到達した地点でその軌跡を消去する。
    以上が軌跡の規則です。

    要するに右方向にジクザグに軌跡が重なることがなく雷を落としますが、出発地点が一番左端の場合のみ一度真下に進んだ後、右に曲がりジグザグに雷を落とすということです。

    ライボルト2
    メガライボルトは規則性から上記の赤マスのエリアはメガシンカ効果では消すことが出来ません。
    端側なのであまり使わないですが、一応覚えておくといいかもしれません。


    ・メガラティアス
    ドラゴンタイプ
    初期攻撃力:80
    消去数:22(10)
    入手法:レベルアップEV/レベルアップEV報酬
    【効果】
    ランダムに雷を落としてジグザグにポケモンを消す!(重複性横列型)
    【解説】
    文字で説明するのが難しいので詳しくは図を使って説明します。
    メガラティオスとの大きな違いは軌跡が重なるかそうでないかです。
    軌跡が重なるので効果範囲はメガラティオスと比べて狭くなりがちです。

    ラティアス


    メガラティアスの効果の規則
    (1)出発点(左端から)は2箇所あり、上側1箇所、下側1箇所それぞれ取る
    (2)2点の出発点は互いが重なることがない位置で出発する。
    (3)軌跡は右側から左側に向かって進み、上下ジクザグにランダム進行。
    (4)進む方向は端にぶつからない限り真っ直ぐには進まない
    (5)壁(端)に当たると真っ直ぐに進む(下側の出発点のみ)
    (6)軌跡は何度も重なることがある。
    (7)軌跡を描いて右端に雷が到達した地点でその軌跡を消去する。
    以上が軌跡の規則です。

    効果はメガデンリュウの横型バージョン。
    ドラゴンタイプである点が有利であるが不利である点。
    半減が鋼タイプとフェアリータイプ以外なので少ないが弱点を突けるタイプがドラゴンタイプしかない。
    メガスキルアップを与える前まではメガラティオスよりメガシンカが遅いが、全て与えるとたったの10でメガシンカすることが出来る。しかし惜しい点は横列型である点と軌跡が重なる点。これがあるせいで効果範囲が狭くなることが難点だ。
    左から右へ行くほど効果範囲が段々狭くなる傾向がある。

    ・メガラティオス
    ドラゴンタイプ
    初期攻撃力:80
    消去数:19(14)
    入手法:レベルアップEV/レベルアップEV報酬
    【効果】
    ランダムに雷を落としてジグザグにポケモンを消す!(規則性横列型)
    【解説】
    文字で説明するのが難しいので詳しくは図を使って説明します。
    メガラティアスとの違いは規則性があり軌跡が重ならないことです。
    効果範囲は広くオジャマを消しやすいです。

    ラティオス


    メガラティオスの効果の規則
    (1)出発点(左端から)は2箇所あり、上側1箇所、下側1箇所それぞれ取る
    (2)軌跡は左側から右側に向けて、下から規則的にジグザグで進む。
    (3)進む方向は端にぶつからない限り真っ直ぐには進まない
    (4)壁(端)に当たると真っ直ぐに進む(下側の出発点のみ)
    (5)上下出発点の進行方向の軌跡は重なることはない。
    (6)軌跡を描いて右端に雷が到達した地点でその軌跡を消去する。
    以上が軌跡の規則です。

    一見メガラティアスの上位互換に見えますが、実はそうではなく軌跡が重なることがないために上側の位置で必ず消すことが出来ないエリアがあります。下側は消せないエリアがあることはとくに問題ないのですが、一番上はそうもいかないので注意が必要です。
    ラティオス2
    具体的にいえば最上段の空いている3マスがメガラティオスでは消すことが出来ないエリアなので使う場合はよく覚えておくといいかもしれません。このことからメガラティアスは完全にランダムですのでこのエリアを消すことが出来ることもあるため完全劣化ではなく差別化とれているといえます。



    11.セルフ消去型

    ・メガゲンガー
    ゴーストタイプ
    初期攻撃力:70
    消去数:11(10)
    入手法:M125/M135
    【効果】
    メガゲンガーを全て消す
    【解説】
    もはや説明はいらないだろう。ポケモンのタイプ、メガシンカの速度、コンボの誘発率どれをとっても最強クラスのポケモン。手数制、制限時間制どのステージでも活躍出来るが、壊せないブロック等のオジャマには弱い。
    壊せないブロックがあるステージでこのポケモンを使う選択肢をとった場合はメガゲンガーが盤面に少ないときは消さないようにすると良い。

    12.同タイプポケモン消去型

    自分のメガシンカ後のタイプと同じタイプのポケモンを最大10匹消すという効果ですが、正確には盤面にある自分と同じタイプのポケモンの中から1種類どれかランダムで選び左上から順番に最大10匹まで消します。
    10匹に満たない場合はそれ以上消すことは出来ません。メガミュウツーYを除いて1種類しかいない場合はそのポケモンをピンポイントで消すことが出来ます。
    またメガゲンガーとは違い、バリアに比較的に強く
    運用の仕方としては同じタイプ4匹ないし3匹で編成を組むことが基本になります。


    手数制での取り扱い
    壊せないブロックを吐くオジャマに対しても数が多くなければこの編成軸での運用も可能です。
    「いれかえ+」「ブロックくずし+」などのスキルを利用することも勿論ですが、メガゲンガーとは違い自身は消えず他のポケモンが消えるのでブロックを上配置から下に降ろすことが出来、盤面が上手く整えれば過酷な状況でもコンボもしやすく出来ます。ただしバリア付きの壊せないブロックはどうすることも出来ないので過信は禁物です。

    制限時間制での取り扱い
    このスキルの効果を発揮した直後は他のオジャマ除去系スキルとは違ってスキルを発揮している間コンボ待ち時間が発生します。しかもメガゲンガーとは違って自身は少なくても対象になるポケモンが多ければ長く待ち時間を得ることが出来るのでこのメガシンカを効果を使えば比較的コンボの継続は難しくありません。

    しかし、ひとつだけ注意点があります。

    それは、メガミュウツーYを連続で効果を発揮していくとあまりにも強力な効果なせいか盤面をほぼ何もない状態にしています。この状態になると新しい盤面がそのまま振ってきますのでコンボが途切れる可能性が非常に高くなります。このようなことが起きないようにするためにメガミュウツーYを連続で消すのではなく一定の間隔で消すようにすることです。しかし気をつけていてもどうしても起きる場合があります。そのときの対処法はとにかく盤面が落ちてくる前に適当に動かしまくることです。運が悪くなければ適当にマッチングされます。マッチング後は適当にやるのではなく正確に狙ってマッチングさせましょう。あくまでも応急措置なのでなるべくこうならないようにするといいかもしれません。
    ※メガミュウツーYを例にとっています。

    バリアに比較的強いタイプのメガシンカですが、運用する場合メガシンカポケモンを最上段に置かないように意識してください。最上段のメガシンカポケモンがバリア化すると剥がす場合メガシンカポケモンを最低2匹持ってくる必要があるためかなりコンボがやりづらくなります。なるべく最上段には貯めないようにし、上側を優先的に消すように意識しましょう。


    ・メガミュウツーY
    エスパータイプ
    初期攻撃力:80
    消去数:23(18)
    入手法:EX20/M150 
    【効果】
    メガミュウツーYと同じタイプのポケモン1種類を最大10匹消す!
    【解説】
    運用の仕方としては同じタイプ4匹ないし3匹で編成を組むことが基本になります。
    例えばメガミュウツーY、エスパー、エスパー、エスパーという風な組み合わせです。
    オジャマにあわせて4枠目をルギアやディアルガなどオジャマ除去系スキルにしたり、格闘タイプ相手に連撃やきまぐれ+の利用に合わせてボーマンダやゼルネアスなどの組み合わせもメガミュウツーY軸ではよくある運用法です。
    あまりないですが、3匹ステージのときはメガミュウツーY、エスパータイプ、弱点タイプという組み合わせにすると盤面リセットが起き辛くなるのでそういうステージが出たときにこの戦略を用いるといいでしょう。
    またイベントニャースのステージでもこのポケモンはよく使われていますが、その解説についてはその記事にて解説していますのでここでは省略したいと思います。

    ・メガジュペッタ
    ゴーストタイプ
    初期攻撃力:60
    消去数:27(19)
    入手法:M177/ランキングイベント報酬
    【効果】
    メガジュペッタと同じタイプのポケモン1種類を最大10匹消す!
    【解説】
    基本的にメガミュウツーYと運用方法は変わりません。
    ただしメガパワーのスキルを自身が持ってはいるけれどかなりメガパワーを併用しない場合はメガシンカまでに時間かかるので特殊な例を除きメガスタートが前提となります。
    メガミュウツーYにはない最大の特徴は「こわがらせる」のスキルと合わせ技できることです。
    オジャマガード中ではあまり使えないですが、そうではないパターンではうまくコンボスキルとあわせることが出来ればかなりの高ダメージが期待出来ます。アイテムを使わない場合は自身のメガパワーだけでなくシャンデラのメガパワーもあわせることでメガスキルアップ無しでも早期にメガシンカしやすくすることも可能です。

    13.他タイプポケモン消去型

    ・メガレックウザ
    ドラゴンタイプ
    初期攻撃力:70
    消去数:33(13)
    入手法:EV,M290/M300
    【効果】
    メガレックウザと違うタイプのポケモン1種類を最大10匹消す!
    【解説】
    対象がドラゴンタイプ以外のポケモンになっただけで性能はメガミュウツーYなどとほぼ同じ効果です。
    左上から順番に消す効果や、スキル発揮中のコンボ待ち時間の利点も同じ仕様です。
    メガスキルアップ無しではメガシンカが格段に遅すぎるためメガスタートがなければほぼ役に立ちませんが、メガスキルアップを最大まで与えるとその立場が一転し、メガミュウツーYよりも早くメガシンカ出来る最強クラスのポケモンへと変わります。

    サポートポケモンはドラゴンタイプを組み込みづらくなるためドラゴンコンボを利用しにくくなりますが、その代わりあらゆるタイプのポケモンをミックスさせて自身の効果の対象に出来るようになる利便性も持ち合わせています。第五パズルポケモンがドラゴンタイプでない限り、他のメガゲンガー軸とは違って消す対象範囲に第五パズルのポケモンを含めることが出来ますから、第五パズルがあるにも関わらず4種盤面ほどではないにしてもそこそこコンボ出来るぐらい強力です。

    ただし、欠点としてオジャマポケモンの数が1個単位だと対象が選ばれたときに全然コンボが発生しないデメリットがあるのでその点だけは注意してください。制限時間性ではそのときにコンボの待ち時間がかなり短くなることとスキル発揮の瞬間のスコアが低く出る欠点があるぐらいですが、手数制だと1手無駄になるのでかなりディスアドバンーテージとなります。
    どうしても手数制でメガレックウザ軸で運用する場合は「ふりはらう+」のスキルを持ったポケモンを編成に組み込むことで欠点を補うことも出来ます。

    メガスタート無しの場合、最低でもメガスキルアップを10個ほど与えないと役に立ちません(メガミュウツーYと同じ消去数で運用できる)さらに15個ならメガミュウツーYに最大まで飴を与えた状態と同じになるのでそこそこ使いやすくなります。メガスタート無しで今後の運用を考えている場合はこの辺が最低ラインでしょう。

    メガミュウツーY同様、イベントニャースでの利用も可能です。詳しいことはその記事で解説していますが、「きまぐれ+」を多く入れた編成軸を利用することが可能です。

    14.セルフ増殖型

    種は自分自身であるため自分自身が散らばっていれば散らばってるほど増殖していき、マッチングすれば爆発的な連鎖を起こすことが出来ます。除去系のスキルほどではないですが、ブロック系のオジャマやオジャマポケモンをそのまま塗りつぶすことが出来るのである程度ブロック系のオジャマに対しては対抗しやすい。
    しかし、さすがにバリアに対しては対抗しづらいです。
    運用の仕方は貯めて、放つです。発火点は各ポケモンによって異なります。

    ・メガヤドラン
    エスパータイプ
    初期攻撃力:60
    消去数:18(16)
    入手法:M69/M45
    【効果】
    メガヤドランが上に1匹増える!
    【解説】
    上側にメガヤドランが増える効果で、最上段にメガヤドランがある場合、そのメガヤドランは何も起こらない。
    エスパータイプの除去系メガシンカスキル持ちがいないためオジャマに対抗しつつコンボするならこれを使うしかない。

    ・メガヘラクロス
    虫タイプ
    初期攻撃力:60
    消去数:21(15)
    入手法:M148/M210
    【効果】
    メガヘラクロスが左に1匹増える!
    【解説】
    左に増えるので右側で消すと左端にあるメガヘラクロスは当然増えないので効果を活かせない。
    基本的には左側で消して右側で増やすという運用法になります。

    ・メガサメハダー
    悪タイプ
    初期攻撃力:70
    消去数:22(12)
    入手法:第一弾ポケモンサファリ/ランキングイベント報酬
    【効果】
    メガサメハダーが上に1匹増える!
    【解説】
    メガヤドランと効果は全く同じ。
    しかし悪タイプに弱点を突けるメガシンカ枠はライバルが多すぎるためほとんどあまり使う機会がない。
    運用法はメガヤドラン同様、貯めて上側で消すといった感じ。

    15.同タイプ変化式増殖型

    メガバシャ0

    この効果は以下の規則で効果を発揮します。
    メガバシャーモを例にとって説明しましょう。
    (1)炎タイプが複数いればその中からランダムで1種類選ばれる。
    (2)例えば盤面にその選ばれたポケモンが4匹以上いたらランダムで3匹までしか選ばれない。
    (3)3匹という上限は確立で1や2になるというものではない。
    (4)もし選ばれたポケモンが2匹しかない場合は2匹しか変化させることが出来ない。
    (5)選ばれた先で変化を受け、さらにメガバシャーモがマッチするとまた同効果を発揮する

    メガシンカバシャーモの使い方(手数制)
    (1)メガバシャーモが盤面に多い状態が良い
    メガバシャーモが盤面に多くある状態なら比較的爆発的な連鎖します。
    なるべくメガバシャーモを多く貯めてから効果を使うとより効果的です。
    (2)メガバシャーモは能動消しが有効
    メガバシャーモを直接消すのではなく落ちコンなどで間接的に消える消え方が理想です。
    うまくいけば連鎖が起こります。しかしただ能動的に消えればいいというわけでもなくメガバシャーモがある程度盤面に散らばってある必要があります。
    (3)メガバシャーモの乱雑さ
    メガバシャーモは単純に盤面に多ければ多いほどいいですが、乱雑であれば乱雑であるほどより多く連鎖しやすくなります。一体どういうことかというと、メガバシャーモが固まっている状態ではなくメガバシャーモが盤面に適度に多い状態かつ、散り散りになっている状態であればあるほどいいということです。
    メガバシャーモばかり盤面にてそれでいて固まっていることは、メガバシャーモに変える種が少ないことであることと同義であると言えるため、変える先の種も適度にある方が望ましいです。
    まぁ難しいこと言っていますがようするにメガバシャーモを貯めすぎないようにするってことですね。
    (4)種の数が重要
    極端に1種類のポケモンの数が少ないとそのポケモンが選ばれたときに1匹しかメガバシャーモに変化しないことも珍しくないため盤面の各種類のポケモンの数も重要です。盤面に極端に少ない炎タイプのポケモンがいたときは爆発が不発に終わることもあるリスクも考えてメガバシャーモを揃えるようにしましょう。もしそのような状態になったときはリスク覚悟で突っ込むか、安定とって他のポケモンを消して様子見することも戦略です。

    まとめると立ち回り方としては能動的に消すのが有効で、メガバシャーモをある程度貯める必要がある。盤面にメガバシャーモの数が多いほどいいですが、散らばっているほうがベスト。種の種類が極端に少ない同タイプがいたときは不発するリスクもあるため安定とるなら他を消して様子見する戦略も一考。


    ・メガバシャーモ
    炎タイプ
    初期攻撃力:70
    消去数:12(9)
    入手法:EX12/ランキングイベント報酬
    【効果】
    同じタイプのポケモンを最大3匹メガバシャーモに変える!
    【解説】
    最初の方で使い方について大方書いたのでその辺は省略するとして、ここではメガバシャーモにしかない特性というかそういうのをお話します。メガバシャーモはマフォクシーの持つ「送り火」を利用出来ます。能動的に消すタイミングでマフォクシーを揃えてからメガバシャーモの爆発をうまく合わせることが出来れば相当なダメージを期待出来ます。編成を組むとき壊せないブロックを対策しつつ利用するなら「ブロックくずし+」を持つファイアロー、バリアが多いステージでは「バリアけし+」を持つレシラム、「バリアけし」を持つエンブオーなどを編成に組み込んで使うことが有効です。

    ・メガラグラージ
    水タイプ
    初期攻撃力:70
    消去数:12(9)
    入手法:EX13/ランキングイベント報酬
    【効果】
    同じタイプのポケモンを最大3匹メガラグラージに変える!
    【解説】
    基本的にコンボ系のスキルが使えないだけでメガバシャーモと同じ動きが出来ます。
    バリアにはパルキア、岩ブロックや壊せないブロック等はマナフィなどを編成に組み込むといいですが、最近実装されたコイキングの「いれかえ++」を使えばかなりブロック系のオジャマに強くなります。

    ・メガミュウツーX
    格闘タイプ
    初期攻撃力:80
    消去数:15(10)
    入手法:EX20/M350
    【効果】
    同じタイプのポケモンを最大3匹メガミュウツーXに変える!
    【解説】
    メガシンカ前はエスパータイプですが、メガシンカ後はタイプが変化して格闘タイプになる変わったメガシンカポケモンとなっています。スキルの「メガパワー」は格闘タイプからは効果がなくエスパータイプからしか効果を受けることが出来ません。メガラグラージとは違って「総攻撃」のスキルを利用出来ますがサポートまわりのポケモンでオジャマ対策出来るポケモンはエルレイドの「ブロックくずし+」しかなく現状もう少しテコ入れがないと使いにくいかもしれません。さらにメガシンカ前はエスパータイプですので半減の悪タイプには非常に出しづらいのも欠点となっています。
    運用の仕方としてはメガスキルアップなしではミュウツーでいる時間が長くなるためメガスタートを使う前提でしょう。現在格闘タイプにはメガルカリオというライバルがいることが向かい風となっています。


    16.ブロック除去系

    ・メガプテラ
    岩タイプ
    初期攻撃力:60
    消去数:23(16)
    入手法:M104/M180
    【効果】
    岩や壊せないブロックを最大10個消して敵にもダメージ!
    【解説】
    表記はされていないがコインも対象になるので注意。
    規則としてはブロック消滅、メガシンカ効果、隣接して岩ブロックの破壊の順に行われる。

    ブロック(岩と壊せないブロック)は左上から順番に壊していき最大10個まで一度に壊すことが出来る。
    また対象のブロックがバリア化されていてもバリアごと壊せます。

    ダメージ計算式は
    メガシンカ効果時のダメージ=通常ダメ+50×N×相性補正×状態異常等の補正
    ※Nは岩ブロックと壊せないブロックの合計個数
    となっている

    基本的にはメインステージのSランク目的で使う場合はメガスタート前提。
    メガスキルアップを与える場合はレベルアップステージ、捕獲用目的で使う感じです。
    とくに制限時間制のステージでは飴の有無は大きく影響を受けそうです。


    ・メガハガネール
    鋼タイプ
    初期攻撃力:70
    消去数:21(14)
    入手法:M190/ランキングイベント報酬
    【効果】
    壊せないブロックを最大10個消して敵にもダメージ!
    【解説】
    メガプテラの能力の一部しか使えないようにした変わりにダメージの倍率を変え、メガシンカの速度も少し速くしたメガシンカポケモン。鋼タイプなのでジラーチの「メガパワー+」の利用が非常にシナジーの良い組み合わせである。

    その効果は壊せないブロックのみを左上から順番に最大10個まで消してダメージを与えるという効果で、メガプテラとは違ってコインや岩ブロックを壊すことは出来ない。メガプテラ同様バリア化しているブロックも当然そのまま壊します。

    ダメージ計算式は
    メガシンカ効果時のダメージ=通常ダメ+100×N×相性補正×状態異常等の補正
    ※壊せないブロックの合計個数
    となっていて倍率が2倍違うため壊せないブロックを多用する弱点ポケモン相手に出せばとてつもないダメージを誇ります。(一度に1000ダメージ余裕)

    基本的にはオジャマが壊せないブロックオンリーのステージでのみ使用することが基本で、第五パズルポケモンに壊せないブロックがあるときはアイテムの節約出来るぐらいは活躍できると思います。

    17.バリア除去系

    ・メガディアンシー
    フェアリータイプ
    初期攻撃力:70
    消去数:19(13)
    入手法:イベント/Lv.UPEV報酬
    【効果】
    バリアのかかったポケモンを最大10個消す!
    【解説】
    表記ではポケモンとなっているが、バリアのかかった岩、壊せないブロックも消すことが出来る。
    優先度はメガプテラと同じで左上から順番に最大10個まで消すが、追加ダメージがなく弱い。
    普通に使えば捉え方次第ですが、メガレックウザの劣化です。

    運用の仕方としてはメインのSランクを取る目的で使うのではなくメインのポケモンの捕獲等で使います。
    ただし運用しづらいのは手数制での話で、制限時間制では異なります。

    メガレックウザやメガミュウツーYなどのスキルはバリアにそこそこ強いですが、最上段にあるメガシンカポケモンをバリア化されている形成が一気に悪化します。

    そこでバリアけしを入れればと思う人もいるかもしれません。
    けれど手数制ではスキルを毎手ごとで使えますが、コンボの継続が必須な制限時間制では各サポートポケモンがバニラ状態となるためオジャマ除去系統のスキルを連続的に利用することが出来ません。

    しかしメガディアンシーはコンボ継続中でも発揮出来る上に
    メガレックウザ達とは違って、ピンポイントでバリアを消してくれるため、メガシンカポケモンがバリア化なんて事故があってもメガディアンシーの効果ですぐに消せるように出来るので形成が悪化せず、その点で差別化出来るでしょう。

    つまり手数制ではかなり使いにくいポケモンですが、制限時間制では使えるポケモンだと思います。
    ただしメガプテラを想像すればいいと思いますが、バリアがない場合はバニラ状態となるためメガゲンガーのように強力な擬似パズル状態には出来ないことは少々難点かもしれません。

    もし運用する場合はバリアがきたときに消すようにしてバリアに備えてメガディアンシーを少しは残しながらコンボを継続するという戦術を取るといいでしょう。







     人気ブログランキング   

     


    1.前置き

    Zaraが水上爆撃機搭載出来ると聞いて真っ先に浮かんだ2-5任務が楽になるんじゃね?
    と思って使ってみました。
    なお私は今月の頭にこの任務はすでにクリアしてあるので任務で行うときの条件に合わせてやる形となります。

    2.編成

    2-5任務編成

    とりあえず装備は索敵だけ計算して、適当
    普通は改修済みの10cm高角砲+高射装置使ったり15.2cm連装砲改普段使ってます。
    あと艦娘も夕立や綾波でいつもしてますね。
    なので装備は上位の装備に各自調整してください。
    ここでは重要なポイントだけ述べたいと思います。

    3.解説

    Point1
    Zara改の搭載数少なすぎで大丈夫?


    zara搭載0

    大丈夫ではありません。
    この通りボスマスで全部落とされます。
    なので工夫をいれて水上偵察機をさらに搭載することで撃墜されても昼連撃出来るようにします。
    (どの道索敵の関係で水上偵察機必要なんですけどね)
    要は1マス目さえ完全に打ち落とされなければいい訳です。
    因みに2戦目は夜戦なので撃墜はなくボスマスで1機でも生きていればおk

    なお当然ながらボスまで行けば完全に枯れるので枯れてもいい水上爆撃機にしましょう。
    瑞雲などが比較的枯らしても数があるので搭載するのにオススメです。

    POINT2
    索敵計算

    さくてきけいさん
    22号電探改四は改修してあるので33号電探として扱って計算しています。
    瑞雲も索敵に関与出来るので忘れず計算しましょう。

    索敵計算機は下記の自作計算ツール索敵娘を使いました
    索敵娘のダウンロード


    POINT3
    夜偵の活用

    やてい


    ボスで制空がとれるようになったので2戦目の夜戦マスだけでなくボスマスでも夜間触接が活用できるようになりました。索敵の関係から紫雲が2機必須ですが、持っているならぜひ入れましょう。


    4.結果


    25水上反撃ルート
    索敵を満たしボスへ

    2-5反撃制空
    水上反撃任務で制空が優勢とれます。感動!
    なお瑞雲は完全に落とされましたので先に述べた通りもう1機Zaraに水上偵察機が必要です。

    2-5反撃ボスS
    最終編成であるにも関わらず昼S余裕。
    やはり昼連撃出来るのが圧倒的に強いですね。


     人気ブログランキング   


    1.前置き

    メガカメックスに続き、メガフシギバナのランキングステージです。
    3DS版で最開催されたステージが続々ときていますね。
    メガバシャーモの再開催ないしスマホ用に来るのも近くなってきたことでしょうか。

    今回多種多様なポケモンの組み合わせがあるため順序だてて解説します。

    イベント期間:まで


    2.相手ポケモン

    メガフシギバナ
    メガフシギバナ
    弱点:虫、飛行、炎、毒、氷
    手数:15
    妨害1:5箇所を壊せないブロックに変える[2]
    妨害2:縦1列岩ブロックに変える[1]
    オジャマのパターン:妨害1の後に妨害2を2回行う。
    アイテム:オジャマガード、パワーアップのみ使用可
    ステージ形態手数制ファストマッチ

    メガフシギバナ
    メガフシギバナの初期配置


    共通報酬


    別枠報酬


    3.パーティ編成

    編成例1
    1.メガレックウザ(飴15以上)
    2.ヒードラン
    3.ホウオウ
    4.マフォクシー

    送り火編成軸、初動の爆発力は高いが後半不利になる。
    スカイコンボよりも発動率の低さのリスクがなく高スコアを決めやすい。

    編成例2
    1.メガリザードンY
    2.ヒードラン
    3.ホウオウ
    4.マフォクシー

    送り火編成軸のメガリザードンY軸。
    メガレックウザほどではないが、連鎖しつつオジャマを掃う編成。

    編成例3
    1.メガレックウザ(飴15以上)
    2.ボーマンダ
    3.ルギア
    4.ウォーグル

    理論上ハイスコアを狙うなら最強編成。
    しかしスカイコンボの発動率の低さが諸刃の剣。

    編成例4
    1.メガシンカ枠
    2.ゲノセクト
    3.ボーマンダ
    4.ホウオウorキュレム

    とくにスキルの要素を利用しない編成。
    メガシンカ枠はオジャマを除去するタイプを使おう。

    編成例5
    1.メガオニゴーリ
    2.ニドクイン
    3.キュウコン
    4.ヘラクロス

    新人向けの編成。
    飴は狙わずとりあえずメガ石だけでも確保しよう。
    フリーザー、ヒードランなどのポケモンもオススメだ。

    オススメのポケモン
    メガシンカ枠
    メガヘラクロス
    メガオニゴーリ

    メガリザードンY
    メガレックウザ
    メガゲンガー

    飛行タイプ
    ボーマンダ
    ルギア
    ウォーグル

    シェイミ(スカイフォルム)
    トルネロス(化身)

    虫タイプ
    ゲノセクト
    ヘラクロス
    ストライク
    ハッサム
    カイロス

    炎タイプ
    ヒードラン
    ホウオウ
    レシラム

    マフォクシー
    ウインディ
    ファイアロー
    ゴウカザル
    キュウコン
    バシャーモ
    リザードン
    ヒヒダルマ
    エンテイ

    氷タイプ
    キュレム
    フリーザー
    クレベース
    レジアイス

    毒タイプ
    ベトベトン
    ニドキング
    ニドクイン
    スピアー


    4.解説

    1.編成やアイテムの使用についての解説

    3DSで開催されたときとは違い、たくさんの種類のポケモンが扱えるようになったため1つ1つ挙げていたらキリがない。ということで、古参が使えるオススメのポケモンと新参が使えるオススメのポケモン2つに分けて紹介します。

    80族
    ヒードラン、ホウオウ、ルギア、レシラム、ボーマンダ、キュレム、ゲノセクト
    ※ただしレシラムの場合はホウオウがないときの代用ポケモンになります。
    スキルに頼らない分コンボすれば高スコアを狙いやすいので

    コンボスキル持ち
    マフォクシー(おくりび)、ウォーグル(スカイコンボ)
    おくりびは4マッチで確定で効果が発動しますが、スカイコンボは5マッチでも発動率が確定ではありません。
    しかしスカイコンボの倍率は2倍、おくりびは1.2倍であるため理論上はスカイコンボが優位になります。

    使いやすい火力スキル
    シェイミ(スカイフォルム)、ベトベトン、ウインディ
    コンボよりも単発の威力を重視する人なら。新人さんで80族を持っていない場合も選択に入る

    新人向けのオススメポケモン
    フリーザー、ヒードラン、ニドクイン、ヘラクロス、ストライク、ハッサム、キュウコン
    ※ただし前述の期間限定ポケモンで強力なポケモンを持っているならそれらを使うと良い。

    注意点1
    ヘラクロスやゲノセクトの持つ「むれをなす」は発動率が3DS版よりも下げられている上に効果も少し弱体化しています。スキルの強さでいったら4つの力+の方が上だと思ってください。

    注意点2
    クロバットのスキルの「毒の霧」はこのステージでは無効化されます。
    スキルが発動するとそのときの威力が0になるので絶対にクロバットをいれないようにしましょう。

    メガシンカ枠
    メガレックウザ(メガゲンガー)、メガオニゴーリ、メガリザードンY、メガヘラクロス。

    メガレックウザやメガゲンガーは序盤は活躍できますが、後半のオジャマには滅法弱いです。
    もし使うならメガレックウザの方が優先され、若干後半のオジャマには対応しやすい。

    オジャマに強いメガシンカ枠はメガオニゴーリ、メガリザードンY
    とくにメガリザードンYは送り火コンボとあわせてつかうといいでしょう。

    準オジャマに強いメガシンカ枠はメガヘラクロスとなります。
    ただしメガシンカが遅すぎるので今回は使えないかもしれません。
    一応80族を1匹抜くことを引き換えにウルガモスのメガパワーでパンプアップすることが出来ます。

    2.攻略の仕方について解説

    オジャマガードが切れてオジャマが開始されると大きなコンボを狙うことが難しくなるのでおじゃまガードが切れるまでに複数回落ちコンによる大連鎖をいかに決めるかが高得点出すカギとなります。

    岩ブロックを壊して、出来るだけ多くのメガシンカ前のポケモンを消してゲージを貯めます。
    メガシンカ後はコンボのしやすい位置を消すかメガシンカ効果を使うか見極める。
    思考停止でメガシンカ効果ばかり使ってるとあまり連鎖しないので注意。
    オジャマがきたときはメガシンカ効果を使って排除していこう。

    今回新しく「ファストマッチ」というシステムがスマホ版のみ導入された。
    このシステムはパズルポケモンを揃えるまでの時間が早ければ早いほど最初のマッチしたポケモンのスコアの倍率が高くなる仕組みだ。
    このステージに限りこのシステムを利用出来るので出来る限りあまり考えないで瞬時にパズルポケモンを揃えるようにしよう。

    因みにこのファストマッチはスキルの効果と重複します。例えば送り火や4つの力などの効果も同時に受けるようになっています。最高の倍率は現在確認出来る範囲では1.5倍が最高みたいです。

    5.結果

    メガレックウザLv.6@飴15、ヒードラン、ホウオウ、マフォクシーの編成にフルアイテムで挑戦。
    ファストマッチを意識して47000点台のスコアを出せました。
    5万点欲しかったですが早くそろえないといけないのが厳しいですね。

    ツイートボタン




     人気ブログランキング   

    このページのトップヘ