・ポケとる


    【今週】
    メガスピアーのランキングステージを攻略
    スピアーのイベントを攻略
    ジガルデ50%のレベルアップバトルを攻略
    ポケモンサファリ(ピカチュウ)
    ルナアーラ
    ハギギシリ
    ツタージャ~ウィンク~
    ディアンシー(色違いの姿)
    エレキブル
    カイロス


    【先週】

    ジガルデ50%のレベルアップバトルを攻略
    ポケモンサファリ
    ソルガレオ
    レントラーのスペシャルチャレンジを攻略
    ポカブ~ウィンク~
    ケルディオ(覚悟の姿)
    ニョロトノ
    カイリキー
    ジガルデ10%フォルム
    コスモウム
    【固定イベント】
    日替わりイベントまとめページ

    【ウィークリーイベント】
    イーブイのスキルパワーMゲットステージ攻略
    イベントニャースでの稼ぎ方(カントー版)
    ビクティニのイベントステージ攻略

    【マンスリーイベント】

    月初めチャレンジのイベントを攻略
    月中チャレンジのイベントを攻略


    ・メインコンテンツ

    ポケとる関連のまとめ
    艦これ関連のまとめ
    ゲーム総合まとめ

    ※定期的に更新があるコンテンツ






    ダークライ
    弱点:虫、格闘、フェアリー
    レイドレベル5

    ・100%個体値
    PL20:2136 / PL25:2671

    使用技は後日記載。(後で変更される可能性もあるため)


    1.対策ポケモン


    ・曇りブースト
    トゲキッス:あまえる/マジカルシャイン
    カイリキー:カウンター/ばくれつパンチ
    キノガッサ: カウンター/ばくれつパンチ

    ・雨ブースト
    カイロス:むしくい/シザークロス
    ハッサム:れんぞくぎり/シザークロス
    メガヤンマ:むしくい/むしのさざめき


    ・代用ポケモン
    ハリテヤマ:カウンター/ばくれつパンチ
    サーナイト:あまえる/マジカルシャイン
    バシャーモ:カウンター/きあいだま
    ※出来る限り非推奨


    ・基本編成
    カイリキー/カイリキー/カイリキー/
    カイリキー/カイリキー/カイリキー/

    天候ブースト考慮無し。基本はこれ。

    キノガッサ/カイリキー/カイリキー/
    カイリキー/カイリキー/トゲキッス/

    低耐久だが、高DPSのキノガッサを先頭捨て駒で使用。
    相手対抗技考慮で、きあいだまの時に場持ちが良いトゲキッスを後方に。

    キノガッサ/カイリキー/カイリキー/
    カイリキー/カイロス/トゲキッス/

    天候雨ブーストかつきあいだま使用時考慮編成。

    ※最適の技構成は上記を参照


    2.解説(準備)

    基本的に、カウ爆のカイリキーオンリーでOKです。
    ケースによってトゲキッスなどの混成も有効です。
    ダメボ目指すなら上記のような編成を目指してください。

    しかし、カイリキーの技2ガチャで中々ばくれつパンチを引くことが出来ない場合は
    ダメボが狙えない可能性もありますが、インファイトで妥協するか、他のポケモンを使ってもOKです。

    代用ポケモンで挙げたハリテヤマ、サーナイト、バシャーモは、どうしてもカイリキーが揃えられない
    人用。ダメボは+2以上は基本捨ての考えです。

    代用ポケモンは既に育ててある人用。もしくは諸所の事情でカイリキー育てられない人用です。
    揃えやすそうなのはハリテヤマですが、カイリキー育てられるならカイリキーにしましょう。

    サーナイトはタイプの関係で悪技の受けが等倍になってしまうので、場持ちがやや他と比べて悪いため上位に挙がってこないだけです。実際は高DPSでそこまで性能は悪くはありません。

    バシャーモはきあいだまを既に育てた人用。基本的にコミュデイ技の方が優秀なので技解放などでジムバトルで使ってきた人の代用と考えていただければいいです。


    3.ダークライの使い道

    仮置きされている種族値がそのまま実装されれば、悪タイプ最強のポケモンが登場することになります。今後エスパー復刻や、ジムのゴーストやエスパー狩りには極めて有用なので、全力案件です。

    特別な技をいずれ覚える可能性があるかどうかですが、原作ではねむり状態にする状態異常技のダークホールが使えます。ポケモンGOではこれらの状態異常技や変化技はあまり攻撃技として採用されるケースが少ないので、今後追加される可能性は他のポケモンよりないかもしれません。

    しかし、特例中の特例ですが、あまえるという前例があるため、ないとはいいきれません。
    実装されるのは先の先の話ですが、頭の片隅にいれておきましょう。

    いずれ産廃になる可能性があると言っても、1年以上は使っていけると思うのでジムレイドのダメージの効率を上げていくことを目指すなら全力で取り組むことを推奨します。

    とくにポケモンGOでとくに人気の高いミュウツーは繰り返し復刻になる可能性も高く、その際に需要が高まるのでぜひ何体か高個体とっておくといいでしょう。


    ただし、これは本実装で種族値が高い場合の話、調整が入って低くなれば適当にやればいいということも考えられます。







    タイトル


    1.概要

    ・戦力ゲージ
    ・札制限あり[連合艦隊参加]
    ・出撃形態:連合艦隊(水上打撃部隊推奨)

    マップ改変2
    ・今のところルート開拓ギミックは無し。
    最短ルートはOPTVかORTVとなります。


    RマスはPTが何隻か待ち構えており、さらに弾ペナもあり、潜水マスの方が遥かにマシなので避けた方がいいでしょう。『戦艦と空母の合計が4隻』以上もしくは『戦艦,空母,重巡の合計が7隻』以上でRマスに行くそうなので、編成をやや軽くすることがポイントです。

    ・やや難所となるケツダブルこと戦艦夏姫×2は避けて通ることは出来ませんが、装甲が大幅に弱体化を受けており、後述で示す特攻艦を利用すると突破しやすくなります。

    ・Qマスは低速含む編成もしくは戦艦空母重巡の合計が8隻含むと行く可能性があるので注意


    2.特攻

    ・欧州艦による特攻がある。とくにアークロイヤルは特大の特攻が乗ります。
    詳細の倍率は省きますが、

    アークロイヤル、金剛、ビスマルク、ザラポラ、プリンツ
    コロラド?、コマンダンテスト、ウォースパイト、リシュリューなどが確認されているそうです。


    3.編成

    編成は大きく分けて3種類のパターンが考えられます。

    ・アーク旗艦型編成
    ・ながむつタッチ編成
    ・速吸重量課金編成

    第二艦隊は上記編成はほぼ共通なので先に示すと、

    軽巡1駆逐2自由枠3
    自由枠は重巡か雷巡を採用が一般的。
    例えば、雷巡1重巡2、雷巡2重巡1など
    ※基本的に重巡などの合計数でルートの航路に影響があるので雷巡を何隻か使うことになります。


    ・アーク旗艦編成サンプル
    第一艦隊
    アークロイヤル、戦艦1、重巡2、水戦航巡1、多摩改二(由良改二)
    ※重巡2を1減らして戦艦を1隻さらに加える編成もある

    長所:アークが旗艦なため狙われづらくなり、特攻を敵艦隊に当てられやすい。
    短所:アークが編成の要なので、アークが1発も当てられずにやられると勝利が難しくなる。

    ・ながむつタッチ編成
    第一艦隊
    長門改二、陸奥改二、正規空母1、重巡1、水戦航巡1、多摩改二(由良改二)
    ※長門または陸奥は旗艦

    長所:ながむつタッチで随伴を一掃出来る。ボスにあたっても多少削れる。
    短所:低速を高速化するので装備に制限が出来てしまう。陣形が第二警戒になるので火力が他編成より下がる。とくにフィニッシュ決めるための夜戦がやや厳しくなる。

    ・速吸重量編成
    第一艦隊
    戦艦×2、正規空母1、重巡1、速吸、多摩改二(由良改二)

    長所:燃料弾薬が他編成より余分にあるため火力回避マシマシで戦力をぶつけられる。
    短所:課金アイテムの洋上補給が沼るほどマッハで減っていく。


    上記の3種の中から自分の艦隊と相談して組むことになります。
    以下は実際に筆者が攻略した編成を示します。参考程度にご覧ください。



    ・筆者攻略編成[アーク旗艦編成]
    編成E2A


    編成E2b


    ※プリンツの機銃は当初、機銃が特攻があるじゃないかという疑惑があったため採用していたが、現在はガセの可能性が有力なため機銃の枠を主砲または見張り員、夜偵等に変えた方がいい。

    ・2隻目使用は、ビスマルク、ザラ、ポーラ、ジャーヴィス、北上、大井、大淀、プリンツ、鈴谷

    ・アークは超特攻なので艦攻、艦爆マシマシ。アークの12スロは友永搭載だと体感そんなに撃墜されることは少なかった。熟練付けが面倒な人は村田2機搭載よりも97友永で取り換えがいいかも。

    ・アークの射程は変更せず、短のままにしました。随伴を減らしてからボスまたは重巡姫に当ててもらうためです。

    ・淀はキャリアーにしたけど、穴開けられるなら連撃にしたほうがいいと思う。

    基地
    基地は拮抗調整。この他にも劣勢、拮抗というパターンもある。
    好みなので各々の戦略と陸攻の種類にあわせて調整しましょう。


    4.敵編成

    地中1



    ボス編成3

    削りは比較的随伴が弱いのでサクサク削れる。


    地中2


    ボス編成4

    随伴が強くなり、上2隻の装甲が高くなる。
    上2隻の装甲はかなり硬めなので特攻持ちでもカスダメになることも多々ある。
    アーク編成の場合、1発でもいいから上2隻のどちらかにアーク特攻を当てないと今のところゲージ破壊は困難になります。






    まずカビゴンのスペックから

    カビゴン
    しねんのずつき/したでなめる
    ロケットずつき/げきりん/はかいこうせん/じしん/ヘビーボンバー

    よく出てくる相方としてはカビゴン複数または、カイリューやリザードンの構成がよくみられます。

    解説
    ロケット団は強力な手持ちであっても今のところはシールドを貼ってこないのがまず大前提です。
    こちらはシールドを貼れるのでうまく活用しましょう。例えば半減技がくる場合はシールドを温存するのも一考です。とくに技2が抜群受けると一発KOなのでシールド使い分けは重要です。どうしても苦手な相手が来たときは交代も駆使しましょう。

    バトルはレイドやジム形式ではなく、PvPです。ただ連打するのではなく、技2を使う場合はスワイプを使ってタイミングよく画面のエフェクトをなぞります。




    ・バンギラス
    カビゴンのノーマルアタックであるしたでなめるとしねんのずつきを両方半減に出来る点が優秀。
    とくに「うちおとす」がPvPで強力で、等倍でもゴリゴリ削ってくれます。
    ただし、うちおとすはコミュデイ限定技なので現在は覚えることが出来ません。
    もしも持ってない場合は代用を後述で紹介します。

    おすすめ技
    うちおとす/ストーンエッジ

    かみつく/かみくだくの組み合わせでもいいがカイリューを見るのが辛くなるので注意。
    わざスペの関係でストーンエッジではなくかみくだくでも一応攻略可能です。


    ・ディアルガ
    耐性がとても多く強い。カビゴンの技1では、しねんのずつきのみ半減に出来る。
    今後色々な場面で使いそうだから、とりあえず一匹育てておけっていう奴。
    したでなめるカビゴンだと壊滅する恐れもあるので過信は禁物。
    技2出すまでの回転は非常に遅いのでシールドをうまく活用したい。
    バンギが苦手なアイアンテール打ってくるカイリューなどには強気に立ち回れます。

    おすすめ技
    りゅうのいぶき/りゅうせいぐん

    これ以外の組み合わせはありえないので、技解放または技スペ等駆使して必ず出してください。


    例えば
    バンギラス/バンギラス/ディアルガ
    などの構成がオススメです。



    以下代用ポケモン


    ・カイリュー
    りゅうのいぶき/ドラゴンクロー
    ドラゴンテール/げきりん

    レガシーのいぶくろ持ちだとかなり活躍する。ない場合はてるりんの組み合わせになりますね。通常技は等倍で受けられるので他の耐性持ちと組み合わせればある程度は対応出来ます。


    ・メタグロス
    バレットパンチ/コメットパンチ
    コメパン以外は役に立たないのでコメパングロスない場合は代用出来ません。
    またしたでなめるカビゴンだと弱点をモロに受けて壊滅するので、その場合は違うポケモン使うしかないです。コミュデイで持ってる人が多そうということで取り上げておきました。

    ・パルキア
    りゅうのいぶき/りゅうせいぐん

    ディアルガと比べ、カビゴンの通常技は等倍になってしまうが、りゅうのいぶきが使えてそこそこ耐久あるのでまぁカイリューぐらいには使える。ギラティナ(アナザー)が候補に挙がりそうだがしたでなめる使われると壊滅するので代用で挙げません。


    ・ボスゴドラ
    うちおとす/ストーンエッジ
    レイドおすすめ勢大好きボスゴドラ先生。
    ジム置きとレイドでは全く使えないどころか足を引っ張るが、PvPでは耐性と耐久もあって優秀。
    カビゴンのしたでなめるは等倍だが、しねんのずつきは半減で受けられる。
    技解放のコストが他と比べて1万と軽いので技2を揃えることはそう難しくないです。
    うちストバンギ持ってない勢の強い味方なので新規にはオススメです。


    代用使う場合、バンギラスはかみかみでもいいから1匹はあった方がいいです。
    理由としてはしたでなめるが来ると受けづらくなるためです。
    ディアルガの枠はパルキアやカイリューでも代用出来ます。ただしこの2匹の場合はカビゴンのげきりんが飛んでくるとワンパンされるので注意してください。



    ディアルガ⇔パルキア⇔カイリュー
    バンギラス⇔ボスゴドラ⇔メタグロス






    GOロケット団の特徴
    ・ポケストップでランダムで出現(遠くからはストップが少し黒くなる)
    ・バトルはPvP形式。なのでレイドやジムなどでの連打ではバトルは通用しない。
    ・バトルは制限無しのマスターリーグ(予めセットしておくこと)
    ・バトル終了ごとにHPがバトルの状態に保持される(回復や元気のかけら等必要)
    ・再戦は可能だが、占拠ストップ自体が消えると出来なくなる


    まずPvP形式のバトルではあるが、対戦相手はCPUであること。
    実際のバトルで要求されるような難しい読み合いは必要なく、
    相性やシールドの使い方を周知していれば勝つことはそう難しくない。

    マスターリーグの制限無しのガチンコバトルであるのでライト層はやや厳しめ。
    ポケモンが揃ってきてフル強化出来る人の上級者向けコンテンツといえる。

    レイドやジムバトルなどのバトルとは違いとにかく相性が極めて重要。
    技もPvPでは効果が異なるので注意したい。
    また一般にレイドではDPSが高いポケモンがよく編成されるが、PvPでは耐久性も重要となる。
    とくにR団はかなり強化されてるポケモンを使うこともあるため、相性さえつければ良い訳ではなく、高耐久かつ耐性が多いポケモンを活用することが攻略のカギとなります。

    普通のPvPとは違いバトル終了後はHPが減った状態になってしまうので、
    再戦可能とはいえ、なるべく1回か2回で決着をつけたい。

    以下は今後を見据えての現時点での強化候補のポケモン。
    耐久や耐性などを考慮して選抜してみました。


    ・ディアルガ
    【りゅうのいぶき/りゅうせいぐん】
    マスタートップクラスの耐性おばけ。
    技2は大ゲージ技だが技1の『りゅうのいぶき』が非常に優秀。
    格闘と地面がこなければほぼ無双できる。ゲージ技が重いのでシールド使われると貯めたゲージが無駄になるため後列に配置したい。
    入門向けの一体なので、とりあえず1匹はカンストさせたい。

    ・メルメタル
    【でんきショック/10まんボルト】
    初期の環境でトップにいたポケモン。
    10万ボルトが随分前にナーフされてしまって弱体化を受けたが、
    いわなだれなど優秀な技を持ち、苦手な炎にも役割破壊出来る。耐性鋼も優秀。
    厳選するためにはニンテンドースイッチのピカブイが必要。

    ・メタグロス
    【バレットパンチ/コメットパンチ】
    コミュデイ技のコメットパンチが優秀。
    ディアルガほどでないにしても耐性があるので地面と炎さえ気を付ければ敵は少ない。


    ・バンギラス
    【うちおとす/ストーンエッジ】
    コミュデイ技のうちおとすが回転こそ遅いが、火力が超強い。
    ボスゴドラと違う点としてはかみくだくでエスパー、ゴーストを狩れる点。
    格闘2重弱点に注意。

    ・ボスゴドラ
    【うちおとす/ストーンエッジ】
    ジムとレイドではネタと化しているが、PvPでは耐性の関係から硬くそこそこ強い。
    うちおとすを最近覚えるようになりより強くなった。
    格闘2重弱点に注意。

    ・ルギア
    【ドラゴンテール/ゴッドバード】
    ディアルガの相方候補のポケモン。格闘に2重耐性があるので格闘に対して受け性能が高い
    耐久力が非常に高く、技2のゴッドバードがとくに強力。


    ・アーマードミュウツー 
    【ねんりき/ばくれつパンチ】
    原種ミュウツーの攻守が逆転したポケモン。
    ルギアほどでないにしてもミュウツーの攻撃がそのまま防御に置き換わってるので思ったよりは硬い。
    ばくれつパンチやいわなだれなどの優秀な技が使える。
    映画とのコラボで実装されたポケモンなので逃すと入手機会がなくなる可能性があるので注意。
    耐性は少ないが、ルギアがない人はルギア代わりの格闘受けに使おう。

    ・ギラティナ~アナザーフォルム~
    【りゅうのいぶき/ドラゴンクロー】
    耐久が高く技1と技2が強力なりゅうのいぶき&ドラゴンクローが使用出来る。
    ディアルガが実装されるまで環境トップに君臨していたポケモン。
    現時点でもトップ級に強い。
    CPUではない対人戦ではディアルガがいるので少々居づらいが、R団対策ではノーマルタイプに強気でいけるので育ててみるのも一考。


    ・ラグラージ
    【マッドショット/ハイドロカノン】
    火力が高く回転の速いハイドロカノンが使用出来る。
    弱点が1点の草しかなく使いやすい。草タイプ出されると一瞬でひんしになるので注意。
    耐久は高いとは言えないので、油断してるとあっという間に落とされる点に注意したい。

    ・ライコウ
    【でんきショック/ワイルドボルト】
    でんきタイプなので、技の通りが良く、耐久は高いとは言えないが、回転のはやいショックワイボルの組み合わせが出来る。火力があるので圧力を掛けやすく使いやすい。
    解放でのシャドーボールを習得させれば通りもさらに良くなる。



    ・現時点での参考例
    カイリューとカビゴンが強敵。
    ジムバトルではカイリューにはマンムー、カビゴンにはカイリキーなどで対応出来るが、
    PvPでは耐性も重要なのでカイリキー軍団だけでは到底勝つことは難しい。
    カビゴンの攻撃を受けられるようなポケモンを用意してチャレンジしたい。

    ディアルガをとりあえず1体以上育てていればほぼ何がきてもある程度対応出来る。
    じしんや格闘技に注意すること。

    カイリューとカビゴン対策で、レイドでよく使うタイプで代用するなら
    うちストバンギ、てるりんカイリュー、いぶりんパルキアなど
    パルキア使う場合はレイドで有利なドラテではなくりゅうのいぶきに変える点も注意したい。
    メタグロス使う場合はリザードンに注意すること。相方にバンギラスを入れておけば交代して対応出来ます。


    もし用意出来るならPvP用のディアルガ、ギラティナ~アナザー~、うちストバンギorボスゴドラなどを用意したい。リザードン対策ではややバンギが有利だが、カイリュー対策ではボスゴドラが有利。



    このページのトップヘ